スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろと雑談

ブレスウォッチを作りたいな~と思って、材料を全てネットのビーズショップで注文してたのが今日届いたんで、早速作り始めたら、アラ?材料がたらん・・・・
ちゃんと本から材料を書き抜いて確認しながら注文したはずなのに、ガーン。アタシってば一種類丸ごと、注文し忘れてるパーツがあった・・・・・・・ショック。今日徹夜してでも作ろうとスゲく張り切ってたのに!!
また不足分注文しなおしか・・・うおお~萎える・・・・・・・・・・_| ̄|○
大阪には天然石ビーズをチョク販売してる店がないのです。いやあるんだろうけど、近くにない。梅田は高い。ああ~・・・・_| ̄|○

で、他のことにやる気が出せずネット徘徊しておりました・・・
いろいろと海外の芸能ニュース、おもしろいですね。
先ず心魅かれたのは、

<リンク:http://abcdane.net/blog/archives/200701/sj_beyo_dis.html>ハリウッド×ディズニーのコラボ広告。

<左>{}
スゴいね~ステキね~~{キラリ}ありそうでなかった企画だわ~~{キラリ}{キラリ}
120パーセント”お姫さま!”や”王子さま”を、ハリウッドスターで表現するってのはもう、心躍る企画ですね~~{キラリ}
ベッカムさんが王子に決まってるってのが、当たり前すぎのキャスティングでちょっと笑えちゃいますけど(ヨメも出てくるんかいのう?)、

ビヨンセのアリスもいいですが(黒い肌にブルーのドレスってのがイイですね~{キラリ})、アリスの横のオジサンはナニ役?と思ったら「3月うさぎ」なんだそうです。耳がないからわかんなかったけど、そう言われるとああこの衣装は、と思いつきますね。

しかし!80年代ロックファンにとってはマッドハッターはやっぱ、トム・ペティよね~~(笑)
(ところでここだけの話ですが、トム・ペティとクリッシー・ハインドって、ルックス似てませんか?)
ハリウッド×ディズニーもいいけど、ロックミュージシャン×ディズニーもやってほしいなあ~{ラブラブ}
もちろん今の若いミュージシャンじゃあ、オバハンは満足しません!80年代ミュージシャンをつかいましょう。それがディズニーのためになるのかって?ええーーっとね・・・そうそう!今や子持ちが多くなった80年代洋楽世代の心をつかんで、東京ディズニーランドに誘い出すためですよ!!(ムリヤリな理由付け?)

<リンク:http://abcdane.net/blog/archives/200701/potter_wansaka_gyarando.html>ダニエル・ラドクリフくんがスゲェマッチョなのにもビックリしました。うひー。”少年”がいつの間にか”男”になっちゃってるわ。しかも胸毛(と下のほう)までスゴい・・・ぜんぜんファンじゃないけどなんかショック。
でも「エクウス」での演技はおもしろそうだなあ。映画にならないかしら?確かに、大人となった今、持ち前の頭のよさそうな顔立ちと雰囲気は、転じれば変態とかキ*ガイとかの役にピッタリかもね。俳優としては役の幅が広がることはイイことですね。
(フットルースでセンシティブな少年を演じてたはずが、いつの間にか立派な変態俳優と成長していたケヴィン・ベーコンのようになればいいんじゃないかしら?と思うんですが・・・ダニエルくんファンは誰もそんなこと望んどらんか?大爆)

モトリークルーの伝記映画、オジーの役をクリストファー・ウォーケンがするそうです。
んで、(↑とは全然関係ないんですが)フレディ・マーキュリーの伝記映画を作るかも、という話があるそうな。<リンク:http://www.undercover.com.au/News-Story.aspx?id=1128>フレディ役はなんと!というかやっぱり!というかの芸達者・ジョニー・デップ。楽しみですなあ。

あと、死ぬほどウケたのが<<リンク:http://www.calendarioromano.co.uk/>イケメン神父カレンダー>の存在です。いいんでしょうか?神父さまがこういうことをして・・・
しかしわたし好みの神父様はいませんでした。まあアタシが理想のルックスとするところの神父像はルトガー・ハウアーですから、いるわけないですね(笑)
日本でも<イケメン僧侶カレンダー>どうだろう?高野山大学捜したら、けっこうハンサムなお坊さん見習い、とかいそうな気がする。ファンシィダンスのモッくんみたいな子、いないかしら?(笑)

菊池凛子さんがノミネートされてるのも日本人として嬉しいことですが、今アメリカでリンコ以上に断然人気なのが、<リンク:http://www.nbc.com/Heroes/bios/hiro.shtml>マーシー・オカという俳優さんだそうです。
オカさんは日本生まれで、6歳のときにご両親と渡米。なんとIQ180の頭脳の持ち主だそうで・・・
彼は今「Heroes」という超能力者たちが出てくるドラマで、<アキバ系オタクの日本人サラリーマン>の役で出てるんですが、これが非常に人気あるらしい。アメリカ人女性いわく「彼は風変わりで、かわいくて、ワーォ!って感じ」なんだそうです。アメリカの人って、「西洋人の理解を超えた東洋人」が好きだなあ(笑)
ドラマ、面白そうなんですよねぇ。日本でも放送しないかなあ。
最近映画のエンドロール見てても、スタッフのなかに日本人?日系人?らしき名前をよく見かけますね。とにかく、日本人が海外で活躍してるのは嬉しいですね。

長々と雑談ですいませんでした。やーねオバチャンは話が長くって(^m^)
さ、そろそろ晩御飯のしたくすっか~。
スポンサーサイト

ひとりおでかけ(&グチ)

ものすごく疲れる夢で目が覚めました。ムチャクチャ長い夢だったので一晩寝た気がしません。
なぜかわたしが「トルコ」を旅してるのですが、とにかく観光先が多くて忙しくて人が多くて旅が長い。途中何度も娘を見失いかけ、そのたびにハラハラし、しかも最終的にトイレに行く途中でとうとう娘の居場所がわからなくなる・・・というとんでもなく果てしなく疲れる夢でした。もうカンベン。

しかもわたしはこのように、夢の中でよく娘とはぐれるのです。血眼になって娘を探し回る夢なのです。夢とはいえすごく疲れます。
もちろん現実生活でも、買い物先でちょっと娘が見えなくなるとむちゃくちゃあわててしまいます。さすがに最近はもうベッタリくっつかなくなったので、ヤマハの帰李にお友達だけでゲーセン、とかやってるんですが、迎えに行ってその場にいないとけっこうあわてます。別に特別かわいい顔をしてるでなし、お金持ちに見えるでもないので、誘拐の確率は低いのですが、なんか怖いのです。大丈夫だと思ってちょっと目を離してるすきに限ってさらわれたり、死んでたりするんじゃないかと思ってしまうのです。家の中でもあまり独りに出来ません。娘を独り家に残して買い物に出るというのもしたことがありません。
娘はたいがいビビリなのですが、実はわたしの方がもっとビビリなのかもしれません。

しかし”その日”はやってきました。ある日娘が学校から帰ってきて、「今日○○さんと約束してんけど、公園に遊びに行っていい?」
「行っていい?」ってアンタ、約束しちゃってるんだったら行かないわけにはイカンやん・・・
とりあえず待ち合わせして出かけるというので、あまり待たせてはイカン、とサクサクすることさせて、送り出しました・・・
待ち合わせんとこまでアタシがついて行ってもいいけど、もうそういうのは娘もイヤだろうなと思い、やめました。で、ケータイを持たせました。心配なのでGPS機能を使って(auでは「安心ナビ」という機能)娘の居場所をチェック。どうやら安心ナビの位置表示はかなり正確になってきてるようです。前はムチャクチャおおざっぱだったんですが、今はかなりピンポイント。ちゃんと公園にたどり着いたようなのでひと安心・・・その後も時折居場所をチェックしてるまに、ちゃんと約束の時間には帰ってきました。
それから時々、放課後遊びに出かけています。メンバーが男の子ばっかりのときもあり、大丈夫なんかいな、と思うこともあるのですが・・・(遊びについていけるのかが心配。ウチの子どんくさいので。一部を除けば男の子の方がヘンな意地悪心がないので、そういう点は心配がないです)

友人に「こないだ初めて一人で遊びに行かせたよ・・・」というと、「うわ!よう決心したな!」と言われました。彼女んちは小1の男の子なのですが、やはリまだ独りでは出かけさせていない。一体いつから独りが大丈夫なのかというとキリがないのはわかってるのですが、みな不安なのよね・・・
でも親と離れて一人で出かけたい、というのも成長ですから、その自立心を止めるわけにも行かないしな・・とも思うのです。難しいよね・・・

(この先はまたグチなのでお読みにならないで下さいな。書いてスッキリしたかっただけですので)

JOC終わりました

日曜は<リンク:http://www.yamaha-mf.or.jp/joc/index.html>ヤマハのJOC(ジュニア・オリジナル・コンサート)でした。
コンサートちゅうても、電車で3駅の、このへんのヤマハのモト締めである大○楽器のサロン(つっても、単なる教室くらいの大きさの部屋)でやるだけなんですけど。
娘の曲名は「おかあさんとおはなし」。穏やかに始まるも途中激しく転調する部分が”母子ゲンカ”を表現するという作品です(大爆)。
作曲つっても、先生に導かれ導かれ作って、伴奏部分は先生がオール考えてくれるんですが。

<左>{}(一部抜粋ですが・・・Aメロ→B→A'→C→Aとゆー構成で、演奏時間2分くらいの曲です)

練習を非常にサボってばかりだったので、やはり1ヶ所、弾くのを間違えました。
ま、根がイイカゲンな母親なので間違ったことはどうでもいいのですが、間違えたこと自体がどうではなく、練習不足がたたって当日演奏が完全じゃなかった、という背景に対しては腹立たしい。
そんな怒るほどのことでもないんですけど、練習をいっぱいして、でも緊張して間違うタイプなら「がんばったんだけど緊張したんだね。よく出来てたよ」といえるのだけど、
練習をサボって当日ヘマをしてるのを「1ヶ所くらい間違ってもしょうがないよ」とは言えない。それでもOKサインを出すと、「あ、1ヶ所くらい間違ってもいいんだ」となってしまいがちな子なので・・・母に似てこれまた非常にイイカゲン・・・{げっ}
3月末には発表会があるので、その練習を毎日サボらず文句言わず進んでやること&ゲームは1日30分まで!をガッチリ約束させ、結局「どうぶつの森」は買いました・・甘いな我ながら・・・(でももうお友達に「買ってもらう」って言ってやがったので買わないわけにもいかず)。
でも実際、他のお子さんの演奏を聴いてても、「お、この子イイ曲作ってるな~」って思っても、演奏がつまづいてばかりだと「アララ」って思っちゃうんですよね~もったいないなって思っちゃうのよ。

でも曲はみんなよかったです。おたまじゃくしが上がったり下がったりするだけで、どうしてあんなにいろんな曲が出来るんでしょうね。「作曲」って不思議です。
さぁ、3月の発表会は「となりのトトロメドレー」をグループで弾きます。また練習だ・・・(実は娘以上に母親の方が練習に疲れている・・・あ~幼稚園の頃は泣きながら練習してかわいかったよな~。今じゃぶーたれだもん。あームカつく{怒})

あ、グレード9級は無事合格できました。思ってたより成績よかったのでホッ、です・・・(あくまでも「思ってたよりよかった」というだけですが・・・そう、やはり聴音の評価はBでしたわ・・・ははは(゚▽゚;)

追記:今日、ヤマハの懇談でした。・・・次回もまたコンクール出させるってよ!(もう前回で先生、諦めはったと思ってたよ・・・)
次のコンクールはいきなり課題曲が難しくなるので、それ迄に運指の練習をさせないとイカンらしいです・・・(でないと弾けないって。また練習の本渡されるって・・・うわー・・・・・(呆然)
JOCもまた出るってよ・・・グレードは基本的に2年ごとだそうです。
「へもちゃんは器用じゃないけど、やることはやるし身についてきてるし、性格的にケロっとしてるから大丈夫」と言ってもらいましたが・・・
ヤマハやって塾行って他の習い事もして中学受験するお子さんて、大変よね・・でもやってるのよねぇ・・・性格が素直なんかなあ・・・。ウチももう小3なんで受けるなら考えねばならん。でも正直言ってわたしは受験はあまり情熱はないんだなー・・・でもダンナは受験受験言うし。でもダンナが受験言うたって、させるのはアタシなんで、アタシに情熱がないと娘とバトってまで、勉強させるんもしんどいんよなあ・・・・・・・・
最近肩こりがほんまひどいんです。特に右。トシやねやっぱ・・・{げっ}

マリー・アントワネット

ママ友にお誘いを受けたので、急遽昨日前売り券をゲットして見てきました~。連日映画、いいご身分だわね奥さま~(スイマセンスイマセン。でも来週もブラザーズオブヘッド観にいきます・・・)。
木曜だからすいてるとお思いきや、話題作だから?お客さんイパーイ。
(60歳以上はいつでも1000円で観られるのね~どうりでお年寄りが多かった・・・)

<左>{}
(↑欧州?のポスターみたいです。MARIE ANTOINETTEのロゴがピストルズみたいでイカしてるでしょ!)


今回はストーリーが皆さんご存知のマリー・アントワネットの生涯なので、ネタバレになる部分も書いちゃってます。

14歳のオーストリア妃、<リンク:http://www.ma-movie.jp/#>マリー・アントワネットは髪型もドレスも娘らしい、シンプルで可愛らしい姿の末っ子姫君。
国策で進められた縁談の相手であるルイ16世の肖像画にも、「やさしそうな目をされたお方」と、結婚に対する憧れを抱いて、故国を後に、ベルサイユ宮殿にお嫁入りします。

政略結婚とはいえ、夫となるルイ16世を妻として愛し、自分もまた、身も心も愛される期待で胸膨らませてきたのに、
夫は自分に興味を抱かず、新婚初夜も「初夜」としての機能は果たさず終ってしまう。
その後も実に7年間、肉体的な結びつきはなく、それは社交界の公然の話題となり、
夫に愛されずそのため子を成せないばかりに、
社交界からはいつまでも、「オーストリア女」とよそ者扱いを受け続け、
つまらないしきたりと、噂話ばかりの宮殿で、孤独を味わい続けるマリー。

派手好きな女性ではなく、むしろ愛情深く素朴な憧れを持った女の子、であるマリー・アントワネットが、
周囲の好奇の目にさらされながら、ルイとの精神的にも肉体的にも交わりのない生活を送らざるを得ない。
こんな「針の筵の上の生活」を強いられた女の子はもう、浪費に走るしかないでしょう・・・・

(この映画のCMでもおなじみのシーンなので、書いても差し支えないかと思うのですが)
バウワウワウの「I Want Candy」に乗って、
あれもこれもと画面に出てくる、ドレスや靴やカツラやお菓子の数々。
勢いイッパツのアナベラちゃんのボーカルはまるで、
ヤケクソに楽しもうとするマリーの心の叫びのようです。
夢のような淡い彩りに囲まれた生活だけど、彼女の心は叫び出したいほどに乾いている。
色彩もカットも、とても良くできたPVのようなシーンでした。

この映画でのマリーを悩ませたのは
「周囲の期待に応えることの出来ないつらさ」だったのだと思います。
一生懸命祖国のため、母のため、そして夫・ルイのため、愛を尽くすことを夢見て来たのに、
誰からも自分の存在の価値を認めてもらえない悲しさは、14歳で親元を離れ、味方のいないフランスに嫁いできた少女の心を突き落とすには充分だろうなと思います。

フェルゼンとの恋や、取り巻きとの夜遊びに耽った後、
やっと夫との夫婦関係が正常化し、かわいい子供も持てたけれど、
国王崩御のあと、フランスの国政悪化にはますます拍車がかかるばかり。
年若く思慮もない王と王妃は、民衆に追い詰められて・・・

キルティン・ダンストは好みの顔じゃないのでどうかなーって感じだったんですが、
14歳の幼い花嫁→孤独な皇太子妃→そして追い詰められた最後の表情と、
キチンと演じ分けられてよかったです。
優れた夫、ではなかったルイのもとに残り、、おそらく来る死を感じながらも、
マリーがけして逃げようとしなかったのは、
最後の最後に、「皇太子妃として嫁いできた自分に科せられた使命を果たせる」ことが
むしろ喜びに感じられたからではないでしょうか。
(史実では逃亡して失敗するんですが・・)

この映画、話題の割には世間ではかなり評判が悪いみたいだし、
確かに途中、はしょってもいいんじゃないかというシーンが長々と続くのでダレもするんですが、
やっぱ女だからかなー、気持ちがわかるんだなー。
ぐるり360度、小姑ばかりのようなベルサイユにいたらそらー、精神的におかしくなってもしょうがない。
しかも夫は役立たずだしさ。15歳と14歳の夫婦よ~?<打消線>ふつーならやりまくりのお年頃じゃないのか??
音楽よかったです。わたしはNW方面には全く無知なのですが、
バウワウワウ、スジ&バン、キュアー、ニュー・オーダーなどなどだそうです。NWファンの方にはそれだけでも楽しまれると思います。
もちろんドレスやお菓子もサイコー。見てるだけで素敵{キラリ}
<太><色:#ff0000>それだけになあ・・・ラストシーンが「ハァ?」なんですが・・・・・・・なんじゃ?てカンジ・・・

ま、もちろんこの映画のマリー・アントワネットが実在のマリー・アントワネットそのものを語れてるかどうかは誰にもわかりませんが、
ヒロイン像としては魅力的でした。
そうそう、ドレスもかわいいけど、マリーが愛した田舎の隠れ家がかわいい!
愛犬(パグなのよ~)とかヒツジとか、動物がかわいい~~。
そしてそして!マリーの生んだ娘と息子がかわいい~~~~!もう、お人形さんそのもの!!外人さんの底力を見せ付けられた気がしました!!

マリアンヌ・フェイスフルの名があったので、どの役で出てるんやろ~~と思ってたら・・・・・・
マリーのご母堂、マリア・テレジア役でした!ギャー!!すっごい貫禄!!どすこーいっ!!(ビックリよ!)
レイが貴族役で出ても違和感なかったかもね・・・ウフフ・・・

ロックファンの女子には楽しめると思います。NWわかんなくてもノリがいいから耳に心地いいし。
特にベルバラ世代の貴女!m9っ`Д´) なら、少女の頃マンガで仕入れた知識が蘇りますことよ!デュ・バリー夫人、ポリニャック伯爵夫人、天然痘・・・(笑)
そういえば当時、日本がフランスで作ったベルバラの映画ってのもあったよね!

エラゴン~遺志を継ぐ者~

銀の~龍の~背に~乗って~~{ルンルン}
やっと観てきました~ジェレ様新作!

<左>{}
ドラゴンのCGはすごくよく出来てました。アタシあんまりCG好きじゃないんですけど、でもこのドラゴンは質感がよくて、俳優陣との共演も違和感なかったです。
ドラゴンが女性だってのもいいですね。
ハイ。



・・・・

・・・・・

・・・・・・・・


ハッΣ(゜□゜)
あーすいません。途中から眠気が。
コレ、ハリポタやロードオブザリングみたいに、連作映画になるらしいんですが、
わたしはもうこれで、リタイヤです (ー_ー )ノ"

だってー、
主人公の子、どんくっさい顔やし、
話もなーんか、子供向けファンタジーやし、
ロバート・カーライルはステキなメイクしてるのにめだたへんし、
お姫さんはお姫さんらしくない貧相な顔やし、
(てかさー、わたし最近の外国映画のお姫様役に満足したことないんやけど。あたしの持つお姫様のイメージと、世間が持つお姫様のイメージは違うのか?!)
なにより!!ジェレ様は途中で・・・じゃうし。
あたしの中のこのジェレさまコールをいったいどうしろというのか~~~~~ッ!!{怒}ヽ(`Д´)ノ

主人公がドラゴンライダーになるまでの導入部分やからしゃあないのかもしれんけど、
それにしても駆け足すぎというか。
これだけ俳優出してるんやからもっと、エラゴン(主人公)とブロム(ジェレ様)の師弟愛とか、
ブロムとダーザ(カーライル)の愛憎関係とか(愛はないのかもしれないが)、
ダーザとガルバトリックス(マルコビッチ)のこれまた愛憎関係とか、
<特大><太><色:#ff0000>それこそ腐女子の方々がアルコトナイコトあらゆるサイドストーリーを想像して楽しめる位の勢いで、ねっちりもっちりと人間関係と裏感情を描いて欲しいモンなんだが!!
(原作にはないのか?所詮15歳が書いた小説なのか?!)

まー所詮ね、妄想と煩悩でイッパイのオバチャンのヨゴレた心にはもう、清らかなドラゴンは住めないのさ{ため息}
しかしコレ、ほんに2作目以降、作れるのかね??あまりにも話がおもろなさすぎるねんけど・・・(原作は面白いんかもしれんけど・・)
(あたしの頭の中の妄想の方がおもろいで???爆)

映画館を出て気がついたら、ワタクシ手に3つも紙袋を提げておりました・・・アレ?いつのまに・・・
阪神の地下でクローネの限定販売(50箱限り)の時間に間に合ったので、2箱買ってきた!ちょ~久しぶりに食べたので、メチャおいしかった!{ダウン}

<左>{}
サクサクのパイの中に、カスタードクリームが入ってるんです。類似品はあちこちにありますが、<リンク:http://konigs-krone.co.jp/>ここのが激ウマ!です。5本で420円とお値段もスゴい安い!!{お金}
ここはクッキーもおいしいんです。ウチの娘クッキーもケーキも嫌いなんですが、ここのはおいしいって言って食べます。全体的にリーズナブルで、パッケージがかわいいのでお遣い物にもオススメ!です。

あとは551の豚まんとおかきでした。今日の目的は映画だったんだが・・・つまらんかったけど・・・・{ため息}

あそうそう、映画館のロビーでやってた映画の予告編なんですが、
<リンク:http://www.exte-movie.jp/>「エクステ」っていう邦画、{ルンルン}ヘア~ヘア~ヘア~myヘア~~ヘア~~{ルンルン}って歌ってる大杉連さんがめちゃ変態でよかったです!
そう!そう!そうよ!連さんはイイ人の役なんかじゃなくって、変態役こそが!!激お似合いなのよ!!(人´∀`*)

ゲーム世代に仲間入り?

DS本体を買ったはいいけどマトモにソフトを買っていなかったので
本体、家でほっぽり出しの状態だったのですが、
誕生日にじいちゃんに買ってもらった「きらりん☆レボリューション・なーさんといっしょ」、
そして、スキーのときに小4のおねえちゃんから借りた「プチプチおみせっち」が火付け役となって、
娘のゲーム熱が燃え盛っております。{火}

サンタさんから「ラブ&ベリー」もらったのですが、これはもうアーケードで充分やりつくした感があるのか?結局あまりやりません。
(ラブベリDS,すごく在庫余ってるらしくて、値崩れ中・・・{ショック}今や新品が3980円で売ってるぞ{汗}くっそー、こんなことなら「<リンク:http://www.culturebrain.co.jp/osyare.htm>おしゃれに恋して」のほうがおもしろかったかもしれん・・)

ということで、結局家にあるのは「きら☆レボ」だけなんですが、
も、ずーーーーーーーーーっとやってます・・・・
毎日毎日、我が家のリビングに小さく響くなーさんの声ときらりちゃんの声・・・・ま、いいんですが・・・・

<左>{}
「プチプチおみせっちも欲しい!」と言ってるのですが(たまごっち本体はもうやらないのに。ゲームソフトとしておもしろいのか?)、
たまごっちの人気ももう終わりかけてるので、もうちょっと待てばゲームも値下がりするんではないかと思い、我慢させてます。別に周りで流行ってるわけじゃないので、待たしてもいいかな、と・・・

周りで老若男女関係なく流行ってるのは「どうぶつの森」です。
もう、すごい。てか、娘のそろばん仲間の間で流行ってるんですが。
そろばん仲間のお子達の、お母さんがたがまたゲームに詳しいんですわ。わたしはまったくゲームに興味がないので、その熱意と知識に驚くばかり・・・
DS本体はおろか、「どう森」ソフトも母と子で1つづつ持ってる、というトコもあり(笑)
娘はあまり欲しがらないのでスルーさせっぱなしなんですが、こうなると買ってやってもいいかな、と思わないでもない。
新しいソフトをかうと、やり方を親が模索してやらないとダメじゃないですか。でもアタシ、ゲームに興味がないのでそれがめんどくさいのですね(母親がババアだとこういうとこ子供がかわいそうかも)。
でもココまで流行ってるゲームだったら、アタシが教えんでもお友達やそのお母さんに訊けばいいからアタシ、ラクかな、というもくろみもあります(笑)

そうこう考えてると、「今月末のJOC、ちゃんとできたらどう森買って欲しい」、というオファーが娘から来ました。ちゃっかりしてやがるぜ。でもま、それもいいかな・・・・

ゲームはね、別に悪いこととは思わないんです。今ドキの子だし。
視力が落ちるんじゃないか、ってことだけが気にかかるだけですね・・・
洋服を欲しがったり、ゲームに熱中し始めたり、そうそう、流行の歌も聴きたがる様になりました。といってもアニメやドラマの主題歌ですが。
安~いmp3プレイヤー(1980円)を買って、そこにいろいろインストールしてやって誕生日プレちゅーことで渡してやったら、スキーの道中、車でこれ聞いておとなしくしてくれるので助かりました(ま、それがそもそもの目的だったんですが、わたしとしては・笑)。音量に気をつけないとダメなので、操作ボタンはいじらないこと!が約束ですが。

あーなんだか「小学生」になってきてるんだなーってカンジがします。こうやってちょっとづつ興味の対象が変わっていくことも、"子供の成長"なんでしょうね。

グルメリポート:マックグリドル

グルメリポートがマクドかいっ!、とか、
お前ダイエットするって言うてたんちゃうんかいっ!
というごもっともな \(・_\) 突っ込みは (/_・)/ 置いといて、っと。

メガマックがヒットして、マクドの株が上がってるそうですが、さすが四十路のわたしにはアレは食えまへん・・なんか、黒王に乗ったラオウ!って感じですよね、あの重厚なたたずまい・・・。見ただけで食欲なくす、というより戦意喪失です。トシ食ったな~我ながら・・・

で、正月番組で話を聞いてから気になってた「マックグリドル」のほうを食べてきました。
だれも知らない朝ゴハン、と銘打ってますが、事前にネットで調べてみたら、実はこれ、海外のマクドではふつーに朝食メニューとして売ってるものだそうです。

<左>{}
メイプルシロップを仕込んだパンケーキで、ソーセージ(orベーコン)、チーズ、フライドエッグを挟んだモノ・・と書いてあったので、「ああ、つまり<甘じょっぱい>わけか」となんとなく味は予想できました。リンゴ入れたポテトサラダはポピュラーな家庭の味わいだもんね。あれと同種と思えばそんなへんな事でもないよね。

見た目はエッグマックマフィンのマフィン部分をパンケーキに代えた感じです。<M>の焼印がかわいいです。
食べてみて・・・・・・・・ウン、やっぱ予想通りの味です。甘いけど塩味もする。・・・しかし・・・リンゴ入りポテトサラダとは似て非なるものかな・・・?(どうやねん)
一言で言えば「欧米かっ!」外国の味!ですね。
でも予想してた味だったので、「ふんふん」てカンジでOK です。しかし・・・

半分まで来ると、この甘さがちょっと引っかかる・・・塩っけより甘さの方が舌に蓄積されていくので、ちとツラい気が・・・最後のほうは塩っけが感じられず、甘いだけなんですよ。不思議ですね。味覚って、塩より甘みの方が勝つんですなあ。

不味いわけじゃないんです。むしろお手軽に海外気分が味わえていいんじゃないかって思います。ただわたしには年齢的につらかったというだけで・・・
お若い人はぜひトライしてみてください(メガマックもぜひトライ・笑)
全部食ったら腹が膨れました。昼食は食べたいと思いませんでした。まあそれはそれでいいんですが、カロリー的には充分摂ってしまってると思われます(^^;

朝マック、たま~にひとりで行きます。で、新商品投入もいいんですが、
ベーグルサンド、アレ、味もっと薄くしてくれないかなあ~~~?具はサッパリしてるし、ベーグルもモチモチしていいのに、ドレッシングの味が濃い?量が多い??せいでツラいのです。
あと、ポテトいらんです。サラダに変更できたらなあ。・・・・・・・あ、そうか、セット頼まず単品にすればいいのよね(自己解決)。

しかし、高校生の頃はフィレオフィッシュ3個+ポテトを食えたわたしも、さすがに最近は一個食べたらおなかいっぱいになるようになりました・・・しかも肉パティモノは食えなくなりましたね。味濃すぎ。最近はモスですら味濃いと感じるように・・・そういえばあれほど好きだった焼肉屋もとんと行ってません。
最近好きなのは、バナナです。バナナ(゜Д゜)ウマーですね。ただし、若いバナナに限ります。人間の男性はジジイが好きですが。

食う量は確実に減ってるのに、なぜか痩せはしない。これもトシ食ったなーと感じさせる点ですね。
でもマックグリドル、ヒットしてるみたいです。近所のマクド、いつも朝は空いてるのに今日はけっこうなお客さんの数でした。店員さんすごく忙しそうでした。

ちなみに、ハワイには「スパム入りマックグリドル」があるそーです!(爆)スパムスパムスパーム♪

魅惑の低音・Iggy Pop

彼のこの大きなおメメと長い長い下まつ毛。

<左>{}
女の子なら、誰でも一度はうらやましく憧れたのではないでしょうか?
(憧れんてか)

イノシシ年ということで、イギーポップのベスト盤をひっぱり出して聴いてたら止まらなくなりました。
わたしが好きなイギーは「TV Eye」「The Idiot」「Lust for Life」「Party」「Bluh Bluh Bluh」なので、王道のイギーファンからは軟弱だと怒られそうで恐縮なのですが、

イギーのあの不思議な顔立ちや、マッチョ感がないのに皮下脂肪もないあの身体、ミョーな動き、どれも好きですが(どうこうしたいとかされたいって気はないですが)、
なんと言っても一番大好きなのは、あの声です!!静かで低くてやさしくて優雅で深い。もう声フェチのワタシの好み、直球ド真ん中です。ドンズバです。レイの甘くて頼りない声ももちろん大好きですが、本能的にイギーのような低い声には反応してしまいます。危うしレイ(笑)
イギーの声と英語の発音がすごく相性がいいように感じるのも好きな理由かもしれません。

たとえばこれです。<リンク:http://www.youtube.com/watch?v=YzYfxDgccbk>Cry For Love。セクシーというにはあまりに詩的で哲学的で宇宙的な深いこの声{キラリ}{キラリ}{キラリ}。愛のために泣け、だなんて今さら使い古された言葉、この声でないと説得力が出ません。なのにこの不思議な動き!足腰のバネの強さ!!江頭2:50を見るたび「イギーに似てるよなあ。ファッションも動きも」と思ってたのですが、どうもエガちゃんのアレはホンマにイギーを模してるのではないか、という説があるそうです。ペナルティのワッキーもエガちゃんとキャラがかぶるせいか、最近イギーに似てるように思えるんですが。ってどうでもいいか。
このPVの2コーラス目で、ベッドの女性にイギーが座り込んでコップを渡すシーンがあるのですが、そのしぐさと表情がわたしのオトメゴコロを直撃です{爆弾}くうぅ。なんてやさしい表情するんだあっ!かわいすぎるぞ!!
このアルバムに入ってるHide Awayもイギーの声がすごく光ってて、優しい曲調で大好きです。発表当時はボウイのせいでイギーも軟弱になった、みたいないわれかたしたけど、でもこれはとってもいいアルバムだと思います。ボウイはやっぱイギーの魅力をよくわかってるんじゃないかなと思います。

そしてこれです!<リンク:http://www.youtube.com/watch?v=bIV7YpX3UWY>Candy!!デュエットしてるKate Pierson嬢の声がまた、ロッキーホラーのマジェンタちゃんぽくて、イギーとの組み合わせがどうしようもなくチャラくて大好きなのです!!{ラブラブ}もうウットリ&ゾクゾク!!究極のロマンチック・デュエットナンバーだと思います!

ストゥージズの頃のような、暴力的なカンジよりも、甘いメロディーやポップな曲調にイギーの深い声が乗る、というパターンのほうが好きなんです。
だからイギーの歴史から抹殺されてるような(笑)「Party」好きなんですよね。<リンク:http://www.youtube.com/watch?v=12FrfQazG84&mode=related&search=>Bang Bangのビデオも見つけましたよ。じゃらじゃらピアスにフリルブラウス。完全にイカれてます。一番左手前の少女、怖かったやろなー。イギーも彼女には遠慮がちなような気が(笑)
ちなみに「China Girl」はイギーバージョンの方が断然好きです。<リンク:http://www.youtube.com/watch?v=8qjTStVY6Hk>ボウイのPVは女子のオトメゴコロをくすぐるように作られてて、ついついウットリしてしまいますが・・・小首をかしげるボウイ、目を細めるボウイ、そしてコートを翻して走ってくるボウイ・・・・・・ずるいよなぁ~!!
でもあのチャイナガールのせいで、そんなウットリもたちまち萎えますが。ラーメンブチまけも意味がワカラン・・・せっかくカッコよく走ってきたのに・・・( ̄_ ̄|||)

もちろん<リンク:http://www.youtube.com/watch?v=QvcKX4gK18Q&mode=related&search=>Sweet Sixteenとか<リンク:http://www.youtube.com/watch?v=b0Vxq2uWGFc&mode=related&search=>The Passengerや<リンク:http://www.youtube.com/watch?v=mxcRYd8icr8>Lust for Lifeとか<リンク:http://www.youtube.com/watch?v=D0ISRw59F4w>Funtimeも大好きです。
あとねー、最近見つけたの。<リンク:http://www.youtube.com/watch?v=tghJ2d2gEQY&mode=related&search=>In the Death Carて曲。映画のサントラだそうですが、単調なメロディーにイギーのささやくようなボーカルがすっごく素敵で、イイんですよ~~。<リンク:http://www.youtube.com/watch?v=7pA5UhNaYw0>Leonard CohenのDance Me to the end of Loveみたいな感じですよね(彼もまた、わたしの低音ボイスコレクションの重要なひとり{ハート})
サカナが空中を泳いだり、ハスキー犬とか、エスキモーファッションの子供のモコモコした動きとか、イギーのにゃんことかパタパタゴマちゃんとか(爆)、映像もイイです。ダッチワイフ相手に優しく歌うイギー、カッコええなあ~~!{キラリ}演技上手いよねーイギーって。カメラを覗き込むイギー、かわええわ~~!!またもやオトメゴコロをズキュン{火}ですわっ{キューピット}

最後にオマケです。TVショウでカラテのレッスンを受けるボウイさん。
<リンク:http://www.youtube.com/watch?v=jfTdyfwSB04&mode=related&search=>Karate Lesson(1975)吹っ飛んでいきそうです。もう可笑しすぎる~~笑い死ぬ~~(大爆)

あーそうそう、イギーの奥さんらしき方を見たことあるんですよ。ライブでウチらの全席に座ってた女性がたぶんそうだと思います。すっごくスリムで美人でした。

とはいえ、わたしが持ってるのは「Brick By Brick」までで、以降を買ってないんですよね・・・これを機に、イギー続行しようと思います!

デート・ウィズ・ドリュー(ネタバレあり)

朝から夕飯用のおでんを作って、電車乗って1時間、おんこち嬢と待ち合わせ。
新年イッパツめの映画は、まさしくわたしにふさわしい作品「<リンク:http://www.date-with-drew.com/>デート・ウィズ・ドリュー」見てきました!!

<左>{}
(以下ネタバレありです。ネタバレの部分は白文字で書いてますので、読んでも差し支えない方は反転してお読みくださいませ<(_ _)>)

現在は無職の映画監督志望(?)のブライアンが、クイズ番組の優勝賞金1100ドルを元手に、30日間で憧れのドリュー・バリモアとたった一回のデート実現を目指す!
という、突飛で純情な夢を実現するための軌跡を、ドキュメンタリーで撮った画期的な映画です。

クマ?と思うくらい体毛が濃くて、顔も濃くて、ハンサムとはいいがたいちょっと太り気味のブライアン。だけどドリューへの愛情は強く、会えるためのツテをたどって一喜一憂する姿はもう、身につまされるものがあります(苦笑)
しかしこんな彼も見てるうちにその純情さゆえ、非常にかわいく思えてくるから不思議。それは彼の周りにいる友人もそうらしく、こんな無理度100パーセントの夢なのに、みな笑うことなく真剣に協力してくれます。世間は意外にバカに対してやさしいのか?そう言えばわたしもこんなバカブログなのに、皆さんにやさしくしてもらってるぞ!

期限は30日間、あの手この手でハリウッドのツテをたどって(ツテと言ってもほとんどの場合、かなりショボイ。ココんとこの「距離度」の計り方が実に可笑しい)ドリューに会おうとするのですが、なんせ相手はセレブ、そう簡単に会えるわけではありません。1歩進んでは5歩下がる、ような歩みで、やがて30日間という期限が・・・

バカな思いつきで、バカな映画です。いくらファンだからっていっても、一般人がドリュー・バリモアとデートだなんて、夢を見すぎにも程があります。
でも、ブライアンの純情っぷりがいいんですよ!ストーカーと間違えられることを何よりも恐れ(笑)、すぐそこにドリューがいても、緊張して話しかけられなかった過去がある。そっくりさんとの予行演習デートですら緊張し、モト彼女との電話ではけっこう修羅場を演じてるのに、ドリューの話になると純情でオトメちっくな瞳に変わってしまう。

あ~~~~~~~・・・まるで自分自身を見るようだ・・・・・・・

(ネタバレ↓)
<色:#ffffff>そんなブライアンがドリューとのデートをいったんあきらめるシーン、
ツテがツテを呼んで、ついにアポが取れるシーン、
そして念願のデートが実現するシーン、

バカ映画だとわかってるのに!

<特大><太><色:#ff0000>あーアタシなんで泣いてんねやろーーーーーーーーーー!
(ネタバレ↓)
<色:#ffffff>うわ~んうわ~ん、よかったねえ会えて!いっぱいおしゃべりできてよかったね!!
うらやましいとかはぜんぜん思わないんですよ。ああよかったなぁ会えて。そんなに好きなんだもんね。デートできてほんとによかったね~!!!

この計画を家族に打ち明けたとき、ブライアンのママが「現実の人を探せば?」というのですが、その言葉に対してブライアンがソッコーで、

「彼女だって現実の人間だよ?!」

というシーンが、もうね・・・・・・・・爆笑。そうそう、気持ちわかる!ねぇ!現実にいるんだもんね!

お客さんは非常に少なくて、笑ってるのもアタシら2人。そして号泣してるのも・・・・・アタシら2人でした。
特におんこち嬢は、実際FR氏と会ったときの瞬間がフラッシュバックしまくってたらしく(笑)いやーこれこそ恋のPTSD(笑)

監督・主演・製作・編集のブライアン・ハーズリンガーは映画学校の優等生だったらしいです。なので映像はチープながら、けっこうなツボを突いてます。音楽の使い方も楽しくてgood{OK}
しかしなんと言っても一番イイのは、ドリューに恋する、彼のオトメモード全開キラキラな瞳です(笑){キラリ}
ああ~気持ちわかる!痛いほどに!そしてそんな自分自身こそがイタいわ!

<特大><太><色:#ff0000>リスクを冒さない人生は魂の浪費であるードリュー・バリモア
この言葉に先導され、ブライアンは行動を起こしたわけです。
ああ~~やっぱわたしの今年の目標はコレか!行動力か!!

叶わないと思っていても、スターに恋焦がれてならない方には、ぜひ!オススメの映画です。
ああ、思い出してもまた泣ける!
DVD化orテレビ放映されたら、ワタシ今度は部屋でひとり、号泣しながらまた見ます!!

あまりに久しぶりに美容院

実に10ヶ月ぶりに美容院へ行きました。オンナとしてどうよ?せめて半年に一回は行けよ、と激しく自分にツッコみを入れながら(^^;

いつも縮毛矯正をかけるのですが、あまりに髪が痛んでるので、2100円プラスして低温ストレート、というのをやってもらいました。
アイロンの温度が通常より低いので髪の痛みが少なくて済む&縮毛矯正独特の、あのシャキーン!としたストレートではなく、もうちょっと柔らか味が出る、ちゅーことだそうです。

鏡の前に座ること3時間。あー眠かった。冷たい薬剤塗られたりあったかいシャンプーしてもらったり、髪の毛触られたりしてると眠くなりますねぇ。髪の毛触られるのってなんであんなに気持ちがいいんだろう。あ、いや、誰に触られても気持ちいいもんでもないですが、美容師さんに対しては<職業で触られてる>っていう安心感(?)があるから気持ちいいのかしら?
もちろん、「この手がレイならいいのになあ・・・」という妄想は欠かしません(←あまりの変態っぷりに我ながら恥ずかしくなるわ・・・)。

17000円弱で、スッキリキレイにしてもらいました。確かに柔らか味のあるストレートになりました。
カットは説明が上手く出来ないので、<リンク:http://www.rasysa.com/style/?hl>ココで希望の髪形をプリントして持って行きました。同じにはならないですけど、ま、雰囲気ってことで。

普段からコチャンとしてなアカンとか、誰かに見せたいとかいう意識が無いのでホンマ何事もほったかしでいけませんねー。身近に素敵な男性が現れないもんかしら?たとえばレイ・デイヴィスさんとか(笑)

「今年の目標。美容院は半年に一回は行く。あとダイエット」(笑)
せっかくチームマイナス6キロに入れてもらったのに(笑)やせるどころか激しく正月太りですよーもうっ{怒}
6月になったら「美容院に予約入れろよ」と、時々「ダイエットしてる?」と、合いの手を入れてもらえたら非常に助かります(笑)

これといったことでもないのですが、つらつらと

腐女子×ヲタク男子のカップル日記「となりの801ちゃん」があまりに微笑ましく。
いいですよね、こんなに恋人のやりたい放題を放任してくれ、なおかつ翻弄されてくれる男子。漢だなあ。余裕を感じます。

フィクションorノンフィクションで、男同士のカップリングを考えて勝手に萌えるやおい文化って、日本の女子にしかないんだと思ってたんですが、
アメリカにはスタートレックでカップリング、ちゅーのがあるらしいです。世界共通の女子の嗜好なのねーと感心しました。なんていうかこう、世界がぎゅっと縮まった気がしました(笑)

わたしは男同士のカップリングを妄想したりはしませんが。
だってさー、ボウイ×ミックジャガーとか、ルーリードに「このオカマ野郎!」と言われ殴られたボウイ、とかいった歴史的事実の前には、妄想ホモカップルなんてねー(笑)

ところで年末だったかな?に、東京にあるオール外人さんの執事カフェを取材してました。
なんかねぇー、やっぱホストクラブみたいでしたよ。萌えん。だいたいなんで執事がお客に軽々しく話しかけてくるかね?執事やろ?影のように目立たず静かに動いて、ゲストの質問にだけ厳かに答えるべきじゃないのか??
オーストリアのカフェ・モーツァルトが、まさに「執事カフェ」状態で素晴らしいそうです。素敵なおじさまウェイターさんばかりだそうな。
日本でやるなら外国人にこだわらなくても、執事をやるひとがどこまで「遊び」の世界に入り込んでくれるか、が大事だと思うんですよねぇー。

ああそうそう、まえにネットだか本だかで読んだ話なんですが、
アニメヲタクさん同士で結婚して、仲もよかったそうなんですが、ある日奥さんのほうから「離婚して欲しい」と突然言われたそうで。だんなさんとしては、趣味も合うし、夫婦仲もいいのに何で?!と理由を聞いてみたら、奥さんいわく「ガンダムの○○(キャラ名)が好きで好きでたまらないので、彼(キャラ)以外の人との結婚生活を続けられない」ということだったそうで。
だんなさんは奥さんのことが好きだったのですが、彼もヲタクなので彼女の気持ちはわからないでもない。
結局、別れたそうです(苦笑)

腐女子の極地ですね。でも気持ちはわからないでもない。
あたしも彼岸を渡りきってるなー(苦笑)

夜行バスに乗って

ダンナが昨日の晩から0泊3日の東京に行っております。
仕事なんだけど、旅費も手当ても出ないというブツなので(サイテー)、夜行バスで出かけていきました。
4列シートの一番安いやつなら、往復で1万円なんですねー。バスの中でも寝れることにはかわりがないし、体力には自信があるのでえーやん!アタシもついてっちゃろか!!と思ったんですけど、

今月末は娘のJOC・・・・・・・・・・自分で作ったはずの曲なのに、先生が付けた伴奏が難しいのか?娘、つまずかず弾けたことがいまだにないのです・・・<太><大><色:#ff0000>あと2週間しかないというのに!!!
(ま、オリジナル曲っつっても、実質娘が作った部分は3分の1、イヤ4分の1くらいですが・・・)
<大><太><色:#ff0000>あーーーーーーっ、今年度ヤマハ、イベント多過ぎ!!
/( ̄ロ ̄;)\
週末も娘をビシビシ仕込まねばならない。
母、遊んでる場合ではない、ということで、断念しました。東京行き。
まー急な話だから計画もできないし、元々無理な話なんですが。

くそーーーーー行きたかったなーーーーー_| ̄|○

夏あたり、都合つけて行っちゃろうかしら・・・娘をダンナor実家にあずけて、お盆外して、夜行バスで、安いホテル取れば行けなくはないかなあ。2泊3日くらい行きたいなあ。
問題は金銭的なことというよりも(もちろんそれもあるが)、ダンナをどう口説くかなんですよね。絶対「なんで一人で行くの。家族で行けばエーやん」って言うんだろうなあ。ああそのセリフが聞こえるようだ{げっ}
<大><太><色:#ff0000>家族で行ったっておもしろくないんだよ東京は!!家庭を忘れて自分の好きなように自由に動きたいんだよっ!!
(ディズニーランドに全く興味がないワタクシ。USJ大好きの娘も、なぜかディズニーランドには興味ナッシング。←ま、助かってるんですが)

とりあえずヘソクってみるか{お金}ガンバレアタシ。

1/4に見た夢

そうそう、うっかり記録するのを忘れてました。
初夢ではないですが、新年早々、キンクスの夢を見ました。

<太><色:#ff0000><小>レイの野郎、またアタシの夢の中で他のオンナと再婚しやがったぜ{怒}{怒}{怒}
(↑天下のロックスターを野郎呼ばわり。オマエ何様やねん)

わたしも「ああ~また再婚か~嬉しそうにしてるわ~レイ・・・」と半ば呆れ気味(←重ね重ねの暴言。ほんまオマエ何様やねん)

なぜかRCA期のような、ロン毛のレイでした。で、夢にはデイヴも出てきたのですが、デイヴもその再婚に呆れ気味で、デイヴとわたしは2人して「あーあ」みたいな話をしながらうれしそーなレイを見守っておりました・・・

とりあえず、

<特大><太><色:#ff0000>デイヴはアタシの味方についてくれたな、と。
(だからオマエは何様やねんて…)

いい夢なんだか悪い夢なんだか。レイは満面の笑顔でしたけどねー。
いいの、アナタが幸せならば…(と、鬼瓦のような表情で言ってみる、健気なオトメゴコロ)。

とりあえず、今年もわたしの煩悩と妄想が暴走してることは確かなようです・・・

<左>{}
(またまたビミョーなアングルの写真(日本盤シングルのジャケ写)。ボーカリスト奥っかわ。しかも髪の毛乱れすぎて顔が隠れとる。それに比べてデイヴの髪形のかわいいこと。顔のかわいいこと…。それでもレイのほうが好きなわたしは完全狂っとるな・・・・)

b

個人的ブックマークなんですが、この映画すっごくおもしろそうなんですよ。

<リンク:http://brothers-head.com/>ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド

<左>{}
英国の田舎町、腰の部分で結合され生まれたシャム双生児。
彼らは切り離されることなく育ち、そしてロックスターになる、という物語。

性格はむしろ真反対だけど、くっついたままの美形の兄弟。兄はギターを弾き、弟は歌う。
彼らの生い立ちと成功と挫折を、70年代にたった一年間だけ活躍したロックバンド、として追っていく映画だそうです(実際には存在しないバンドを、あたかも存在したかのように描いてるのが特徴、だそうです)。
オフィシャルサイトからは、彼らのバンド「The Bang Bang」のPVが見られます。初期のボウイやイギーファンの心をくすぐるように出来てますねー!シンプルなグラム調というかパンク調というか、です。絵的にもきれいです。










兄弟バンドって実際に多いですよね。
ひとつの家庭に生まれ育った兄弟が、大人になっても人生が分かれることなく、ずっと一緒にバンドやるってのは不思議だなって常々思ってたんですが、
この映画のように実際肉体が結合されてるわけじゃないけど、精神的、いや運命的?に結合されてる兄弟なのかなーって気がします。
(仲が悪くて有名なのに、ずっといっしょにやってきたデイヴィス兄弟なんかはその際たるもの)

大阪では一月下旬、梅田シネリーブルで公開のようです。1月は見たい映画いっぱいあるなー!来週から毎週お出かけかっ?!(まさに「わたしの正月はこれからよ!」笑)

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド

個人的ブックマークなんですが、この映画すっごくおもしろそうなんですよ。

<リンク:http://brothers-head.com/>ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド

<左>{}
英国の田舎町、腰の部分で結合され生まれたシャム双生児。
彼らは切り離されることなく育ち、そしてロックスターになる、という物語。

性格はむしろ真反対だけど、身体はくっついたままの美形の兄弟。兄はギターを弾き、弟は歌う。
70年代にたった一年間だけ活躍したロックバンドのドキュメンタリーとして、彼らの生い立ちと成功と挫折を追っていく映画だそうです(実際には存在しないバンドを、あたかも存在したかのように描いてるのが特徴、だそうです)。
オフィシャルサイトからは、彼らのバンド「The Bang Bang」のPVが見られます。初期のボウイやイギーファンの心をくすぐるように出来てますねー!シンプルなグラム調というかパンク調というか、です。絵的にもきれいです。

兄弟バンドって実際に多いですよね。
ひとつの家庭に生まれ育った兄弟が、大人になっても人生が分かれることなく、ずっと一緒にバンドやるってのは不思議だなって常々思ってたんですが、
この映画のように実際肉体が結合されてるわけじゃないけど、精神的、いや運命的?に結合されてる兄弟なのかなーって気がします。
(仲が悪くて有名なのに、ずっといっしょにやってきたデイヴィス兄弟なんかはその際たるもの)

大阪では一月下旬、梅田シネリーブルで公開のようです。1月は見たい映画いっぱいあるなー!来週から毎週お出かけかっ?!(まさに「わたしの正月はこれからよ!」笑)

自分のための追記:<リンク:http://www.cinelibre.jp/umeda/>シネ・リーブル梅田にて、1/27(土)公開。

プチセレブ気分

香りつきとか、色つきとか、模様つきのトイレットペーパーが好き。
12ロールで298円で売ってたら、即買いです。地味な贅沢{ハート}
<左>{}

おじゃましますか?

大阪で生まれ育ったので、日常会話にボケツッコミを意識するのは当然の毎日なのですが、

吉本新喜劇の<リンク:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%C2%C8%F8%BF%AE%C7%B5%BD%F5>安尾信乃助クンの「疑問形ボケ」がすごく好きなので、ぜひ日常会話に流用したいと思ってるんですが、これがなかなか、単純なようでむずかしいのよねぇ~。



罪な企画

<リンク:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070106-00000032-sanspo-ent><イル・ディーヴォに「会える券」買ったのは?当選者早く出てきて!>

<太>1万箱限定販売の来日記念ボックスセットに1枚だけ、来日時に4人と会える“ゴールデン・チケット”を封入したが、5日現在、名乗り出た当選者は全員ニセモノ。主催者側は「強引にスケジュールを空けさせたのに」と、夢企画が崩壊寸前となって大あわてだ。

だそうで。

<左>{}
イル・ディーヴォといえばラテンなイケメンボーカルグループ。人気のイケメン4人を独り占めできる、という素晴らしい企画なんですが、どうも現在企画自体が宙に浮いちゃってるらしい。会社としては「こら話題になるで!」と意気込んだ企画だったんでしょうけどね・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

いや、アタシにとってイル・ディーヴォはどうでもいいんですが、
もしもこんな罪作りな企画を、キンクスでされたら、

たまらんなあ~~~~llllll(-_-;)llllll
そんな、アタシ以外の女子がレイと2人っきりで会うなんて、ショックで錯乱しそうやわ・・・(゚∀。)
あーいややいやや。そんなん想像するだけでもおそろしい。。。

いや、アタシが当選するなら大歓迎ですけど☆゜:。*。 *:.。☆..。.(´∀`人)
つうかさ!万一そんな企画があったら、アタシが絶対当選すべきやと思うんやわ!(←何を根拠の判断か?)
エエな~アタシがレイを独り占めかぁ・・・・・゚+(人*´∀`)ウットリ+゚:。*゚+.
うわ~どうしよう?さわってもエエんかなあ?アタシまともに顔見られへんわぁ~~{ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}

<太><色:#ff00ff>(〃ノωノ)キャッ

<太><色:#ff00ff>(〃ノω)σ| モジモジ

<太><色:#ff00ff>(〃ノω)σ ツンツン

<太> <色:#ff00ff>イヤ~ン(〃 ノωノ〃)ハズカチィ~

<特大><太><色:#ff0000>・・・・・・
<特大><太><色:#ff0000>ヽ(`Д´)ノオマエの存在が恥ずかしいわボケェ!ってかっ?!

いやーでもこういうのって、マジで罪作りな企画だと思うんですよねぇ。こんなん、80年代にデュランでやってたらパニックだったですよ、世間は。(いや、もしかしてあったんかな?)

果たして幸運な1万分の1さんは誰なんでしょうね。名乗りを上げるかなあ?
誰も気付かず当たり券が包まれたまま、ヤフオクやどこかのCD屋さんで、買い手がないまま在庫になってたりしてねえ。あるいはレンタル屋さんが購入で、店員サンが気付かず捨ててたりして。そういうことってないのかな?
男性が当選してた場合もなんとなくテンション下がりませんか?イル・ディーヴォ側としても、女性が当たると思ってるんぢゃないかねえ??<小>マドンナに会える!なら男性でも盛り上がるだろうケド・・・いや、怖くて名乗り上げられないか・・・

だいたいこういうのって、さほどファンでもない人に限って当たっちゃう気がするわ{ため息}(゚д゚)、ペッ

読み初め

年末年始は、スキーに行ってました。
と言ってもわたしはスキーできませんので(趣味はロック鑑賞・映画鑑賞・マンガ/小説読書・ネット、と完全インドアなわたくし)、ダンナと娘が滑ってる間、スキー場のレストランで読書です。
本音としては宿で読書してたいのですが、それを言うとたぶん「わがまま」ととられそうなので、おとなしくしております。が、もっと正直なことを言えば、わたしだけ家に置いて行ってくれても構わないのですが・・・(宿代節約できるしぃ・・・だってシーズンまっさかりのスキー場のレストランで、場所取りしながら待ってるのも、けっこう気を使うんですよ・・・特に今年は、7人分の席取りだったのサ・・・ほんとすいません、他のお客さん・・・)

<太>グロテスク 上・下 / 桐野夏生
<太>あかんべえ 上・下 / 宮部みゆき
<太>黒く塗れ―髪結い伊三次捕物余話 / 宇江佐真理

<左>{}
どれもおもしろかったです。堪能堪能{キラリ}
「グロテスク」、久しぶりに桐野作品を読みましたが、もうねー、めっちゃ没頭したです。エグい話なんですけどねえ~。
お嬢様高校を舞台とした、絶世の美女とその姉を中心に、ドロドロした妬み嫉み憧憬などが入り混じって繰り出される、彼女らの捻じ曲がった人生の行き先を、誰もが自分の言い分こそ真実と信じながら語る物語なのですが、
いじめや売春などといった刺激的な場面が多いのですが、そこへ行く彼女らの気持ちがすごく理解できちゃうのよねぇー。外部の中学から進学してきて、場の雰囲気が読めない同級生をいじめる姉の気持ちや、やがてエリートOLになったにもかかわらず街娼になるその同級生の気持ちなんかがもう、自分自身のものとしてわかりすぎちゃって。所々しんどいんですけど、でもなんちゅうかなー、「フィクションを通して、自分の中の醜いものと対峙する快感」を感じるられるというか。解説の方も書いてたけど、読んだあとに「爽快感」があるんですよ。なんとも不思議。ホンマすっごくドロドロしててイヤな話なんですけどね(苦笑)でも理解できる女性は多いんじゃないかな。でも反面、男性は読むのがキツく感じられるかもしれないです。

「あかんべえ」は宮部さんの得意の、そしてわたしも大好きな、江戸ものです。
大病であの世に行きかけたゆえに霊感を得てしまった少女・おりんが見た、彼女の家にさまよう亡霊の数々。その亡霊騒ぎのせいでおりんの親が営む料理屋は開店早々、経営の危機に襲われます。
でもその「お化けさん」たちは恐ろしい存在だけではなく、親切だったり、やさしかったり。そして彼らはみな「自分がなぜ成仏できないのか」理由がわからないまま、さまよっています。
両親を助けたい、そして亡霊たちを成仏させたいと、やさしく知恵のあるおりんが健気で愛らしく、またおりんを取り巻く魅力的な亡霊たちも生き生きとしていて(亡霊なのに生き生き、というのもおかしいですが)、さすがの宮部ワールド、ほのぼのさせて泣かせてくれます。あーはやく他のも文庫化されてくんないかなー。
そうそう、宮部さんの「霊験お初」シリーズが、マンガになってるんですねぇ!!「プリンセスゴールド」に掲載されてました。ちょっと原作のイメージとは違うんですけどね・・・ま、少女マンガだしな・・・目ぇ、おっきぃ・・(笑)もう第1巻も出てるそうで、早速今日、アマゾンに注文しました。届いたらまたご紹介したいです。ブレイブ・ストーリーも漫画化されてるのねえ。読んでみたいような、見たくないような。ブレイブ、映画は途中まで観たけど、全3巻を1時間半にまとめるのは所詮無理ですねぇ。細かいところがあまりに違いすぎるわ・・・

「黒く塗れ」は、髪結い伊三次シリーズ。今回はお文も一般の町人らしくなってて、子供も出来て、伊三さんの尻に敷かれっぷりもあいかわらず素敵でした。今回はお文がおとなしいせいかドラマチックさには欠けるかもしれないけど、「慈雨」でたっぷり泣かせてくれるのが嬉しい。スキー場のレストランでタオルハンカチ振り絞りながら号泣してたのはワタシです(「あかんべえ」も号泣)。
それにしても、タイトルの「黒く塗れ」。わたしとしてはやはりストーンズの「Paint it Black」を思い出してしまうのですが、まさかね江戸モノだし、単なる偶然、と思ってたのですが、
なんと最新の「伊三次」シリーズのタイトルは「雨を見たか」だそうで!!やはりC.C.Rの「Have You Ever Seen The Rain?」でしょうか。作者の宇江左さんは49年生まれなのでこのへんリアルタイムでお好きであっても不思議ではないのですが。
確信犯でタイトルに使われてるとしたら、カッコいいですねぇ。マンガでもなく、青春小説でもなく、江戸ものに、ってのがね{キラリ}単なる偶然だったら?それはもっとカッコいい!!{キラリ}{キラリ}

しかし遠路はるばるスキー場まで行って本読んでるってのも、宝の持ち腐れ、いやスキー場の行き腐れ、なんですけどねえ・・・(苦笑)
でも時間を気にせず、ずっと読んでられるのは嬉しいです。子供の帰宅時間も、夕飯のしたくも気にしなくっていいのは、贅沢ですね~~{ハッピー}{ティアラ}

あ、最後の1日、読むものがなかったので、宿にあった文庫本を借りました。
「渡辺淳一」さん初体験です。「別れぬ理由」っての。
これが巷でウワサの渡辺淳一かぁ!!もうどれぐらいエロいんだろう?とワクワクして読んだんですが、ぜんぜんエロくなくて・・・なんだよー期待してたのにーぃ。
やっぱ「愛の流刑地」とか「失楽園」とかの、話題作を読まないとダメなのかしらね??
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。