スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むしくだし~

書くの久しぶりです。時々のぞいてくださってる方がいらしたらごめんなさい&ありがとうございます。
休みなく1日2回実家に通って、娘は嵐のような反抗期で、他にもいろいろあってもう毎日クッタクタ。
実家の両親にとって、わたしは「頼りになる娘」、
娘にとっては、わたしは「ウザいオカン」、
ってのが今のわたしの肩書きで。
なんやねん、両極端やん、正反対やん。同一人物に対する評価が何でこんなに違うねん(苦笑)。
なんだかなー。
どっちも先が見えないのがツラいですね。
でも実家の介護のほうはしんどいですが、でもこれはまあ親孝行が出来てるのかなって思える部分もあるので、そういう風に考えるようにしていけば気持ちも復活できるんですが、
娘が反抗期ってのがホント精神的にキツいです。これがなければ今の状況、全然違うと思うんだな・・・
腹立つ、とか、つらい、とかってよりもなんか、ただただ悲しいですね。子供の反抗期って。
(うち、2歳のイヤイヤ期がほとんどなかったので余計そうなのかも)

まあ、「苦しいときは上り坂」と思って、黙々と行くしかないですかね。

さてそんなおつかれちゃーんな毎日ですが、さらに今日、ショッキングなことが。
ウチの猫愛息・小太郎のウンチョスに、なにやら白く、細長く、クネクネしたものを発見。

こ、これは・・・・・・・・・・・・


ナゼ?
なぜ完全室内飼いの箱入り息子のウンチョスに、回虫らしきものがいるのォォォォォォォォォ?!!!

しかしこの時すでに近所の動物病院は午前診察締め切り&木曜午後は休診。
明日にしようかと思いましたがいてもたってもいられないので、木曜午後もあいてる動物病院に行ってきました。

もちろんうんこ&回虫らしきブツ持参。

猫回虫ビンゴでした。
小太郎が拾われたのが生後八ヶ月のときなのですが、
そのときは出なかったけど、母親からすでに回虫の卵をもらっていて、ソレが今出てきてる可能性。
あるいは、飼い主(わしらですね)が知らずに回虫の卵を靴底なんかにくっつけて持って帰ってきてて、それから感染してる可能性。

「ま、どっちかわからないけどね~。でも大したことじゃないから。薬飲めば一発で治るし、人間への感染もあるとはなってるけど、実際そんなえらいことになってるのは見たことないから、神経質にならなくても大丈夫ですよ」

ということで、かの有名な猫用虫下し・ドロンタール錠を2回分もらってきました。

一発で効くこのドロンタールですが、飲ませるのは一苦労です。
と先生から脅され(苦笑)
食べ物に混ぜてもいいけど、必ず規定量を飲ませないと効果がないので、ウェットフードに混ぜるのは「賭け」。
念のため、液体に溶かせて飲ませるとき用にと、シリンジも渡されました。
帰ってネットで調べても、なるほどなかなか強敵の様子・・・

オブラートに包んでスープに浸して、とか、口を開かせてぽいっと放り込む、とか、
人間の子供用のゼリー状オブラートに包んで飲ませる、とかありましたが、
「ササミを買ってきて仕込んだ」ってのがあって、
おお、それならウチで大評判のおやつ「チャオ 焼ささみ」

sasami.jpg

に仕込めばいいんじゃないの?と思いつき、
ドロンタールを四分の一に割って、それぞれをちぎったササミで包み込み、
小太郎に与えてみたところ、

パクパクパクッ!!

完食~~~~~!!

小太郎はすごいいやしんぼ&ちょいおばかちゃんなのでうまくいっただけかもしれないですが、
まあとりあえず良かったです。中2日おいてあと1回また飲ませねばなのですが、
多分大丈夫でしょう。

薬が効いて駆虫で来た場合、回虫は死骸となって出てくるそうです。

あ~、もう1回目にすることになるのね。オエ。
でもかわいい息子のためだわね。

ちなみに代金は診察+ドロンタール錠1個半×2回分で3600円でした。
近所の病院よりこっちのほうが安いような気がするなあ。今後はこっちにしようかしら。

そうそう、ただひとつ心配なのは、猫愛娘のロデム嬢に伝染ってたら困るなあということです。
(経口感染の可能性はあります、とのこと)
彼女はデリケートなので、ササミに仕込んでも、薬に気づいちゃうと思うんですよね~。
伝染ってませんように!!
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル: ペット

カリカリ覚え書き

めでたく1歳となった先住猫のロデムさん。
人間で言うなら17歳。女子のきれい盛りの入り口に立ちました。
いつもアンニュイな雰囲気を漂わせ、それはそれは魅惑的な、グラマラスセクシーゴージャスバディ(特に腹回り)、の麗しき若猫に成長しております。うーむ。
ちょっとポッチャリさん体型は、個人的にはむっちりと抱き応えがあってわたし好みなのですが、健康を考えるとこれ以上はちょっと。
猫に多いという、腎臓病や尿路結石予防も考えてやらないといけないし。
と思って色々調べてると、キャットフードの原料って諸説あって、中には結構怖いことも書いてたりして、
ねこオカンはちょっとビビッてしまいました。
まあ 何を食べてても、結局は個体差だ、とわかってはいても、
いつの間にやらあれこれ試したがる、キャットフードジプシーに・・・

以下、試したフードの感想を覚え書きです。
ちなみにカリカリは、定価あるいは売価、どちらでもいいからとにかく「1キロ当たり千円くらい」、が購入目安です。
(これくらいの価格帯が「準プレミアムフード」らしい・・・プレミアムまでは買えねえ)
食いつき、はフツーに食べてたら★★としています。


<P&G アイムス 成猫用 うまみチキン味>
 
iams.jpg
食いつき:★★★:食いつきは非常に良い
匂い:★:人間にはキツく感じる
粒の大きさ:★★★:カリポリといい音をさせて、ちゃんと噛んで食べる
ウンチョスの状態:問題なし
カロリー:369kcal/100g:ちょっと高いか
マグネシウム:0.1%以下:ちょっと高い
原産国:アメリカ
原材料(上位5):鶏肉 鶏副産物粉 トウモロコシ粉 粗びきトウモロコシ 乾燥ビートパルプ
気になる点:保護主さんから指定されたフードだったのだが、
      わたし的に「鶏副産物粉」が第2原材料なのが非常に気にかかる。
      トウモロコシ成分が多いのも如何なものか。


<P&G アイムス 体重管理用 うまみチキン味 毛玉ケア>

iams2.jpg
食いつき:★★★
匂い:★:やはりキツい
粒の大きさ:★★:レギュラーよりやや小粒だがまあよい
ウンチョスの状態:問題なし
カロリー:338kcal/100g:低目でよい
マグネシウム:0.1%以下:やっぱちょっと高いな~
原産国:アメリカ
原材料(上位5):鶏副産物粉 トウモロコシ粉 粗びきトウモロコシ 粗びきグレインソルガム 乾燥ビートパルプ
気になる点:やはりアイムスは食いつきがいいので、体重管理用にシフトしてみた。
      でも第一原材料が「鶏副産物粉」ってのがなぁ…。あとやっぱトウモロコシ多すぎ。

アイムスはやたら「肉の副産物」が使われてるので、どうしても敬遠してしまう。あと匂いがなー、濃すぎる。
粒の大きさ・固さはアイムスレギュラーがベスト!なんだけどな~。



<ネスレ ピュリナワン インドアキャット 1~10歳 ターキー&チキン>

pyu1.jpg

食いつき:★★:まぁよし
匂い:★★★:きつくない
粒の大きさ:★:小さいので丸のみしてる感じ
ウンチョスの状態:問題なし
カロリー:400kcal/100g:高い!!
マグネシウム:0.09%
原材料(上位5):ターキー、米、コーングルテンミール、チキンミール、乾燥卵
原産国:アメリカ
気になる点:ターキーが第一原料で副産物を使ってないのが良い。
      定価はアイムスと同等だが、ネットなら2キロが1300円台と安く買える。
      500gづつ小分けしてるのも良い。しかしカロリーが高いので、大食いのうちには向かない。


<ネスレ ピュリナワン 避妊・去勢した猫の体重ケア ターキー>

pyu2.jpg

食いつき:★★:まぁよし
匂い:★★★:きつくない
粒の大きさ:★:小さいので丸のみしてる感じ
ウンチョスの状態:問題なし
カロリー:355kcal / 100g:まぁ良し
マグネシウム:0.12%:高いのねー。
原材料(上位5):ターキー、米、コーングルテンミール、家禽ミール、大豆ミール
原産国:アメリカ
気になる点:ターキー主原料なのがやはり良い。匂いがきつくないのもイイ。
      やっぱ粒が小さいのがネックだな~もっと噛み応えのあるほうが体重ケアにはいいと思うんだが。
      マグネシウム値が高いのもちょっとな~。

材料、包装状態(しっかりした外袋&小分け制度)、匂い、値段(ネット価格)、はいいんだけど、
粒が小さい、カロリーが高い(インドア)orマグネシウム値が高い(体重ケア)、のがネック。
ピュリナは個人的には「惜しいなー」と思うフードなのですよねー。


<ヒルズ サイエンスダイエット ヘアボールコントロール ライト>

hills.jpg
 
食いつき:★★:まぁよし
匂い:★★★:かなり薄い
粒の大きさ:★★:でかい!!噛めていいけど、でかい!!
ウンチョスの状態:問題なし
カロリー:321kcal/100g:かなり低いので量を増やしてやれる
マグネシウム:0.08%:低い。
原材料(上位5):米、チキン、コーングルテン、セルロース、トウモロコシ
原産国:アメリカ
気になる点:粒がでかくて分厚い!アメリカンて感じ!
      噛むのに暇がかかる&カロリーが低いので寮を食べられるので、食欲魔猫には良い。
      しかし食欲が落ちてるときには向かない。
      副産物使ってないのはいいけど、お米が第一原料なのね~肉じゃないんだ~ってのが気にかかる。
      カロリー低めにしようとしたらどうしてもそうなるのか?
      

カロリーが低いので体重制限してるコ&何でもいいからたくさん食べたいんじゃー!という食欲旺盛なコには、いいかも。
しかし粒がでかい。ガリッガリッって感じです。食欲落ちたときは違うフードのほうがいいと思われ。
小太郎はこれに変えたら毛艶がとてもよくなりました。反面ロデムは変わらず~ちょっと悪くなった?季節の問題かもしれないけど(6月なので)
ふつーはキロ千円の価格帯ではないのですが、近所のホムセンのセールで2キロが1380円と、破格の値段だったので買ってみました。

また他のを試したら随時記録していきます。

続き・・からはウェットフードの事をちょこっと。

テーマ: - ジャンル: ペット

大脱走

風邪っぴきのせいか、昨日は目覚ましのセットをミスって7時に起床。
猫たちにカリカリを提供したあと、ダッシュで弁当を作って娘を起こして、大忙し。
8時前に近所の子が迎えに来て、娘が「行って来ます」と言ったそのあと、

「小太郎が逃げた!!」

え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛~~~~~~っ゛!!

「どっち行った?!」「あっち!」家の裏へ逃げ込む黒い影。
名前を呼びながら追いかけるも、猫はするりするりと走っていってしまう。
庭のほうへ行ったを確認、表に回って先回りしたら、裏のおうちの軒下でたたずんでる黒猫。
「小太郎、こっちおいで!こっち!!」
しかし来ない。小太郎はバカだからな~・・・アレッ?小太郎なのに目の色がグリーン?え?小太郎じゃなくてロデムが逃げたのか??でも体型は小太郎だし・・・
今朝に限って小太郎だけ首輪つけ忘れたし、アタシまだコンタクト入れてないからようわからん!!
とにかくこれはもう食べ物で釣るしかないと思い、いったん家に戻るとダンナが

「何騒いでるの。小太郎ならここにおるで」

(ΦωΦ)<オイラココ

アレ?え?じゃあロデムが逃げた??

「ロデムもあっちおる」

(ΦωΦ)<アタシココ


家の中に黒猫が2匹。外に黒猫が一匹。合計3匹の黒猫。アレ?計算が・・・


経緯はこうです(Mrモンクさんふうに)

玄関ドアの付近に、ノラ黒が雨宿りしておりました。
突然ドアが開き、人間の姿が現れる。驚き逃げるノラ黒。
そのノラ黒を自分の家の黒猫だと勘違いした娘。
飼い猫が逃げたと思い込み、必死で追いかけるオバハン。ますます驚き逃げ回るノラ黒。
そしてその頃、当の飼い猫は2匹とも、家の中でのんびり過ごしていた・・・・

il||li _| ̄|○ il||lエエエ…
だって、黒猫がいると、絶対ウチの猫だと思ってまうやん・・・

わたしも驚きましたが、ノラ黒は恐怖だったでしょう。
必死の形相のオバハンにいきなり、知らない名前で呼ばれ追い掛け回されたのですから。
その後、ノラ黒はいつの間にかウチの庭先で雨宿りをしておりました。
ウチの中に黒猫が2匹いるのに気づき、ビックリした顔をしておりました。

kuronekozu.jpg
たったガラス戸一枚隔てての、「飼い猫」と「野良猫」・・・


追っかけまわしてなんか申し訳なかったので、つい昼時にカリカリをやってしまったら、
午後中ずっと、居座っておりました。
でも夕方になると雨にもかかわらずいなくなってたので、どこかにえさをもらえる定番の目当てがあるのかもしれません。

今朝もまたノラ黒はウチの庭先に来ておりましたが(ロデム姐さん気になるのか、ガン見)
ウチはもう猫を飼うのは現在の2匹で限界だし、中途半端に面倒は見られないので、
水のかわりにフロントライン(犬猫用ノミダニ駆除剤)のスプレーをシュッシュとかけて追いたて、さようなら。
どうもしてやれんでごめんよ。

しかし「完全室内飼い」を守り抜くのって、なかなか難しいもんですね。
常に「脱走されないように」意識するのって結構大変です(^^;
ウッカリ猫が脱走しないか、毎日、気にかけてどきどきしながら過ごしてます。

テーマ: - ジャンル: ペット

猫団子日和

新入り猫・小太郎がうちに来て1ヶ月がたちました。
先住猫・ロデムが威嚇するやらビビるやらでヒヤヒヤしましたが、いまやなんと

rodemkotaro.jpg
ハート型猫団子

猫団子で眠るまでに2匹の仲は進展。
けんかしたりグルーミングしあったり、まるでほんとの姉弟みたいです。

そしてワタシ、意外なくらいに猫ばばあになりました。
スーパー行ってもブラブラせずすぐ帰るし、
映画もめっきり見に行かなくなったし、
(見たい映画はあるんだけど、猫がいるのでタイミングがつかめない…代わりに?撮りためたCSI.NYにハマってます。ホークスさんチョーおとこまえ~
週末も出かけなくなりました。
(もともと出不精なんで、猫を理由に出かけずに済みます…( ̄ー+ ̄)ニヤリ

インドア人間に猫を与えると、引きこもりが猛烈に加速するのだということを、今、身をもって痛感しています。
夏も冬ももう、猫を置いて旅行なんか行きたくないなあ・・・

男の子女の子

また猫の話題ですいません。軽くスルーしてやってください <(_ _)>

新入り猫・小太郎のお試し飼い期間が終了しました。晴れてウチのコとなりました。
今日の晩ごはんはモンプチのスープ仕立て&カリカリ添え、チャオのかつおもオマケにつけてお祝いしました。

4/17にウチに来て1週間は、先住猫のロデムがパニくり、落ち込み、威嚇し、大変でした。
新入りに怯え、食欲が減退した姿もかわいそうでしたが、一番飼い主が心配したのが
「日中、うんこもしっこもしない」
ことでした。朝から晩まで、一度も排泄しないのです。(夜中にケージ内のトイレでようやく済ませるのです)
やはり動物が排泄してる瞬間というのは、一番気が緩んでるときだとなりますので、そういう気の緩んだ隙を新入り=敵に見せたくなかったのかもしれません。
精神的にそこまで追い詰められてるのか、ということと、なにより物理的に出るもんが出ない、というのはとても心配でした。

初めの3日ほどは、怯えて威嚇するロデムの姿と、人懐っこいのに自由に過ごせない小太郎どちらもかわいそうで、恥ずかしながらオバハン泣き暮らしておりました。
しかしそのうち疲れてしまい(苦笑)「所詮やつらは獣なのだ」と思うようにしました。
そんな考えは愛猫家の方が聞いたら激怒されるでしょうが、しかしあまり猫を美化して期待しすぎるのは間違いだと思ったのです。
また、「もしかして『猫を心配する自分ってやさしい』なんて、自分で自分を美化しはじめてんじゃねーのアタシ??」と感じ、オエーってなったってのもあります。
とにかくなんにせよ、飼い主が元気でしゃきっとしてないと猫を世話してやることは出来ません。

ロデムの排泄問題が1週間ほどでようやく解消、とともに食欲も戻り、その頃から2匹で「追いかけっこ」をするようになりました。
遊び半分、本気半分、という感じで最終的には威嚇してたんですが、「新入りを怯えない・無視しない」ことはとても大きな変化だと思いました。
そして2週間たった今は、相変わらず追いかけっこ、そしてプロレス、本気で怒ってるときもあるようですが、その割には毎日それを繰り返し、そして合間には小太郎がロデムに擦り寄ったり、ロデムが小太郎を舐めてグルーミングしてやったりしています。そしてそのままプロレスに持ち込まれるんですが・・・ナンデヤネン
しかしともかくもまぁ、2匹近寄ったり離れたりしながら、なにより体調崩すことなく過ごせるようになりひとまずほっとしています。

ロデム&小太郎 3 ロデム&小太郎 4

ロデムは女の子で、小太郎は男の子なのですが、これがもう、猫の男女差をそのまんま現したような性格の違いを見せてくれますww

小太郎(去勢済♂)はやんちゃでチャッチャカチャッチャカしています。
「そこは乗っちゃダメ」と何度注意しても乗ります(ダメな場所/テーブルの上、ファックスの上など)
おそろしく食い意地がはっていて、ゴミ箱にも顔を突っ込みます。ごはんをおねだりするときの声も大きい!!
でも根が穏やかなのか気が弱いのか、猫にも人間にも歯向かいません。ロデムに猫パンチされてもやり返さず、娘にもみくちゃにされてもされるがまま。甘えん坊ですぐに腹を見せます。モフモフ&抱っこし放題。猫じゃらしで遊んでやるといつまでも楽しそうに食いついてきます。撫でてやるとお返しにベロンベロンなめてくれます。テロリストじゃなくペロリストw
毛が硬い(笑)出したものははロデムよりニオイが強い気がする。
「エッオー」と鳴く。お前はテレタビーズかとツッコみたくなる。
猫なのになんか犬っぽい。やんちゃなので手がかかるようだけど、おおらかな性格なので意外に手がかからない。
でも基本的におバカ(笑)

ロデム(避妊済♀)はおとなしく、上下運動はほとんどしません。
わたしの足元をにゃんにゃんスリスリストーキングする平面生活猫。
テーブルの上は乗りません。食欲は旺盛ですがゴミ箱はあさりません。基本ききわけがよく、お行儀もいいです。
しかし気に入らないと飼い主を噛むことも(そんなに痛くはないですけど。ああでもだんなや娘には結構きついみたい)。
ツンデレというかデレツンというか、ゴンゴン頭押し付けて甘えてニャーニャー人を呼ぶくせに、抱っこは嫌いです。ナデナデは自分が満足したらスルってどっかいっちゃう(^^; 遊んでやってもすぐ飽きる(^^;
小太郎に「フーッ!」と威嚇した直後、わたしの足元で「にゃあ~ん」と甘えた声を出す。オンナは怖い(笑)
まさに猫っ毛で手触りがいいです。顔もかわいい。猫らしい性格。一見おとなしくて手がかからないようだけど、実は手がかかるタイプ。
でもかしこいです。人間の言葉理解しています。

どっちも甘えん坊なんですけど、小太郎のほうは「オレちゃん甘えたなんだー!テヘッ♪」って、自分で自分が甘えたなのをわかってそれを肯定してるカンジなんですけど、
ロデムはゴンゴン擦り寄るくせに、「甘えてるっていうかー、自分の匂いをつけたいだけ?みたいなー」って言い分けしてるようなカンジします。そのくせ人を呼びつけたり付きまとってくる時間が長いのは断然ロデム(笑)
どっちがかわいいかというと、どっちもかわいいですね。
どっちもお互いにない欠点/長所の持ち主なせいか、欠点が目に付く、というよりむしろ、それぞれの長所に目がいきます。
わたしは女の子ひとりしか産めませんでしたが、2人以上のお子さんをお持ちのお母さんてきっと、こんなふうにどっちもかわいいなあって感じられてるんでしょうね。(人間と猫を一緒くたにしてスイマセン)

それにしても猫って、一般的なイメージほどツンツンしてないし、クールでもないですね(笑)
むしろ甘えたで表情豊かでどんくさいとこもあって、人間ぽいとこが愛おしいです。

テーマ: 愛猫との日々 - ジャンル: ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。