スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校時代2/わたしのRosemary Rose

小1の2学期で、クラスの再編成が組まれました。
新しいクラスではじめて出来た友達は、清水さんという、女の子でした。

彼女はストレートのロングヘアで、スリムで、おとなっぽく、
天パーで、コロコロしてて、ガキくさいわたしとは、正反対でした。
そして何より違っていたのは、
彼女は5人兄妹の真ん中で、
わたしはひとりっこ、という点でした。

上を見ればほとんどオトナの世界に住む兄や姉、
下を見れば世話を焼かねばならない弟たち。
そんな環境が彼女を大人っぽく、クールに育てたのでしょう。
イラストが上手という特技もあり、彼女はまさに自分と正反対の、魅力的な女の子でありました。

わたしの旧姓は「篠原」なので、仲良くなったキッカケは出席番号順です。
ある日、登校したわたしは彼女に「清水さん」と呼びかけるつもりが、
「しんみん!」と呼びかけてしまいました。
驚いた表情で振り返る彼女。
「あ~しまった。ヘンなこと言っちゃった・・・」
全く言うつもりではない言葉だったので、内心非常にうろたえるわたしに彼女は、

「ねえ!それってアタシのあだな?」

と嬉しそうに言ってくれたのでした。
(そ、そうか、そういうことにしよう!)
調子よく「ウン!」と答えるわたしに、
「わあ~!それじゃあアタシが、しみず、で、しんみん、やねんから、
しのはら、やから、しんのん、やな!」
そうしてわたしたちは「しんみん」「しんのん」になりました。
そして彼女とクラスが離れても、彼女が決めてくれたわたしのこのあだ名は、ほぼ高校生まで使われたのです。

<左>{}
スポンサーサイト

Belneさん

<左>{}
昨日書いた「ALLAN」。対抗雑誌(?)は、「JUNE」でした。
「JUNE」は今で言うところの「ボーイズラブ」雑誌の走りでしょう(だから今も続いてるんだろうな)
こちらもロック系の記事はあったと思うのですが、ALLANに比べると圧倒的に小説とマンガが主でした。
そのJUNEに掲載されてたのがBelneさんという漫画家さんです。
Belneさんの描くマンガには、いつも、

デヴィッド・ボウイそっくり

の登場人物が出てました。そりゃもうそっくりなんです。どうみてもデヴィッド・ボウイ。
絵を見ても、ストーリーを見ても、「この漫画家さんはボウイファンなんだな」とわかるのです。
しかしわかるからウザいかというとそうではなく、もうただひたすらなボウイに対するその愛情に、
同じボウイファンとして尊敬の念すら抱けるのです。

わたしがALLANもJUNEも読まなくなって、ボウイさんもすっかり年をとられましたが(笑)、
ネットで発見!Belneさんは今現在、かなり大きなボウイファンサイトをやっておられるのでした。

ALLAN(あるいは月光)

初めてジム・モリソンの写真を見たとき、

<色:#ff00cc>「うわ~…めちゃかっこいい…」{ラブラブ}

と思いました。そりゃもうストレートに思いました。
いちおー、女の子でしたから(笑)
雑誌の綴じ込みピンナップでした。確か白黒だったと思います。
サングラスをかけて、壁にもたれたジム・モリソン。
たぶん、この写真(あるいはこれと同シリーズ写真)です。

<左>{}

ううむ。やはりカッコいい!

で、この写真を音楽雑誌で見たのかというとそうではなく、

<色:#ff00cc>「少女のための耽美派マガジン ALLAN」でした。
(あるいはアランの後雑誌<色:#cc66cc>「月光」だったかもしれませんが)

そう、、見たキッカケがちょっとモンダイ(笑){きのこ}
主に同性愛なことを扱う雑誌でした。でもロック系も結構載ってて、
レコードレビューなんか、おもしろかったんです。
たしかP.I.L.を知ったのもこの雑誌のレビューコーナーじゃなかったか?
(フラワーズ・オブ・ロマンスのジャケが記憶にあるぞ)
デヴィッド・ボウイあたりは常連記事でした(基本的にそれが目当てでした)
毎号まつざきあけみさんの美々しい表紙で、退廃とか耽美とかに憧れるお嬢ちゃん向けの雑誌でした。愛読しておりました。
「JUNE」という小説誌(ALLANとほぼ同内容)は今でも存続してますが、そのJUNEと双璧をなす雑誌でした。わたしはJUNEよりALLANのほうが好きでしたね。
しかし内容が内容の雑誌なので、親に見つかったったときはアセりました~(大爆)
エロ本を隠す少年のようです(いや~ん)

そう。ジム・モリソンとの出会いは、耽美雑誌なんです。
なのにその後彼の顔は暑くてワタシ好みじゃないというオチがつくのです。
運命の不思議を感じます(オオゲサ)

仕切りなおし

<左>{}励ましや心配のお言葉を下さった皆様方、ありがとうございました。
日記を「ブログ」にしました。これでわたしもナウいブロガーの仲間入りですよねsandさん(笑)
お休みしている間何をしてたかと言いますと、実際体調が悪かったり、いろいろ考え込んだりもしてたのですが、
だんだん考えてるのもしんどくなってきまして、途中からはただただ、
たんたんたぬきの<打消線>****の如く、
か~ぜもないのにブ~ラブラ~♪してました。
下品!アタシってば相変わらず下品です。
なのにいろいろ心配していただいたりなんかして、ホンマに申し訳なかったです。
また今日から、心を入れ替えて、
ふんどしも締めなおして(だから下品だって!)、またぼちぼちやっていきます。

とりあえずかわいいデザインが欲しかったので(下品なのにね)、いろいろ探してヤプログさんにしました。
(BUT、ヤプログさんはかなりの確率で、真昼や夜中のサーバが、重重、遅遅になるそうです。見に来ていただいて、あんまり開かないようでしたらすいませんが「おお!これが<リンク:http://ebn.livedoor.biz/archives/7087028.html>ブログサーバおそおそランキング」第1位の実力か!と思ってやってくださいませ・・それ以外はかわいいし使いやすいし、イイんですよ…)
2000字制限もあるのですが、ダラダラと書くクセがあるので、字数制限もヨシかな、と。
日記、ではなくなったので、毎日更新しないと思います。
(毎日更新が果たして人類の役に立ってたのか?と考えると、全く立ってないということに気づきましたゆえ)
不定期更新って、更新されてない日は来ていただいた方に無駄足を踏ませる、ということになってしまうので、わたしごときがひと様にそんなことをさせてしまうのは誠に申し訳ないので避けたかったんですが、すいません寄る年波には勝てませんでした・・・{涙}
ですが引き続き、年がいもない濃い~いクド~いあつっくるし~いキャラでやっていきたいです。
ブログに鞍替えした記念?に、タイトルも「life is Sweet」(Maria Mckee)から「Lavender Hill」(the Kinks)に変えました。
(ドメイン名のスゴさに気づいた方がいらっしゃるようですが(笑)レッサーパンダが流行ってるから、このドメイン名にしてみたのよン♪恥ずかしいよねー笑)

またお付き合いいただけると嬉しいです{ハート}
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。