スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨天により延期

日本中、本日の運動会が雨のため延期になった小学校が多いと思いますが、
ウチもそうでございました。
天気が怪しくても弁当は作らなくちゃなので、5時に起き、そのときは雨は降ってなかったので「どうだかね~」と思いつつ・・・
じいじばあばおじーちゃんも来てくれるので、運動会の弁当はテヌキは出来ないのです・・・(凝ったものはハナからできませんので、せめて冷凍食品は使わない、とか言う程度の”テヌキしない"ですが・・・)

7時すぎたら有無をケータイの掲示板に載せるとプリントにかかれてたのに、待てど暮らせど載らず・・・しょうがないのでPCを開いて小学校のサイトを開いたら"中止"
ちなみにメールで一斉配信するとも書かれてたのに、そのメールが来たのは九時を大幅に過ぎてから・・・
どないなっとんねん{怒}

娘は運動会をとても楽しみにしていたので、めっちゃトーンダウンしながら学校へ・・・
大量の弁当のおかずは、少し自分の実家にもって行き、空いた場所におかず追加して、じいちゃんち(ダンナ実家)に持って行って夕飯にいたしました。

ま、ほぼ1日中降ったので、あきらめもつくっちゅう感じです。


最近娘に「母ちゃん元気ないねぇ」と心配されているのですが、自分では普通にしてるつもりなのですが(元々普段はそんなテンション高くないほうだし)、
でもそういわれて考えてみたら、ダンナにイライラすることも多いかな?という気も・・・
そういえば最近、ブログを更新する気があまり起こらないのも、やっぱアタシ元気ないからなのか?と思ったり。
DVDに撮っておいた映画を観た感想とか、(自分のために)書いて残しておきたいことはあるんだけどなあ。
やはりちょっと更年期障害か?(笑)

娘の小学校ライフは相変わらずなので(娘自体は揉まれてきたので、だいぶ周りを観察する目も出来てきましたが)、なんだかなーっつうのもあるのかもしれません。
娘は一見おとなしそうに見えるみたいなのですが、嫌な事はイヤと言うほうなのでそういうのが一部の気に障るのかもしれません。
でも嫌な事はイヤと言っていいと思うし、したくないことはしなくていいと思うので(もちろん授業とか掃除とかはしなくちゃいけないけど、自分が「その誘いは悪いことだからしたくない」と感じることはしなくていい、という意味で)、
「それでいいよ」と言ってはあるのですが。
頑固なところもあるので、まー、そういうことなんでしょうかね。
娘の話を聞いてると、「力の強い子」と「いやな事をイヤと言えない子」が多いような気がします。で、「いやな事をイヤと言えない子」が昔よりダンゼン多い気がしますね。だから力の強い子がまかり通ってしまう。そんな気がします。
(昔は「悪口は陰でこっそり言うもの」だったけど(悪口を言ってるのが当人に聞こえたらマズイのはもちろん、そんなことを第三者に知られるのもマズい、というのがあった。つまりそれなりの罪の意識と見栄とがあった)、
今はわざわざ当人の前で、複数人が言うようだし{ため息}(「そいつらキ*ガイじゃないのか、と思ってしまうのだが)
と、娘の話を聞いてるとあまりに驚いてしまって、ウッカリ教育上不適切な言葉を発してしまいそうになります(苦笑)
もちろん別にウチの子が全面的正義とは思わないのですが(娘の話は話半分で聞くようにしてるので)、
まあもうちょっと待てばまた状況も変わるのかなーと思ったり、
いやいやこれは"生まれ年特色"あるいは"地域特色"だから変わらないのかも、と思ったり。
自分の娘のことではないのですが、娘と仲のいい女の子が最近いつも男子にチョッカイ掛けられて(口だけでなく力でも)かなり困ってるらしいのですが、そのちょっかいかけてる男子2名のうち1名が、娘と仲のよかった男子だそうで、「えー?あの○○くんが?」って驚いちゃったり・・・1学期中はむしろ優しい男子で女子人気も高い子だったのですが。一体何がどうあって彼がそうなったのか。そういうこと考えたりするとなんかもーこれは"地域特色”か?と思ったり。他の学年の状況はどうなのかワカランですが・・)



今日ダンナの実家に向かう途中で聴いてたラジオで、80年代特集をやっててすごく楽しかったです。サマンサ・フォックスの”タッチ・ミー”なんかひっさしぶりに聞いたわ(爆)
若い頃は自分のことだけ考えてればよかったので、なんぼ言うても気楽だったんだなあとしみじみ思います。はーあ。
明日は学校が代休なので、娘と「人体の不思議展」に行って、気晴らししようと思います(気晴らしか?・笑)
(↑これもさー、ダンナは「気持ち悪いから行きたくない」って言うから、娘と2人で行くことにしたんですが、ダンナが娘にまた言うのよねー「あんなん見たら夜独りでトイレ行けなくなるぞ」って{怒}わが子がビビリだとわかっていながら、何でそういうふうによけいに怖がらせること言うかなあ?わざわざ好きな女子をからかうバカ男子みたいじゃないかとホンマむかつく。そんな先入観抱かせて、ホンマに夜中トイレ一人で行けなくなったら、付いて行くのは誰だと思ってんだよっ!{怒}そんなめんどうなことは自分は絶対しなくていいと思ってるからそーいうことを言えるんだよなあ~!!{怒}{怒}{怒}
スポンサーサイト

You Really Got Me @ Softbank

ソフトバンクのCMに”You Really Got Me”が使われています。
「およよ!このギターはっ?!」と思ったのですが、残念~キンクスのバージョンじゃないです。ヴァン・ヘイレンのほうかね?わからんですが、キンクスじゃないことだけは確かと思います。うーんむ。なんでオリジナルを使わないのだソフトバンクめ。
なんだかんだでやっぱ、若い人向けのCMなのかねぇ(・・・いや、ヴァン・ヘイレンももう決して若い人向けのバンドではないか・・・

ちなみに犬のおとうさんバージョンじゃなくて、ブラピが出てるシリーズのほうです。
くそー何でこうおいしいところを外されるのだオリジナルなのに。
ま、何年かまえ、ゴゴティーのCMでブリトニー・スピアーズのバックにキンクスが流れた時も、話題になるのはブリちゃんばっかで、音楽のほうはサッパリ話題にならんかったが・・・il|li(つω-`。)il|li

ところで今日、マルビルのタワレコで予約してきましたーレイの新譜{ハート}
ウフフ~ちょっと恥ずかしかったけど、自分の足で予約するのはイイもんですなあ{ラブ}
まだ2ヶ月も先なんですが、発売日・・・もっと伸びるかも知れんけど、発売日・・・(苦笑)

観られなかった映画

「<リンク:http://www.komoriuta-movie.com/>題名のない子守唄」という映画を観たくて梅田に出たのですが、
12:25~から1回目上映、の1時間近く前に行ったのに、わたしの目の前で指定席ぶん売り切れ・・・「立ち見ぶん販売となりますー」って、いやもうこのトシで2時間以上立ち見はツラいわ、とあきらめて帰ってきました。
実は先週もこの映画を見るために家を出たら人身事故で電車が止まってる、というアクシデントに見舞われて、行けなかったのです・・・アカン。誰がジャマしてんのや。縁がないのかこの映画。
十年ぶり以上に”映画館で映画を観る”、という行動が定着化してきたワタシなのですが、ここんとこ最近観たいなと思う映画がマイナー館上映モノばっかで、う~ん、自分としてはマイナー映画は映画館が遠いし上映時間が短い&変則的(昼から、とかひどいときはナイトショーだけとか)なので出来れば避けたいと思ってるんだけどなあ・・・
来週もっかい行こうかなあ・・・でも電車代もバカならんしなあ・・・北新地からけっこう歩くしなあ、ロフトって・・

とはいえまあせっかく都会に出てきたんだから、と、キディランドのリラックマコーナーで買い物したり、洋服見たり。それはそれで楽しかったですが。
母から551の豚まんを買ってきてほしいといわれてたので阪急で買い、阪神でせんべいとまんじゅうを買い、気がつけば両手がふさがってる・・・
551の赤い紙袋を持った姿はまさにオバチャン~(笑)
しかし!今日梅田に来たのは映画を観るという目的(果たせなかったけど)と、もうひとつ、タワレコで例のCDを予約する!というのがあるのだ!!
人ごみに少々疲れながらも、マルビルのタワレコで予約してきました~わ~新譜予約するなんてちょ~~~~~~~~~~~ひさしぶり!!
まだ2ヶ月もあるんだけどねぇ。いやそれよりも2ヶ月でホンマに出るかもアヤシイし(笑)
うふふ。でもネットで予約じゃなくて自分の足で予約しに行くってのはなんだかウキウキしますな~{ドキドキ}

Working Man's Cafeのアートワーク

ハイッ!これがレイの新作、Working Man's Cafeのジャケットデザインですッ!!

<左>{}

<太><特大><色:#ff0000>キャーーーッ!{ラブラブ}
<特大><太><色:#ff0000>キャーーーーーッ!!{ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}
<太><特大><色:#ff0000>キャーーーーーーーーーーッ!!!{ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}

<特大><太><色:#ff0000>めっちゃおっとこまえーーーーーーーーっ!!{ラブラブ}{ドキドキ}{ラブラブ}{ドキドキ}{ラブラブ}{ドキドキ}{ラブラブ}{ドキドキ}{ラブラブ}

タイトル自体、イイですよね。レイらしいカンジしますよねぇ{ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}
今回のジャケ写はオデコのトリミングも無しの、真っ向勝負ですよっ!(笑)
前回に続いて珍しくセンスのいいジャケデザインですね。オシャレだわーオシャレすぎて怖い(幸せすぎて怖い、みたいな(笑))。

<大><太><色:#ff0000>こんなふうに待ち合わせとかされたらもー、たまらんな~{ラブラブ}{ドキドキ}{ラブラブ}
<特大><太><色:#ff0000>・・・・・・・・・うわーっ!キャーッ!いやーっ!ステキすぎてアタシ死ぬかも!!
(↑いっそ死ねってかッ?{どくろ})

やーん。でもこれはホント、アタシを陥れようとしてるとしか思えません・・・ホントレイって、
<特大><太><色:#ff0000>素敵だわ~~~~~~{ドキドキ}{ラブラブ}{ドキドキ}{ラブラブ}{ドキドキ}{ラブラブ}{ドキドキ}{ラブラブ}

日本版の予約は今のところ、
<リンク:http://www.hmv.co.jp/product/detail/2623580>HMV
<リンク:http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1679329&GOODS_SORT_CD=101>TOWER JP
で扱ってるようです(Amazon jpではまだあつかってない)。
ま、少々延びるとしても、近々発売であることには変わりないわねー。

近々梅田に出たら、タワレコで予約しちゃおっかしら{ラブラブ}きゃ~恥ずかし~い(〃ノωノ){ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}

しかし聞いてもないうちからこのはしゃぎよう。聴いたら一体どうなるのかアタシ。
ウンでもね、やっぱ怖いんですよ。最新作を聴くのって、毎回すごく怖いです。ドキドキする。ドキドキ。ドキドキ。
この、喜びと恐怖がないまぜの胸のドキドキって、恋と同じなのよね~・・・・・(え?違う?)
あと2ヶ月かあー。耳を研ぎ澄ましておきますわ、レイ!!{ラブラブ}{ドキドキ}{ラブラブ}{ドキドキ}{ラブラブ}

キャンプ

土曜から一泊で、キャンプしてきました。
ダンナの同僚さん(ママさん&娘ちゃん&息子クン)とウチの計6名。
子供らは小5.小3(ウチの娘).小1で、これまでにも何度か一緒に遊んでおり、気心が知れてるので放置です。
しかし大人はせっせせっせとテント建てたりタープ張ったり食事の支度したり、いそがしー。

<左>{}(キャンプ場の洗い場にムカデ発見!!ダンナがバーナーで焼き殺した死体です)

<左>{}(夜はバーベキュー&アルコ~ル。チューハイ3本&コークハイ&レモンティーハイ。わたしにしてはかなり飲みました)

<左>{}(女子トイレにいたカマキリ。えっち)

<左>{}(このミッキーさんはランタンを下げるフックなのです)

疲れた!所詮インドアな人間なので、メチャ疲れます。
借りれる時間て限られてるから、「はよテント建てな」とか、翌朝は「はよテントたたんで、はよ道具片付けな」とかアセっちゃうんんですよねぇ。真面目なんですよ、ええ。

しかし一番困ったのが、夜、気持ちよく寝てたら、スッゲーでかい声が響き渡って、目が覚めてしまいました。
わしらが寝たのも11時近かったと思うので、たいがい遅いのに、それからさらに遅くまで、大きい声でしゃべってる団体がいるのよねぇ。しかもその中の女性一名の声がでかくてよく通る!!
舞台女優なら優れた点ですが、夜のキャンプ場では最悪の存在です{げっ}
あたしゃもう眠れなくてー。あーMP3持ってくりゃよかったと心底後悔しました。好きな音楽を聞いてれば、他人のおしゃべりも聞こえないから気にせず?眠れたろうに・・・

アウトドアだし、団体行動だから、MP3なんていらないだろうなーって思ったのが間違いでした。どこへ行くにも必要だわ。
これからはキャンプのときも持って行こう!と心に誓いました。

しかし疲れました。キャンプもうエエわ~行きたくない・・・

Shall We Dance? (ネタバレちょっとアリ)

Shall We Dance?
テテビで放映してたのをDVDに録画しておりました。吹き替えです。

登場人物や話のだいたいの流れはオリジナルの日本版とほぼ一緒です。
でも全然違うテイストに仕上がってたと思います。
冴えない中年サラリーマンが社交ダンスを習う、という日本版と、
弁護士が社交ダンスを習う、というのははやり違うのではないかしらん。
くたびれたオジサンが社交ダンスを習う勇気と、弁護士さんというカッチョイイ仕事の男性が社交ダンスを習うのとでは、やはりはじめの一歩が違うといいますか(苦笑)
日本版はそこから哀愁が漂い、その哀愁が共感と笑いに結びつくんだと思います。

アメリカ版は日本版おり、夫婦関係にスポットを当ててて、そこがいいカンジはしました。日本版では妻があくまでも「黙って待ってる」状態で、そこが古臭いというか、そんなの男に都合いいだけやん、て思っちゃってたので。しかし日本版をみたのはもうずいぶん前なので、今みたらまた感想が変わるかもしれません・・・日本版・アメリカ版に共通する、「妻も家庭も大事だけど、それだけでいいのだろうか。かといって、なにをしたらいいのわからない」と思う主人公の気持ちはとてもよくわかるし、「伴侶以外の異性にふと憧れる」主人公の気持ちもわかります。浮気といえるかもしれないけど、ま、長い人生、杓子定規に行かないこともあるしね・・・



新作のタイトルは<Working Man's Cafe>

なんと!
レイ・デイヴィスさんの新作アルバムが、10月29日に英国でリリース予定だそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070913-00000004-cdj-musi

(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!
ホンマかいな!!10月て!来月やん!
いや、新しいの作ってるとは聞いてたんですが、なにこの順調さは?!
いやいやレイのことやから、10月に出る言うても、伸びて伸びていつのまにやら2~3年経っとった・・・ちゅうこともありえるし。
あんまり期待せんどこ・・・
いやでも、もしかしてアマゾンjpで予約受け付けてるとか、ないやろか・・

ないなー。ないない。ホラ、やっぱり。
ウッカリ信用してぬか喜びなっても悲しいしなー。

・・・タワレコとか、どうやろ。

いやそんなー。アマゾンで予約とってへんねんから、タワレコであるわけ・・・

あった!!
<リンク:http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1679329&GOODS_SORT_CD=101>
ワーキング・マンズ・カフェ

うわ!!

うわわわわ!!!

11月21日日本盤発売予定ってなってる!!

オロオロ (゚∇゚;))((;゚∇゚) オロオロ

アタフタ ヘ( ̄□ ̄;)ノ ヽ(; ̄□ ̄)ヘ アタフタ

アワワ ヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ アワワ ...




うわーマジでビックリしてますアタシ。どうしよーこんなに早く出るとわー。

ダイエットせなダイエット(←なんでやねん)


いや、ホンマに10月に出るとは思ってないけど、
でも近いうちには出るって事よね!ショックを受けないために長めに待つとしても、
1年以内には出るやろ?!(笑)

レイホンマ元気やなぁ。Other Peoples Livesリリースからからすぐやん。2年経たへん。めっちゃ嬉しいです。元気でマメに新作リリースしてくれるのが一番嬉しい(←煩悩まみれのようですが、意外にマトモなファン心理も持ってるのよ。ウフッ)

新作のタイトルは<Working Man's Cafe>だそうです。それでググってみたら、ドイツ(?)のアマゾンでも予約取ってるみたい。
収録曲は

* Vietnam Cowboys
* You're Asking Me
* Working Man's Cafe
* Morphine Song
* In A Moment
* Peace In Our Time
* No One Listens
* Imaginary Man
* One More Time
* The Voodoo Walk
* Hymn For A New Age
* The Real World

だそうです。ジャケのアートワークはまだどこにも出てないみたいですね。
楽しみだわ~~~{ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}
んもう、ほんとにわたしを喜ばせるヒトねっ{ドキドキ}{ラブラブ}{ドキドキ}(←オマエのためやないってか{汗})

商店街のゆくえ

ダンナが仕事なので、実家に行っておりました。

実家に行くと、チャリに乗って商店街に行ってしまいます。
個人商店ばかりだったのが、20年ほど前に一部が集まってスーパー形式になったりもしましたが、
小さい頃は母の自転車の後ろに乗って行き、お肉屋のフランクカツを買ってもらったり、
大人になってからは仕事帰りにたこ焼きや回転焼きを買って帰った、わたしにはなくてはならない商店街なのです。

が、ここ半年・・・店をたたんだ場所がすごく多くなってきました。
今日久しぶりに行ったらさらに増えてます・・あっちもこっちも<貸店舗>の貼紙が貼られた、閉まりっぱなしのシャッター。
古くからの店だけではなく、つい最近開店したばかりの店まで「貸店舗」になってる。
スーパー部分は日曜が定休日になってしまってるし、たこ焼きやさんは賑わってるけど、わたしがよく買ってた、前からあるたこ焼きやさんはずっと前に閉店してしまった・・・受付のおばあちゃんが元気でかわいかってんけど、

セクレタリー

深夜に放送してたのを録画してたものです。
<リンク:http://www.gaga.ne.jp/secretary/>
セクレタリー(公式サイト)(2002年作品)
<左>{}
家庭環境ゆえ、自分が自信なく自傷癖のある女性が、ちょっと風変わりな雰囲気のエリート弁護士に出会って、徐々に変わっていく・・・というラブストーリーです。
恋愛映画によくある設定ですが、ちょっと他と違うのが、彼女と彼が「性的マイノティ」であるということです。で、じゃあエロエロ映画なのかというとこれまたそうではなくて(エロなシーンもありますが)、なんかちょっとコメディっぽい。ヒロインを演じるマギー・ギレンホールがファニーフェイスだからってのもあるかもしれませんが、映画の運び自体、あえて「セクシャル」さよりも、「人間の性癖の滑稽さ」を表現してるような感じです。この映画の二人の行いにリアリティーを感じるのは、彼女らの真面目な変態さに、"滑稽さ"”みっともなさ”が感じられるせいかもしれません。

わたしなんかはどうしても変態性愛にロマンを期待してしまうのですが、考えてみれば変態行為=謎めいてセクシー、なわけではなく、変態性が高ければ高いほど、そういう行いって、見た目には滑稽ですよね。
ちょっと前に、足のニオイフェチのショタコン野郎が小学生男子の上履きを盗んでコレクションしてた、という事件がありましたが、実際あったこの事件も、ロマンチックな変態映画にしようとすれば出来るでしょうが、現実は全然みっともないだけです。わたしの「きゃ~レイ~~{ドキドキ}」だって我ながら実にみっともない。
(わたしとお付き合いくださってる方はなおさらそう思ってらっしゃるでしょう。なのに見捨てず仲良くしてくださって、ホンマありがたいです。)
だいたい、人と違う性癖は滑稽でみっともないのです。いや、マトモな性も滑稽か。ブラッド・ピット×アンジェリーナ・ジョリーというきらびやかなカップルでさえ、パパラッチされた極日常な姿は、なんだかとてもカッコ悪く見えるときがありますから。(ひがみではない・・とおもう・・)

ヒロインのリーと弁護士・グレイ氏が耽る世界は「SM」なのですが、「タイプミス」した秘書(リー)を雇用主(グレイ)が「お仕置き」するという王道プレイ。彼らの現実の関係を見事に生かしたプレイです。
グレイによってマゾヒストである自分にどんどん目覚めていくリーの喜びようと、それとは反対にサディストである自分をどうしても認めきれず、自己嫌悪に陥っていくグレイ。「優秀な女王様は100パーセントサディストなのではなく、マゾヒストな部分も必ず持っていなければならない」、とどこかで読んだ記憶があるのですが、恍惚とした表情でリーのお尻をスパンキングするグレイが、彼女との関係に熱中すればするほど、自分のサドっぷりに苦悩する姿はまさに「マゾ性を併せ持つサディスト」。そのへんをジェイムズ・スペイダーが、クールな表情でジメジメと湿っぽく表現しています。このひとアメリカ人なのに英国人っぽいですね。そんな彼に反して(?)、「お仕置き」をもらえるためなら手段を選ばないリー。ううむ、やはり女は強い!
ちなみにスパンキングというのは、欧米ではメジャーな嗜好なのだそうで。SMは奥が深い・・・

<左>{}
グレイ氏によって人生の喜びを得たリーが彼をどこまでも追い求める姿。そんな彼女を見て不安と歓びを感じるグレイ氏。リーを(結果的に)精神的にいたぶって陰でコソコソ喜んでるグレイ氏の密やかなエクシタシーっぷりは、そりゃもうねちねちしてて変態っぽいのです。日陰の食虫植物みたいに糸を引いてるのです。
しかしだからこそ、この映画は「変態映画」ではなく「恋愛映画」と感じられるのです。
サドだのマゾだのといった性的嗜好がないにもかかわらず、この映画のリーやグレイ氏に何らかの共感を持ってしまう方は、この映画をいやらしい変態映画だなどと思わず、純粋な恋愛映画だと、ドキドキすることと思います。
自分で自分を傷つけることしか歓びを知らなかった女の子が、愛する男性によってあらゆる面で目覚めていく。しかもその歓びは相手に頼ったものではなく、自分自身で行動するものであるところが素晴らしいと思うのです。たとえそれが世間からは変態的な行為であっても。

相手の負の部分はもちろん、自分自身が持つ負の部分までも肯定できると、人間は強くなるのだなあと思いました。
愛は自分本位でいいのだと思わせてくれる映画でした。見てる間中すごく、悶々ともするんですが。

ただしっ!!

子供の前では絶対見ちゃいけない映画ですッ!!!
ポスター見てお察しいただける通り、やっぱエロいシーンはいっぱいありますので(笑)

追記:マギー・ギレンホールは「主人公は僕だった」で、過激なパン屋さんを演じてた女優さんでした。美人じゃないけどかわいくて、ちょっとだけミョーなスパイスのある女優さんですね~いいな~。

有閑倶楽部

火曜10時からの読売系ドラマ「探偵学園Q」が終わりました。
原作マンガは読んでないんですが、多分原作とは全然違うキャスティングだったんだと思います。主人公はナイーブさが魅力の神木くんだったし。
何かと言うと「仲間」だの「信じてる」だののセリフの続出、まさに少年漫画の王道テーマで、言い出したらキリのない、ツッコミどころ満載の少年探偵モノでしたが、出てる子たちがかわいいので楽しく見てました。わたしも大人になったもんです。
特に鈴木一真さんが演じるケルベロスが娘とわたしの間ではバカウケでした。

で、これの後番組が、今、巷で話題の(?)「有閑倶楽部」です。
ドラマでは主人公を魅録に変更して赤西仁クンを持ってくると、とびいかさんの日記で教えてもらったときは「あ゛~?」と思ったのですが、他のキャスティングがわからず、よけいモヤモヤしていました。
「Q」の最終回での新番組予告では全キャスティングが出てくるだろう~と期待してたのですが、結局赤西くんしか出てこず・・・

<太><色:#ff0000>なんでや?何のためにこんなにキャスト発表を引っ張るねんや??

ちくしょーこうなったら調べ上げてやるぜ!とググってみました。
見つけました(2ちゃんで)。
コチラにも載ってました↓

ttp://purple.noblog.net/blog/i/10410255.html

・・・・

<太><色:#ff0000><特大>どりゃーーーっ!!(ノー"ー)ノ ┫ ゜・∵。

魅録=赤西クンはしょうがないとしましょう。テレビ局も数字取るのに必死ですもんね。赤西クンもアメリカ行ってたぶんとりかえさなあかんからね。事務所の都合もあるさね。大人の事情ってヤツよね。
でも、

清四郎も美童もザニーズ系って・・・・・・・・・・・・・・・…( -_-)

ザニーズにはとんと疎いわたしですが、「いくらなんでもそりゃないだろう」つうのくらいはわかります。

清四郎は成績優秀、眉目秀麗、文武両道、冷静沈着やねんで・・・なんでお笑い担当の子持ってくるかね・・・

美童・・・美童はスウェーデンとのハーフの、王子さまのように煌めくチョー美形なんですけど・・・どこにスウェーデンの血が・・・?

もうアカン・・・・_| ̄|○ ガックシ
これを笑って許せるほど、わたしは大人になれないわ・・・
ザニーズの需要をもっと広めようって目的もあるのかもしれませんが、これじゃかえって逆効果です。清四郎役の子にも、美童役の子にも、これまではわたしは何の悪感情も持ってなかったのに、こんなイメージ違いを持ってこられたんじゃあ、「あ゛あ゛あ゛ん゛??」と思っちゃいますよ・・・

悠理、野梨子、可憐の女子チームは思ってたよりはOKといえるかもしれません。
特に悠理は「ちょー美少女なうえにボーイッシュな魅力も必要だからなあ・・」と心配してたのですが、写真を拝見しました限り、ハーフっぽい美形(実際ハーフさんらしい)だったのでホッとしました。(ボーイッシュ=上*彩とか出されたらどーしよーと思ってたので)
野梨子役の子は、あ~なんとなく予測がつく感じです。髪長いしね(それだけかい!)「東京タワー」でもこみちの恋人役だった子ですね。
可憐の子は、まあ、モデルさんって感じですね。可憐はイケイケなので(笑)一番演じやすいだろうし。

もちろんイメージピッタリバッチグー!ってのはハナから期待してない上での意見です。ましてや演技力となると・・・どうなんだろうなあ・・・・

最近ドラマといえば<マンガ原作>ばっからしいんですが、その原作を知らなければキャスティングの違和感は気にならないし、まあだいたい今どきドラマ化されるマンガの原作をわたしが知ってるわけもないので、心穏やかに見られるんですが(<花ざかり>だって見てるよオバチャン。テレビドラマをこんなに見てるの、わたしの人生始まって初めてですわ~。娘が見るから一緒に見てるだけなんですけどね・・・)、

やっぱ原作知ってると(特に好きで読んでた作品だと)、キツいな~・・・
(といいつつ、見てしまうだろうけど・・・)
これを考えるとドラマ版「動物のお医者さん」は、充分イケてたよな~。。。

ちなみに「働きマン」もドラマ化だそうです。キャストは菅野美穂。もこみち。だそうです(原作読んでないので、あってるのかどうかはわからないですが・・・)

SONY MDR-KE30LW

MP3プレイヤーはとても使い勝手がよいのですが、唯一の悩みが
<インナーホンのコードの収納>
でした。
聴いてるときはいいですが、仕舞うときが困る。
しかたなしにプレイヤー本体にぐるぐる巻きにしておりました(ぶさいく)。
耳掛け式のヘッドホンなら、巻き取り式のがあるのですが、
耳掛け式はどうも好かないのです。ワタシ、聴力がイマイチ悪いので、あれだと結局音量を大きくしないと聞こえなくて、結果、周りに音モレしてしまう。マナー違反です。
目立って恥ずかしい、てのもありますし。
インナーホンで巻き取り式があればいいんだが・・・しかし探してもないな~と思ってたところ、

ジョー*ンをぶらぶらしてるときにハッケーン!
SonyのMDR-KE30L という商品です。

<左>{}

コードが長さ調整・巻き取り収納できるのです。
キーリング部分にMPプレイヤーをぶら下げることも出来ます。それをそのままカバンやベルト通しにセットできるというわけですね。
巻き取り部分がMP3プレイヤー本体に比べると大きいので、実際コンパクトかどうかと問われると、感じ方は人それぞれかもしれませんが、
しゅるしゅる~っときれいに収納できるのでとても気に入っています。
巻き取り本体の部分を全体的にラバー素材ぽい手触りに仕上げてあるので、接触することによってプレイヤーにショックを与えるということもなさそうです。
気になるお値段は1980円でした。
MDR-KX70LWという上級機種もありましたが、値段が全然違ったのでわたしはこれで充分です。

<左>{}
とりあえず、目立たない(?)ホワイトにしました・・・ブラックでもよかったかな・・・暑い時期はどうしても涼しい色に目が行きますね(^^;

高校2年の冬休み、お年玉で買った人生初のウォークマンがこれでした。

<左>{}
近所の電気屋にこれしかなくて。デカくて重いヤツでした。83年のモデルだそうです。この頃流行ったヒットソングは
*Every Breath You Take/The Police
*Billie Jean/Michael Jackson
*Let's Dance/David Bowie
*君に、胸キュン。/YMO
ですって。ふぇぇ~~懐かしいのぅ。
ウォークマンの登場は画期的だったなあ。ラジオのエアチェックで増えていくカセットテープ。マクセルをよく買ったかなあ。あとはDENON、TDKかな。FM雑誌、カセットレーベル、インレタ、なんかは必須アイテムでした。あの頃はマメだった(遠い目)
今じゃカセットテープも要らないし、FMも聴かなくなって・・・ヒットチャートもわからなくなりました(^^;
何よりプレイヤー自体がこんなに小さくなるなんてね。あの重いウォークマンをどこへ行くにも持って行ってたあの頃のわたしに教えてやりたい。
「そんなちっこいもんにLP何枚も入るわけないやん」って信じないだろうけど(笑)

脳内フェチメーカー

巷で評判の「<リンク:http://maker.usoko.net/nounai/>脳内メーカー」、意外に当たってるのが面白いのですが、
「<リンク:http://maker.usoko.jp/nounai_feti/>脳内フェチメーカー」ってもあったので、声フェチを自認するワタクシ、果たしてその通りの結果が出るか、チョイとやってみました。

ハンドルネームの”tallulah”でポチッとな。
結果。

<左>{}
<特大><太><色:#ff0000>髭フェチやったんかアタシ!!!Σ (゚Д゚;)

いやしかしそんな傾向、ないと思うんだが・・・・
むしろ髭剃りあととか、苦手だしなぁ。いっそクマみたく生えてればそれはそれだけど、フェチってわけでは・・・

(*゚ロ゚)ハッ!!
もしかして、これか??これがそうなのか??

<左>{}
ううーん、自分自身気づいてない髭フェチな部分が、これに惹き付けられていたのか・・・

しかしいくらなんでもヒゲ100パーセントつうことはないだろう、ということで、
本名(名前のみ、英字小文字表記)でやってみました。すると・・・

<左>{}
おおー!これはイイ線行ってるかも!
声はもちろん、指フェチと匂いフェチも確かにありますねー。
娘の匂いをかぐの好きだしなー。子供っぽいイイ匂いがするときはもちろん好きだけど、なんだか珍妙な匂いがするのもまたタマランものがあります。
(しかし何をどうしても「髭フェチ」は入ってくるのか・・・)

さらに本名(名前のみ・漢字表記)でやってみると・・・

<左>{}
あー当たってる当たってる。尻は大事よねー{ハート}
脚も大事。髪も大事よ(ハゲててもね)

しかし何をどうやっても、「髭」は付きまとうのね・・・
まあある意味、これ

<左>{}
はワタシの一生を決定付けた感はありますけど・・・ヾ(゜▽゜)ノ アハハ・・・

ストリート・オブ・ファイヤー(ネタバレありあり)

どうもアメリカ産の青春映画が好きでないので興味すらなかったのですが、先日深夜に放映してたのを録画しておったのを見てみました。
古い映画の上、予測がつきまくりの映画なので、ネタバレありありです。
未見の方はご注意ください。すみません。

<左>{}("風とともに去りぬ"みたいなポスターデザイン)


音楽にジミー・アイオヴィンと、ライ・クーダーが参加しててビックリ。この映画では実はダイアン・レインの歌の吹き替えの1曲にマリア・マッキーが使われてるのですが、アイオヴィンつながりだったわけですね。しかしライクーダーもとは。ライクーダーは意外に80年代映画で儲けてたのですね(笑)

80年代映画にありがちな「ず~~と曲がかかってる」という、マコトうるさい映画です。いきなりのライブシーン。これが長い。マジで一曲ご披露です。そして歌が終わったと思ったらすぐに乱闘。これがまた派手なこと!そんなこんなで敵グループにさらわれるヒロイン。いやーこれはどう見ても

<特大><色:#ff0000><太>大映作品のノリ

彼女を助けるのが、別れた彼氏のトム・コーディ(マイケル・パレ)。アラッ、今までマイケルパレの顔なんてマトモに見たことなかったのですけど(オヤジスキーだから)、サラッとした甘いハンサムじゃないですか(ただしヒゲは剃ってほしい)。

<左>{}
80年代俳優=暑苦しいハンサムとばかり思ってたのですが、どうやらわたしも思い違いだったようです。いやそれどころか、これに比べれば映画界は今の方が絶対的に暑い顔が多いです。ううむ。地球温暖化も進んでいるけど、ハンサムの温暖化も急速に進んでいるのか。これはわたしのような寒い顔派には由々しき問題です。
オーシャンズ13なんかポスター見ても暑い系ハンサムばっかで、まったく見に行く気になれませんもの~。

それはともかくとして、もうひとりの目玉、デターーーッ!!

ウィレム・デフォー!!

<大><色:#ff0000>わっかーーーーーーーっ!肌しっろーーーーーーっ!くちびるあっかーーーーーっ!

革つなぎを素肌にまとう姿・・・ウワッなにそれ?魚屋さん?(爆)
そのつなぎから見えるつるんるつんの胸(彼は腋毛もないそうです。体毛が薄いのねーヨイわー)、ぬめぬめした顔つき、すっごいヘビっぽーーーい!!
ヒロインはこのデフォー演じるレイヴンという暴走族のヘッドに誘拐されるわけですが、素直じゃないコーディーは「金のため」と言い訳をつけて彼女を助けに行きます。金の出すのがヒロインの現在のパートナー兼マネージャーのキューピー野郎。アンタ一体いつの時代のマネージャよ?!というくらいダサいファッション。しかも腰抜けでイヤな野郎です。見た目といい性格といい、ギャグ以外の何者でもありません(それだけにこの俳優さんがイイ味出してるつうことですが)。
いっやーん、アタシがヒロインならこんなぶさいくよりも変態ファッションのデフォーさまのほうがイイわ~~。

ヒロインであるエレン・エイムを演じるダイアン・レインはとてもきれいでかわいく素敵です。ただヒロインとしてのキャラが弱い気が。歌ってるかさらわれてるか逃げてるかだけで。なにより音楽に対する情熱が感じられないのが残念。「どうやったらあんな曲が書けるの?」「マネージャーがどこからか買ってくるの。わたしは歌うだけ」ってなあ。素晴らしいとされるシンガーのいうセリフじゃないよ。
マイケルパレのおねーちゃん役の女優さんもきれい。個人的に好みのタイプです。
助っ人として協力する軍隊上がりの女性、マッコイが結局謎の存在なのですが、彼女がヘンに横恋慕してきて湿っぽくなったらイヤだな、と思ってたのですが、それはなかったので良かったです。ヒーロー&ヒロインの恋物語より、ヒーロー&マッコイの男女間の友情の方が美しかったりして(笑)

最大の盛り上がりどころ(のはず)、決闘シーンで使われるのはなんと”つるはし”!!爆笑ですよ!デフォー様つるはし似合いすぎ。炭鉱夫にしか見えません。
しかも意外にアッサリ決着がついちゃう。(そういや助け出すシーンもアッサリだった)。圧倒的にコーディーが強いんだもん。ダメよ~ヒーローは追い込まれてギリギリのところから復活しなきゃ!悪役は息がかかるくらいねちっこく責めなきゃダメ~!もっとぬめぬめとねちっこくコーディーを責める見せ場がほしかったですねぇ。そりゃもうやらしいくらいにやってほしかったわ。そういえばせっかくヒロインをさらったのに、結局何もしてないしなぁ。
でもまあそういうのがないからこそ、一般受けしたのかもしれません。わたしにはチョイと物足らないのですが・・・

ファッションといい音楽といい、もう80年代テイストたっぷりです。知らない曲でもすぐ耳に馴染みます。そして知ってる曲は好き嫌い関係なしに記憶している。流行ったなあこの曲。確か日本でもカヴァーしてドラマに使われてなかったっけ?
音楽への評価がとても高い映画らしいですが、個人的にそこは戴けませんでした。ポップでキャッチーな曲は好きなんですが、大仰な曲は好みではないのです。ま、だから公開当時、全く見たい気にならなかった映画なわけですが・・・
端的に言えば「プロモーションビデオの90分版」てカンジでしょうか。80年代ならではのノリを楽しむことは出来ます。
この設定を日本に移して、何度もさらわれたり決闘したりヒロインにもライバルが出てきたりしてのサイドストーリーをもっと作ってテレビドラマ化したら、40代にウケないかしら?
「あ!これってストリート・オブ・ファイヤーや!」ってモロわかるような設定で(笑)

飼いたくないわけではないのですが

前々から娘が犬を飼いたいと言っていたのをずっと無視してきたのですが、
ここ最近、(小学3年生という時期のせいか?)まわりでわんこやにゃんこを飼うおうちが増えてきました。
で、そういうおうちで触らしてもらう機会もあり、娘がまた犬が飼いたい、猫もかわいい、と言い出してるのですが、
わたしも人並みに動物は好きなのですが、なんせモノグサなので飼う自信がありません。どの動物にしたって、しつけもせねばならないし、犬は特に朝晩の散歩もあるし、病気になれば病院も行かないといけないし(チワワを飼いはじめたおうちは、連日病院通いだったらしい)、もちろん最後も看取ってやらねばならない。
人間が留守にするときも、クーラーかけてやったり、暖房かけたりしてやらないとダメよね。
そこまでの愛情が自分にあるかが疑わしいのですよ。母性愛が薄いですから、ワタシ。

飼うなら、わんこはパグ、にゃんこはシャム、と決めておるのですが。
シャム猫なら名前は「ハロウィーン・ジャック」、黒猫なら「ロデム」と決めてるのですが。
(パグなら「ぶうすけ」にしたいと思ってるのですが、娘から絶対反対を受けています)
猫といえば、実家の隣に猫が飼われており、その子がシャム系の雑種のきれいな子で、よくウチに遊びに来ていたのです。猫は賢いので勝手に玄関を開けて入ってきます。わたしはよく無理矢理自分の腹の上に載せて猫の心地よい重さを満喫しておりました。そして帰りたくなると「玄関を開けろ」と催促し(なぜか帰りは勝手に帰るということはしない)、見送らせるのです。
残念なことにその子は、飼い主の車の下にもぐっていたとき、気付かず発車した車に轢かれて死んでしまったのですが。
(死んだという話を聞く前に、ウチの父がその子の夢を見たので、そういや最近こないなと思って隣家に訊くと、そういう事情で死んだとのことでした。最期の挨拶に来たのでしょうね)

娘が生まれて、ああ、子供のカラダって、猫のカラダに似てるなあとよく思いました。
腹の上に乗せた時の重み、少し成長した頃のカラダの柔らかさ、抱いたときの細い骨の感触。そっくりです。子供の肌がすべすべしてるのと、猫の毛のすべすべした感触も似ています。
相変わらず娘が抱きついてきたりするときにその感触を楽しむのですが、ああ、骨ががっしりしてきたなあ~とか思うのがちょっと残念です。あの猫っぽい柔らかさがすこしづつ失われてきてる感じがします。

という気持ちのせいか、にゃんこもイイな~と思うのですが、しかしなぁ。ダンナが余り猫好きではないので、ムリっぽいです。
わたし自身、犬にせよ猫にせよ家の中で動物を飼う、ということに免疫がないので、そこからの意識改革も必要な気がします。
娘がひとりっ子なので、動物を飼えば寂しくなくていいかなあ、と思う部分もあるのですが・・・でも世話をするのはわたしですからねぇ。娘もダンナも、結局「エエトコどり」にしかならないでしょうから、アテには出来ないのです(だから余計慎重になります)。
やはり命ですしねぇ。いいかげんな気持ちではちょっとね。
いきなりどこかからか託されたら引き受けちゃうかもですが・・・(んーでもなあ・・・)



でまあ、全く関係ないのですが、こないだジェレ様の写真を見てて、「ああ、この人に飼われる猫になりたいわぁ~~」と思ってしまいました。
ジェレ様にかわいがられて、台本を読むジェレ様の横にピッタリくっついて、美しい横顔とお声を堪能するの{ハート}ジェレ様がガールフレンドとか家に連れてきたら、シャーシャー言って追い返してやるのだわ。でも「これは」と思った女性を連れてきたときは、悲しいかな猫の身なので、ひっそり2人きりにしてあげるのです。
そしてジェレ様より早くおばあちゃんになってしまって死期が近づいたときに、ひっそりと家を出て、彼に知られない場所で死んでいくの・・・・美しいわ~~{キラリ}

・・・・・

アホかアタシ。

ちなみにレイの飼い猫になんかなりませんことよ!そんなことになったらどんなオンナもかたっぱしから追い返して、100年生きて<リンク:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%AB%E5%8F%88>猫又になって、レイの精を吸い尽くしてやるわ!!!シャーッ!!

Black Magic Woman

ミーハーファン御用達になるのでは?という、こんなサイトを見つけました~。
<リンク:http://www.astrotheme.fr/en/index.php>
Astrotheme

有名人の<ホロスコープ>が公開されている、占星術のサイトです。
フランス語or英語表記なので、何が書いてるのかはサッパリわかりませんが。
自動翻訳を使えば訳せますが、具体的話題のインタビューとかではなく、抽象的な占いなので、自動翻訳では話がわからない・・・・自力で辞書使って訳すしかなさそうです。(そこまでする価値があるかどうかはアレですが)

しかし!!

そんな英語力のないわたしにも、ひとつだけ!すごく貴重な情報がゲットできるのですよ!
それは・・・

生まれた時間!!

もちろん早速調べたのはレイ・デイヴィスさんのホロスコープなのですが、午前12:20 生まれだそうです。
疑りぶかいワタシは、誕生日ならともかく時間まで流出してるモンか?!生まれた時間がわからないときにホロスコープを作る手段として真夜中にしてるだけじゃないのか?と思ったのですが、ホンマにわからない場合は<12:00 PM unknown>とされるようなので、unknownでない場合は、ひとつの可能性としておけるのではないか、と思えます。
(キース・ムーンやスティーブン・タイラーが「unknown」と書かれてました)

あとですねぇ、
Popularity: selected 1096 times, 2019th man, 3474th celebrity
つうのが出てくるんですが、人気度ってことは、1096回(人)に調べられて、これは男性セレブとしては2019位、セレブ全体としては3474位てことなんでしょうかねえ。
何人がこのサイトにセレブとして登録されてるのかわからないので、この数字がどうなのかもわかりませんが・・・
(ちなみにブラピは男性3位だそうですが・・・ハハハ・・・)
ワタクシひとりでがんばってレイのサーチ数を上げる!という方法もありですが、何を思ってそこまでせねばならんのかという疑問が残りますしねぇ・・・
ま、歴史上の人物も含んでの数字のようなので、深くは考えますまい。どうやったってジーザス・クライストには敵わないだろうしね~。

ちなみにデイヴは午前1時、ジェレさまは午前2時、ボウイは午前9時15分生まれ、ジャッキーとマリアちゃんとジミー・ヴォーンはunknown、王子やダンちゃんはまるっきり掲載されておらずでした。この2人はいつもこういうセレブなサイトでは取り扱ってもらえないんだな~ようつべでは投稿てんこ盛りだというのに。

ユーザー登録すれば、自分のホロスコープも作成出来るようです。相性占いとかも出来ればいいのにねぇ。それが何かの役に立つわけではないですけど(笑)
中学生くらいの頃、星占いに凝ってて(若い娘にありがちなパターン)、そのころはこういう個人のホロスコープの読み取り方も一生懸命勉強(?)したんだけど、もうサッパリ忘れてしまいました。占いは当たるも当たらぬも八卦、だと思いますが、そういう飽きっぽいところは獅子座らしいかなあと我ながら思います(笑)

キラキラ王子さま

やっと夏休みもあけました!
はー長かったわ。もうエエわ。いらんわ夏休み。
さあ、この1ヵ月半出来なかったことをしましょう。朝飯代わりのコーヒーを飲みながら洗濯機を回して、まずはyoutubeの検索よ。



<特大><太><色:#ff0000>ギャーーーーーーーッ!

いっやーん{ドキドキ}王子ったらステキ{ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}
御髪に隠れてお顔が見えないのが逆にソソるわ!!(*゚∀゚)=3 ムッハー!!
きれいな金髪よねぇ・・・{キラリ}ホント、王子さまみたい・・・{キラリ}{キラリ}{キラリ}
まあなんと邦訳が付いてるじゃない。なんて素晴らしいビデオなのかしら。
なになに・・

<色:#0066ff>「車はコルベット、<色:#ff0000><太>女の子・・・全てが魅力に感じられたんだ。
<太>ロックをやる前は<色:#ff0000>少し不良ぽかったしね。
大きなアンプにフェンダー。<太><色:#ff0000>男のロマンてヤツさ」

<特大><太><色:#000000>( ゚∀゚)・∵ブハッ!!

車似合わないなあ。王子に似合うのは白馬よ。王子だから。
それに”女の子”って。そこらの女の子より王子の方が<大><太>ずっときれいだったろうに。
しかも不良ぽかったって(爆)本人がそう思ってただけで、近所のオバチャンからは「ジョンソン医院の品行方正でハンサムな坊ちゃん」で有名だったんじゃないかしら(爆)
"男のロマン”て。マロンの間違いじゃないの?もうっ、甘栗剥ちゃうわよっ{ハート}
男のロマンどころか、某2ちゃんねるでは”エリックは乙女"って言われてるんだけど(みんな考えること同じやなあ)。
微笑ましいなぁ王子。ツッコミどころ満載すぎ。ホンマ天然モノやなぁ{ラブラブ}

それにしても王子はアコギも素晴らしい。これからの季節にピッタリなカンジだわぁ{キラリ}
これはJeff "the Skunk" Baxterという人の、ロックの歴史、みたいなビデオのワンカットらしいです(王子の横で弾いてるオッチャンがそのバクスターさんと思われ)。
初めて知りましたこの映像。やっぱようつべはお宝映像の宝庫だわぁ。やめられん。

追記:ジェフ・バクスターってどっかで聞いたような、と思ってググってみたら、スティーリー・ダンの人?これはHistory of Rock & Rollというビデオのワンカットのなのかなあ?
王子の日本サイトにも書かれてないわぁ。謎です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。