スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュー・ポリス・ストーリー香港国際警察

香港国際警察 NEW POLICE STORY 新警察故事

nps_convert_20090124122139.jpg

金曜ロードショーで放映してました。モチロン前にも見てるんだけど、やはりTVで放映されるなら見ねばなるまい。

あ~よかった!めっちゃおもしろかった!やっぱジャッキーはイイ!すごい!カッコイイ!と力いっぱい思わせてくれました。
金持ちのボンボンたちがゲーム感覚で起こす凶悪事件という、もしかしたらあるんじゃないの的な、今っぽい設定で、ジャッキーの映画にしてはかなりシリアスなほうだと思います。初めのほうで部下たちがいっぱい死んで、恋人との関係も悪くなって、泣いて飲んだくれてボロボロです。初期のジャッキー映画のようなろくでなしっぷりです。そして初期のジャッキー映画のようなあだ討ちストーリーです。部下の死に傷つき顔を真っ赤にして泣くジャッキーの表情が痛々しい。やめてェ!もうそれ以上殺さないでェ!思わずこちらも力が入ってもらい泣きです。「みんな一緒に帰るんだ!」死んだ部下を台車にみな乗せてせめて運び出そうと必死になる姿は号泣です。自称新しい相棒(ニコラス・ツェー)が来ても、もう戦う気力を失ったジャッキーはダメダメです。なんてしつこいダメダメっぷり。しかしこのしつこさが香港映画。しつこいからこそ、後の大活躍が生きてきます。がんばれジャッキー!馬鹿ボンボンに負けるな!

nps3.jpg
制服姿に萌える。

当時50歳のジャッキーですが、アクションがすばらしくキレがあり、共演の若い役者たちなんかものともしない身のこなしの美しさです。なんてかっこいいんだジャッキー!壁を登る、降りる、飛ぶ、跳ねる、転がる、落ちる。もう自由自在です。すばらしい!美しい!感動のあまり思わずTVの前で拍手をしてしまった。馬鹿ボンズの中の、格闘野郎はアクションも上手く、レゴショップでの2人のアクションシーンは見ごたえありました。そのほかにも、街中を走り回る暴走バスがビルも車も電話ボックスもこれでもかというほど破壊しまくる!そして乗客を救うためそれを追うジャッキー!大ケガギリギリのスタントがイイ!やっぱアクション映画はこわさなアカンよね!一歩間違えれば大怪我だろう、というスタントを次々やってのけるジャッキーはやっぱりカッコええ~~
バカボンズのリーダーも、イカレた哀れなボンボンさが出ててよかったです(ダニエル・ウーという役者さん)。新相棒とジャッキーとの逸話も、ありがちながらやはり感動します。ウンウン、やぱりジャッキーは正義の味方なのよ!デスノートが落ちてきても絶対使わないタイプの人間なのよ!ちなみにアタシは使っちゃうけどね!
ジャッキー映画のわりには笑いがほとんどなくとてもシリアスなので、そこが気に入らない御仁もおられましょうが、そこを補って余りあるほどアクションがすばらしいし、ドラマとしてもイイと思います。ハリウッド映画で、"アメリカ人が望む中国人(ブルース・リーのように無表情で強い中国人)"を演じさせられてるときのシリアスさとは全然違うシリアスさです。ジャッキーが悲しみ苦しむ表情はもう、うををををををを!とキます。悲しみで顔が真っ赤になるのもいいし、悲しみのあまり力が入って手の甲が真っ赤になって血管浮き出てるのはもー、のをををををを!とキました。

nps2.gif

相棒が着てるコートが踊る大捜査線の青島を髣髴とさせるとか、アレ?よく聞いたら音楽もちょっと踊る大捜査線ぽくね?、とかそういうことは思っちゃいけません。「そんな爆弾はないってw」とか「ああ結局あだ討ちかぁw」とか、いちいちツッコんじゃいけません。それはウチのダンナです。うるせェ黙って見ろボケェェェェェ!!

やはり映画はのめり込んで観てナンボやなあとしみじみ感じました。出てる俳優が好きで、しかもその俳優が演じるキャラに感情移入できれば最高におもしろく感じられますね。フィクションとわかって一喜一憂するのはオトナゲないけど、オトナゲないことが実は一番楽しいよな。
DVD借りてきてもっかい、ひとりで思う存分盛り上がりながら観ようと思ってます。
スポンサーサイト

テーマ: 映画感想 - ジャンル: 映画

学級閉鎖。後半は「大阪ハムレット」マンガの感想です。

娘のクラスが学級閉鎖で、今日休みです。
今週入って、お休みの子が多いとは聞いてたのですが、
昨日の10時半に担任から連絡が入り、給食食べて掃除して?2時半ごろ帰宅。
2時半やったらもー、いっそ5,6時間目もしたらええやん!と思うのですが・・・
そんなこんなで娘、家にいます(--;ぐぞう。
アタシ今日は「大阪ハムレット」を見に行く予定やったのに!!!

osaka.jpg

シネリーブルは2つの映写室で、4つの映画を上映するので、
場合によっては見たい映画の上映終了時間と、娘の帰宅時間の都合が合わないこともあるんですよ。
朝早いならいいけど、夕方から上映とか、夜だけ上映とかはもー、完全無理。
12時台から上映だと、レディースデーは無理。でもセコいから1000円でしか観ない(だって1000円と1800円じゃ全然違う)。金曜の会員デーなら6間授業やから観にいけるけど。
「ラースと、その彼女」も観たいし、しかもこちらのほうが上映終了が迫ってきてる(だろう)から、まずはこちらから攻めねば・・・あ~予定が1週間ズレるとめんどうだなあ・・・
それはともかく、学級閉鎖ですよ。初めてですよ。
休んでる子全員が全員インフルエンザじゃないだろうけど、このあたりの子は野蛮丈夫なのか、今までこういうことなかったんでビックリです。
そんな中でもウチの子はさらに野蛮丈夫なのか、インフルエンザのイの字も感じさせないですが。
マップ見ると、大阪は警報が出てるのねぇ。とりあえず手荒いうがい、励行ですね。

「大阪ハムレット」映画を見に行く前に、原作をおさらいしておこうと思ってコミックスを読みました。

osaka2.gif

森下裕美って絵が上手いよなあ~、初め見たときはこれまでの絵柄と全然違ってかわいくないのでビックリしたんだけど、すごいなあーこの数少ない描線で、この写実感。しかもモブにまで手を抜かない、人物の描き分けの上手さは無限かと思わせる点は、ノーマン・ロックウェル級。「カトレアモーニング」のママさんなんか、ホンマにおるよ。見たことあるもんあんな顔のおばちゃん。
子供が見せるおびえや怒りは、奈良美智の絵に通じるものを感じました。「オードリーの家」のセイラちゃんや、「この世界の女王」のよしのちゃん。
このマンガには大人がたくさん出てきます。年のせいか最近なにを読んでも、主人公(少年少女)目線ではなく、その親目線で読んでしまうのですが、このマンガは不思議とそれぞれ主人公の気持ちになって読めてしまいます。
岸和田のカンカンモール、天保山、新世界、環状線、フェスゲ、ユニバなど大阪の名所(?)が背景にちゃんとわかるように描かれてるのも大阪人には嬉しいところ。
ストーリーは大きなくくりで言えば「人情もの」なんですが、時々どこか残酷な部分や、言ってはいけない部分も入ってるのがこれまで読んできた森下作品と共通するところかなあ、と思います。
「おもろうて、やがて哀しき」という言葉がありますが、そうやなくて、「かなしゅうて、やがておもろき」ってのがホンマやないかなあと思うんですよ。ホンマは悲しいことなんやけど、いつの間にか笑える話になってもうた、みたいなね。ワタクシごとですが、キンクスの歌世界ってそういう感じがすごくするんですよね。そこがすごく好きなんですよ。


(以下「大阪ハムレット」原作感想です。ネタバレありですので原作読まれた方だけどうぞ・・・)

テーマ: 主婦の日常日記 - ジャンル: 日記

「ラブ☆コン」と「ハツカレ」と「シェイプアップ乱」

古本屋でゲットしてきたマンガ読みにいそしんでます。
しかしトシのせいか?昔より読むのに時間がかかる。小説のほうが速く読めてる気がする。

「ラブコン」アニメにすっごくハマってて、ずっと原作も読みたいと思ってました。
アニメもおもしろかったですが、やはり原作のほうが時間の流れがスローに感じられるせいか、丁寧なカンジがしてよかったです。
身長が低い(157センチ)男子と高身長(172センチ)女子という、お互いが一番コンプレックスに思ってることが、お互いを知り合わせ結びつけまたその発展をジャマをするという関係の恋物語なのですが、
少女マンガに付き物の、女同士の友情も上手く絡ませて、そういうところも実に心地よく読めました。

リサの振られてもメゲない、自分が好きなんだから、諦められないんだからアタックし続ける!みたいなオープンで前傾姿勢な片思いというのは、今は主流ですが、昔の少女マンガにはあまりなかったパターンです。実際問題それは相手にとってどうなんだろう?な感もないではないのですが、相手の大谷クンがまた、他の女の子には爽やかで物分りがいいくせに、リサに大しては最初ッから遠慮なしに好き勝手わがままで、読んでて「リサは大谷のどこがエエんや」と思わせるんですが(笑)、そこで「猛烈アタック女子」と「ワガママ男子」のバランスが取れてるように感じます。特にいいのは、リサの思いが通じて彼氏彼女として付き合い始め、大谷の受験が佳境に入ってくるあたりですね。ここのリサの「耐えるオンナ」ぐあいが実にイイ。それまで好きの一念で暴走してたリサが引き、イロイロあって大谷はリサの大切さをだんだん自分で意識し始める。終わりよければすべて良し、で、むしろ時間をかけてリサを好きになったことが、単細胞の大谷にとって帰ってよかったのではないかしらと思える結果になっています。
・・・でもアタシとして大谷クンより、親友・中尾っちのほうが断然タイプです(笑)地味だけど穏やかでやさしく、いち早くその場の空気が読め、それでいて自らの物事には執着しない和やかな性格。エエわぁー。17巻の番外編(中学時代)を読んでますますそう思ってしまいました。
小堀クンもかわいいよなあー。作者さんは絶対、チビできゃわゆいルックスの男子がお好きね(笑)
それにしても、手前味噌やけどやっぱ大阪弁はエエなあと思わせてくれるマンガです。原作者さんが大阪人なのでしょうが、なんちゅうかな、大阪弁の響きが恋愛の恥ずかしさやダサさを上手く演出してるんですよねえー。
スッキリした絵柄と、ギャグのデフォルメは最高ですね。リサのフナ顔は何度見ても可笑しい(笑)
ちなみに実写版の大谷クンは小池徹平くんでした。ちっちゃいしかわいいし大阪弁ネイティブやし、これ以上はないくらいピッタリ!
アニメのエンディングはテゴマスでした。これも好きだった。最近のジャニタレさんは歌が上手い。まっすーかわいいよな。

「ハツカレ」これもマーガレット原作なのですね。
電車通学の途中で、男子校の男の子・ハシモトくんに告白される女子校育ちの女の子・ちひろ。ギャー!なんて現実にありえない設定!その男の子がまた背が高くてシャイなイケメンだなんて、さらにさらにありえない!しかしこのありえなさこそがまさに少女マンガの王道。てことでずっと読んでみたかったのです。
しかし読んでビックリ。異性に免疫のない高校生同士が、もどかしくもだんだんカップルらしくなっていくというような、嬉れし恥ずかしそれでいてのほ~んとしたマンガなのかなあと思ってたんですが、
もうね、主人公カップルはどうでもいい!どうせアンタら好きおうてんねんから、もう勝手にしたらエエやん!問題はちひろに横恋慕するイブシと、そのイブシのことが好きなちひろの親友・ちゃーちゃんの行方です。てか、ちゃーちゃんケナゲすぎ!対するイブシのどこがそんなにいいのか、オバチャン理解できません。イブシちょっと精神的にオカシいヤツに思えるのはアタシだけか?
ちゃーちゃんにものすごく肩いれしてしまって、主人公のちひろには全く感情移入できませんでした(^^;純情純情といっても、ちひろは結構言いたいこといってるしね。そういう点でももどかしさがあまり感じられない。しかしそれは作者さんのせいではなく、単にワタシがオバチャンであるが故のジェネレーションギャップでしょう、単純に。
ハシモトくんは、ティーンエイジャーの女の子が彼氏として夢見る、プロトタイプのような男の子ですね。背が高くてイケメンで、でもシャイでロマンチストでスレてない。反面、繊細ゆえに暴走したりけっこうウジウジしてるという問題点も(笑)趣味がバイクっつうーのはなんか昔のマンガっぽいなあとちょっと思っちゃいました(^^;オバチャンとしては、高校生はバイクで2ケツよりチャリで2人乗り、のほうが情緒があって好きだな~(笑)
ちなみに実写版のハシモトくんは細田よしひこさんだそうです。DMCのジャギさまやん!(大爆)

さて、バリバリの少女マンガのタイトルを並べた後に、なぜ「シェイプアップ乱」なのかと申しますと・・・

ワタシはジャンプを毎週買いってしたことないので、シェイプアップ乱も、出先(歯医者とか病院とかの待ちあい)のジャンプでたまに読む、というくらいでした。でも下品ネタばかりのわりには読みやすくて、おもしろいと同時にかわいらしさを感じさせる点が好きなマンガだったのです。、そして、これって自分が小学生~中学生のときのマンガだと思い込んでました。違うのね!バリバリ80年代です。わたしが高校生になってからのマンガでした。

じゃあなんでこれを70年代モノと思ってたのか?今改めて読んで理由がわかりました。

スッゴク70年代少女マンガっぽいの!!絵柄も含めて。

これってギャグマンガじゃなくて、ラブコメ(+人情モノ)だったんだぁ~と気づきました。乱ちゃんと左京くんのモジモジっぷりは、前出のハツカレに負けていません!やっぱ昔のマンガはいい!恋愛はこうでなきゃ!と思ってしまう。
キャラ設定もいいですね。元気でかわいい乱ちゃん、かっこいいけど純情な左京くん、お嬢さまで美人のひろみちゃん、そしてなにより宗一郎さんの存在が秀逸。当時は「いったい宗一郎さんは何のために出てるんだろう・・・笑」と思ってたのですが、この宗一郎さんの「実はやさしくて頼りになるおにいさんっぷり」が、少女マンガっぽさをまたかもしだしてるなあ~と思います。
今読むと、左京くんより宗一郎さんのほうがイイ男なのねぇ~。頭いいしやさしいし、男の余裕を感じさせます。下半身には全然余裕がないみたいだけど(笑)

そして何より驚くのは、今、娘がメッチャこの「シェイプアップ乱」にハマってることです。シモネタがない回はないし(普段の娘はちょっとヌードシーンがあるだけで「エロい」と眉をしかめる堅物っぷり)、絵もイマドキの小学生には到底受け入れられないんじゃないかと思ってただけに(「るろうに剣心」ですら「絵柄が古い」と言ってのける現代っ子ですから)、ビックリでした。ギャグがおもしろいと感じてるだけかと思ったら、ちゃんと乱ちゃんや左京くんのかわいさも理解し、「黙ってたら宗一郎さんだってハンサムなのにねえ~・・・」と同情?する始末。
ハマる娘の姿を見てると、「こんなシモネタだらけのマンガ、読ませてていいのかな~」と逆に不安になってきました。しかしいまさら取り上げるわけにもいきません・・・(^^;
まあこのマンガで大人の世界を垣間見ちゃうのも、悪くはないかなと思いますが(笑)

テーマ: 主婦の日常日記 - ジャンル: 日記

痛ンブラー!

前に、こんなの↓作っちゃった(つω`*)テヘッ なんて言ってたんですが、
ejmug_convert_20090117044211.gif

やはり世のヲタクという人種は、ジャンルに関わらず同じことを考える傾向があるようで。
2次元オタクの方々は、スタバの「クリエイト・ユア・タンブラー」(通称クリタン。喰いタンみたいだな)という、中の絵柄が変えられるタンブラーを使って、
いわゆる「萌え」なタンブラーで楽しんでおられるらしい。

ita1.gif
(今回は痛い画像が多いので、サムネ利用しています。それぞれクリックで拡大します)

・・・スゲェ・・・・
そして世間ではコレを

痛ンブラー(あるいは痛タンブラー)

と呼ぶらしい。

なんて身につまされるネーミング・・・

いやここは、アニオタさんたちばかりにがんばらせてはいけない!
ロックオタクとしてもいっちょ、体を張らねば!
ということでオバチャン、

作っちゃいました痛ンブラー!!

わたくしが使用するベースのタンブラーは、
スタバのクリタンとは違い、完全密封できる象印のステンレスマグ着せ替えタイプです。
象印のサイトに自分のファイルから簡単に台紙を作れるサイトがあるので、
とりあえずそこを使ってお手軽にやってみました。

tan5.gif tan4.gif tan7.gif tan9.gif

イギーちゃん、ジムモリソン、ej王子、ニックさんです。
うう~~ん・・・上記の痛ンブラーに負けてない・・・そもそも人選がアレか・・・
でもでもさ!これなら外で使っても違和感を感じさせないんじゃないでしょうか。
(いやそんなことないか・・・なんかもう感覚がマヒしてきてるなぁ・・・)

さてさて、実は真打がコレ!

tan6.gif

レイの「Working Man's Cafe」のジャケです!
なんてったって"Cafe"ですから~タンブラーにはピッタリでしょ!
特に、このロゴが使いたかったんですよ。
しかしこのロゴを中心に考えると、レイがあまり目立たなくなってしまったような・・・
難しいですねぇ。これはちょっと再考したいです。

でもやっぱレイのタンブラーが欲すいんだよなあ。。と考えてやってみたのが
キンクスタンブラー!!

tan8.gif

これ良くないですか?オシャレじゃない??
キンクスのカヴァーアルバムのジャケ?らしいんですけど、いいデザインです。
中心画像となってる、メガネずらしてるレイがスッゴクスッゴク、「ロンドンっ子」って感じで好きなんです。
かわいいわ~レイ。めっちゃキュート。もう世界一キュート

さて。このタンブラーをどこで使うつもりなんだろうアタシ。
映画を見に行くときにね~コーヒー入れて持っていこうか。それくらいしか用途がない(^^;
ちょっちデカいので、カバンの中でジャマになる感はあるんだけど(笑)

続きはマジで痛タンブラーです・・・

テーマ: 主婦の日常日記 - ジャンル: 日記

バーゲンダッシュ!

やっと初詣に行きました。ダンナの厄もようやくあけたし、ちょっとホッとしています。
(でもね~、実は年末の長野で、まず初日にボーダーのにいちゃんに突っ込まれ転倒、その後セルフで雪のない場所に突っ込んで転倒(今もアバラのあたりが痛いらしい)、
さらに翌日にウィルス性の胃腸炎に罹って(現地で大流行してたらしい)、39度まで熱出して下して(爆←酷い!笑うかフツウ?爆)大わらわだったんですよ。まあコレが最後の厄落としってことですね)

おみくじは大吉だったので非常に気分がよかったです。大吉なんてひさっしぶりに出たわ!ホンマ10年以上出てなかったよ!小吉とか末吉とか凶とかしか見てへん!
今年はきっと何かイイことがあるのね~期待しちゃうわよ~!!

この時期ですので、バーゲン巡りました。来年用の娘のコートとか、ブーツとか買いました。
今140サイズでほぼぴったりなので、来年用に150を・・・速いなあ、子供の成長って・・・
今年はチェック柄が最高潮に流行ってるので、子供モノもいろいろ楽しいです。タータン、アーガイル、ブロック、千鳥格子・・・チェック柄ってかわいいわ~~大好き。そうそう、新調した娘のスキーウェアも赤いタータンチェック柄なの♪ジュニア用のスキーウェアってどれも同じようなデザインでつまらんな~って思ってたんだけど、今冬はイイのが見つかりました♪
娘は背が高いわけでもないのに、足のサイズが今22.5なので、靴はもうたいがい、わたしと共有できるのです。つまり、娘の靴を買えば、わたしも履けるってことで(ニヤリ)、ついついゆるゆると買ってしまいます。
今年の買い物のヒットはコレ↓

1-14_convert_20090113150309.jpg

赤×黒の千鳥格子。中がボアなので冬の間しか履けません。もったいないからわたしも履こうっと♪
1980円と激安だったので、色チ買いしてしまいました。ダンナに怒られました(^^;
服も160サイズになったら、大人サイズもイケるようになるかしら。そうなったらもう、家にあるもの(要はワタシの)を着てもらおうかと思っていますが・・・逆に、160だとトップスならわたしも着れちゃったりするのよね。フフフ。

そして、ネットでかぁわいい~の見つけちゃいました~

1-15_convert_20090113150328.jpg

よく出来てるでしょ!ギターのヘッドの形をしたポーチなんですよ!
木目なので、パッと見、本物みたいです。サイズはホンモノより一回り大きいかな。
でも一体なにを入れればいいのでしょう。化粧品?カタチがイレギュラーだからなあ、ファンデーションとか、はいるかなあ・・・
ファスナーの持ち手がピックのカタチです。ホンモノのピックにつけ変えてもかわいいな。
フェンダータイプなので、「王子ポーチ」と名前をつけました(笑)1500円でした(ビミョウな値段)

スケジュール帳も安くなってるだろうと探してるのですが、リラックマのがない・・・
まあボチボチ探すかぁ、とカレンダーなぞも見てたら、なんかアニメのが安くなってる。
リボーンとか最遊記とかあるので、もしやと思ったら、見つけてしまった・・・・・

1-13_convert_20090113150243.jpg

そしてなぜ今、家にある?!
だって・・・500円だったんだもん!ちょっと買っちゃおうかなって気になるっしょ!(ならんか)

娘と取り合いになったのですが(笑)、リビングに飾るよ!所有権はワタシですぅー。
少年マンガのはずなのに、めっちゃ女子向けのメンバー構成です↓
(ちょっと画像サイズを大きくしました・笑)

ginkare_convert_20090114081912.jpg

勲さんがお父さんみたいでムラムラします(笑)さがるんがミョーに美形。そしてまさかの鴨!!
ヅラはやっぱりこのマンガで一番の美形です。狂乱の貴公子は桜が似合うなあ。
そして銀ちゃんがヒドい(爆)このマンガの主人公っていったい誰だっけ?みたいな(笑)

娘は「ベルトコンベアには気をつけろ」観て「近藤さんかわいいッ!」と萌えまくっていました。なんだかんだで沖田より近藤さん好きなんじゃないのか、娘。
あーでもいいないいな、アニメって。カレンダーがあるなんて、いいなあ。
レイのカレンダーもあればいいのになあ。王子のカレンダーも欲しいなあ。

テーマ: 主婦の日常日記 - ジャンル: 日記

大漁大漁♪

長野での雪景色を見ても、思いつくのは
「ああ、Sunny AfternoonのPVみたいに、この雪原にレイがいればいいのに・・・
今年の妄想第一発がコレです。変わりなく過ごしています。
その後3日の夜中に帰ってきたのですが、実家行ったり実家行ったりUSJ 行ったりしてたらヤマハに行くの忘れてたり(オマイガッ)、気がついたら昨日はもう七草粥の日でした。あっ今日ってボウイさんのお誕生日じゃね?62歳ですよ~はぴばーすでぃボウイさん(←なんかついでっぽい?そんなことないよ~笑)

bowie5.gif
(向かって左から、イギーちゃん、ボウイさん、クラウス・ノミ先生だそうです。The Venture Bros.とかいうコメディアニメに出てるらしい。それにしても思い切ったトリオだなあ・・・・)


年末にストパーを当てにいったとき、例によって美容師さんとのおしゃべりをいかにするかという壁にぶつかり、
大体そもそも普段から誰に対しても「待ち」の体制なヒトなので(新学期は机に座って誰か話しかけてくれるのをじっと待ってるタイプ)、しゃべりかけられるほうがありがたいのですが(つまりわたしの会話スキルが非常に低い)、
今回の美容師さんとは話が続かなくて困りました。ええ、もちろん四十路になってその場その場の適当な会話ができないわたしのほうが悪いんです。
関西ウォーカー読んでたら、映画お好きなんですかー最近おもしろかったのってありますかー何か観たい映画ありますがーって訊かれて、これが非常に困りました。最近見た映画&見たい映画ともに、単館上映の映画ばっかりで、つまりどうやらワタシ本来?のマイナー系を好む嗜好がまたそろそろ発動してきておりまして、最近見たのは「ヤング@ハート」と「マルタのやさしい刺繍」、見たい映画は「ラースと、その彼女」、と、どれもおよそ説明しづらいモノで、コレを最初から説明するのがめんどくさい、大体本気で映画情報を問われてるわけでないのはわかってるし、そうなると何も最初から事細かにあらすじを説明せにゃならんもんでもない、とか考えちゃって、結局、ハア、まあ、そうですねぇ・・・と、ゴニョゴニョさせて終わらせてしまいました。あーやっぱり人さまのとの会話発展用に、無難なウォーリーでも見とくべきだったか!
まったく、ホントに我ながら、会話を上手く操れなくてイヤになります。
ママ友さんとかと話してても、それがわたしが見てないドラマの話題であろうが、知らない韓流スターの話題であろうが、ジャニだろうがゲームだろうが、向こうからガンガン話してくれたほうがすごくありがたいのです。
ほんとにね、自分の中に、話すべき話題が見つからないのです。
ネットをやり始めたころは、共通の話題(80年代洋楽)が用意されてるところに、なんとなく話しかけることができてとても嬉しかったです。なんででしょうね、コレ。じゃあ実際に共通の話題が用意された場面があって、そこに遭遇したらわたしも自分から話しかけられるかというとけしてそうではないと思うのですよ。でもネットでなら、というか、文字でなら、それが出来たというわけなのかなあ。
でもまあ、ネットだから人との交流が簡単かと言うとけしてそうではないし、そこには常識も思いやりも必要だし、それがわたしになくて人に不愉快な気持ちにさせたこともあったし、なんか飲み込めないこともあったし、何度ももうネットも辞めちゃおっかなーと思ったのですが、ネットって姿を消すのはかんたんだけど、でもそうやってやめてばっかでいいのかぢぶんてのもあって、まあいまだにここにいるのですが。

長野でも宿で読む用に、4冊しか本を持っていかなかったので、宿に置いてあった「犬夜叉」をつなぎに読み始めてらこれがおもしろくて。アニメで見たときは全然なにも感じなかったのですけどねぇ。
「うる星やつら」がアニメ化されて初回放映を見たとき、「なんか原作と違って、やたらガチャガチャうるさいなあ」と違和感を感じたのですが、そうか!高橋留美子作品は、マンガそのままでもう、完成されてるから、アニメにするとうるさくなってしまうのだと思いました。うる星やつら然り、犬夜叉然り。いまさらながら高橋留美子氏の偉大さに気づきました。
犬夜叉は11巻までしか置いてなかったので、古本屋を巡って36巻まで集めました。これ、まだ完結してないんですね。全56巻の予定だそうです。うひゃ。

古本めぐりをしてたら、ようやく「ラブ☆コン」も「ハツカレ」も安くなってきてたのでこれも買い求め、
「ジャングルの王者ターちゃん」をもう1度通しで読みたくてずっと探してるのですが、見つからない。そのかわりに?同作者さんの懐かしくおもしろい「シェイプアップ乱」を見つけ嬉しくなってこれも買い、そしてやっと、デスノを全巻そろえました!やっと1冊100円に下がったよ~。
そのあと文芸書の100円コーナーを見てたらハリー・ポッターの「秘密の部屋」(2作目)を発見してビックリ。100円て。その後あちこちでハリーシリーズを見かけ、結局、1作目から「炎のゴブレット」(4作目)までそろえてしまいました。計1200円也です。安ぅ。
ずっと興味のあった「親指Pの修行時代」も上下各100円で見つけてほくほくしています。
しばらくは読むものに困らなくてすみそうです。嬉しい。

hon1.gif


年末に読んだ宮部みゆきさんの「日暮らし」とてもおもしろかったです。「孤宿の人」はちょっと重くてつらかったんですけど。「日暮らし」の程よいユーモラスさとほの悲しさとのバランスはやはり絶妙だなあと思いました。

年末に見た夢が、「望むならレイ・デイヴィスに会わせてあげますよ」といわれる夢だったのですが。そう言われたときにわたしは
(嬉しいけど。嬉しいけど!・・・でもやっぱ会うのは恥ずかしいというかなんと言うか・・・)
「いやいいです・・」と返事してしまいました。あーアタシのこの性格が、夢の中ですら邪魔をする!
敵は自分の中にありですなあ。今年はこの点を自戒したいと思います。

テーマ: 主婦の日常日記 - ジャンル: 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。