スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスター

or1_convert_20091030133319.jpg
エスター

話題作じゃないんですけど、評判がいいので見てまいりました。
第3子を流産した夫婦が、子を失なった悲しみから立ち直るために孤児院から養女を迎えるんだけど、
一見とても賢くてよい子に思えたこの養女が、水面下で次々と悪事を働いていく。
その目的はなんなのか・・・という内容です。

冒頭の出産シーンがエゲつなくて、
レディースデーだと言うのにやたら空いてる映画館の中、ひとりだったわたしは
「うお~~こえぇぇぇぇぇ・・・・・((((;゚Д゚)))ガクブル」
息をのんでおりました。
基本映画はひとりで見る派なのですが、この冒頭はちょっと後悔しました(笑)
さて、エスターとは夫婦が養女に迎える、ロシア出身の少女の名前なのですが、
白い肌に黒い髪、旧時代的なドレスといういでたちで、
ゴシックホラーな雰囲気をかもし出しています。
ホラー映画の少女と言えば美少女というのがキマリですが、
このエスターちゃんは、パッと見かわいいんだけど、よくよく見るとそうでもない。
雰囲気はすごくいいけど美少女か?・・そこは大事なとこやろ~と思いつつ、
次々繰り出されるアレな事件におびえていたのですが、
クライマックスで、すごく納得!
そうか~いやもうめっちゃわかった!うんもうメッチャ的確なキャスティング!
なんで既に2人も子どもがいるのにあえて養女をもらうのかとか、
なんでワカランかなこのダンナアホか!とか、
いろいろ納得できないところはあるし、
ホラー演出の基本である「振り向けばヤツがいる」的な脅かしが結構しつこかったりといった難所もあるんですけど、
悪魔のように邪悪で頭の切れるエスターと、
天使のようにかわいらしくそして「無力」な聴覚障害の娘(夫婦の実子)との、外見的・内面的な対照もじわじわ効いてきます。
エスターが仕掛ける事件の一つ一つのたびに、一見幸せそうな家族の闇が浮かび上がる演出もいい。なにげに張られた伏線も納得できて、その辺は爽快感すらあります。

or2_convert_20091030133550.jpg

正確にいえばサイコスリラーですね。でもエスターのいでたちがゴシックホラー風味をプラスしてて、怖さ増大です。
エンドロールの画像がこれまたグロく、最後の最後まで「うへぇ~」な気分にさせてくれます。
15禁なのが残念なほどです。ちなみに原題は「Orphan(孤児)」。
ホラー系がお好きな方にはオススメです。
スポンサーサイト

テーマ: 映画感想 - ジャンル: 映画

狼の死刑宣告

ookami3_convert_20091030120439.jpg
狼の死刑宣告

一般市民が悪に制裁を加える映画を「自警(ヴィジランテ)モノ」というのだそうです。
これは「狼よさらば」と同一原作者の本がベースだそうです(だから「狼」なのね)
邦題から湧き出る70年代の匂い&ケヴィン・ベーコン主演。
これは見に行かねば!

ケヴィン・ベーコンは不思議な俳優で、
外人にしちゃ童顔。
童顔ハンサムなんだけど、悪人顔(ていうか、変態顔)。
ハンサムだけど、バランスが悪い。
ハンサムなのに、笑顔が似合わない。
笑顔が似合わないのに、童顔。
童顔なのに、変態顔。(以下スパイラル)
イケメン役もできるし、
キチガイの役も出来る。
A級作品にも出てるんだけど、
B級映画でも手を抜かない。

てなわけでこの映画では、
幸せな家庭のお父さんの役です。
自らは会社の副社長で、美人の妻を持ち、2人の息子。
長男はフットボールのスター。
しかしこのスターである息子が、ギャングに殺されてしまう。
法に頼っても埒が明かない。
てことでお父さんは敵をとるわけです。
ここまでだと、「96時間」みたいにサクサクッと冷徹に殺していくのかと思ってたんですが、
どうもそうではないのねぇー。
かなり心は揺れ動きながら、最終的にはなんか退くに退けなくなってかたき討ちに行く感じでした。
物足らないかんじもするけど、
それはそれでリアルな気もする。
個人的にはもっとサクサクッと、鬼のように殺っちゃって欲しいんだけど、
覚悟を決めてからのケヴィン・ベーコンの演技が素晴らしいんですよ。
ケヴィンの悪人顔・変態顔の一面がすごく活かされててました。
やっぱどういう事情であれ、「人を殺す」ときは精神的にオカシクなってないとやれないと思うんですよね。
おかしくなりながらもやはり、揺れ動いてると言うか、ビクついてる面もあって、
非常にリアルな演技でした。やっぱケヴィンは巧いよなあーー。
スターの兄を持った弟の葛藤や親子間の修復もちゃんと描かれてるのがよかったです。
結局は救いようのない内容なんですが、
その救いようのなさもまたリアルかなと。

ookami1_convert_20091030120516.jpg

カメラワーク?コマ割り?と音楽がすごく70年代映画っぽくて、
ちょっとウケるやら、しつこいやらな気はしました。
特に音楽。ちょっとクドい。流しすぎ。
血がバンバン出るせいか、15禁なのが残念(?)
アクションはナマっぽくて非常によかったです。とくに駐車場でのアクションはワクワクします。

ookami2_convert_20091030120538.jpg
しかししみじみ、好みの顔だなあーと惚れ惚れしましたよケヴィン
一度近くで心ゆくまでしげしげ眺めたい顔だわぁ~~(笑)

テーマ: 映画感想 - ジャンル: 映画

パーマネント野ばら 

nobara.gif
パーマネント野ばら / 西原理恵子

西原理恵子氏についてはマスコミで紹介される程度のことしか知りません。
それもご本人自身がギャンブラーであるとか、だんなさんがアル中でごく最近他界されたとかだし、
いつも「うがー!」って感じで目をむいてる絵柄(笑)の印象が強い作家さんでした。
エッセイまんが中心あるいはギャグ寄りのマンガ作家、というような印象。

この本を本屋でなにげに手にとって立ち読みしたら、すごくすごく頷けるセリフがあったので買ってみました。
田舎町に一軒きりの「パーマネント野ばら」美容院が舞台で、
主人公は子連れ離婚里帰り中の中年女性(「野ばら」の娘)。
登場人物はほぼ女性ばかりで、みな男に振り回されてばっかり。
そういう話です(笑)
もっとガハガハしてて猛獣のようなマンガを描く人なのかと思ってたんですが、
すっごく女の子らしいんですね。悪い意味で。
でもその悪い意味での女の子らしさが、読んでてすごく沁み沁みとわかっちゃうんですよ(笑)
ところでわたしは桜沢エリカのマンガのよさがサッパリわからないオンナなんですが
(ナイナイ、絶対ナイって思っちゃうんで)
この「野ばら」の読後感は、
鏡に向かって自分の体型のぶさいくなところを見てるときのいやな気分に似ていて、
わかるだけに気持ち悪いんだけどでもわかる!て感じです。
ものすごく叙情的な部分があって、すごくそこが女の子っぽいんですけど、
あくまでも女の子っぽいのね。女性らしいのではない。
ナイーヴな女の子らしさを前面に押し出してるんですよね。そこがきもちわるい。でもすごくよくわかる(笑)
同族憎悪の同族理解みたいな読後感でした。
読んでどう感じるか、リトマス試験紙みたいですね。
桜沢エリカが好きならアルカリ性女子、こっちが好きなら酸性女子みたいな感じでしょうか(どんな感じだ)。
ちなみに冒頭で書いた「すごく頷ける台詞」とは(以下ネタバレなので伏字)
「あーアレはおらん。さがしゃぁどっかにおるもんやと思うとったけど、アレはおらん。ツチノコといっしょや」
です。もう噴いた。そのとおりやわ(爆)
他にもいっぱいいい台詞があります。
これからはわたしも好きにさせてもらお(笑)

しかし「野ばら」も「毎日かあさん」もそうなんだけど、
大人の女性たちがみな生々しいのに反して、西原氏が描く幼女はどうしてみなあんなに無垢で無邪気で可愛いのだろう。
自分の娘がMAX可愛かった頃を思い出します。(いや今でもかわいいですよ。わが子ですから。)

トヨタ博物館

家の車を買い替えました。
前はハ*エースでしてなんも不満はなかったんですが、ディーゼル車規制であと1年半しか乗れないとタイムリミットが迫ってて。
ディーゼル車規制があるなんてわかってれば買うときにもちろんガソリン車ににしてたんですが、国のやることってホント勝手というか強引と言うか、ウチが買ったあとで「大阪ではディーゼル車は2011年までしか乗れません」なんて言うんだもんなぁ・・・
使える車を使えなくさせる反面、エコカー買うなら減税ってどういうことよ。それだったら国の都合に翻弄させられるディーゼル車買い替え者にも減税しろっちゅうのよ。

新しい車は愛知県の中古車屋さんで買いました。
新しい車に乗って店を出る際、バックミラーに映る前車ハイ*ースがすごく寂しそうに見えてしまって自分でも驚きました。娘は最後まで「この車がいいのに」と買い替えに渋ってて困ってたんですが、ああ娘の気持ちもわかるなあと。
15万キロ近くも走って、あのハイエー*にはホント世話になりました。ディーゼル規制してない土地で売られるんだろうな。ディーゼルだからエンジン音うるさいけど、8人も乗れるし(お子さんの多いおうちとか、複数のお年寄りの病院の送り迎えも便利!)、電動カーテンもついてるし(車内で着替えとか出来るよ!海水浴とかスキーのときとか便利!)、いいクルマなんで、いい人に使ってもらえると嬉しいな・・・

で、新しくウチにきたクルマ。
toyota3.jpg
コレ憧れのクルマだったんですよ。
実はずっと水面下で買い替えの際の車種について夫婦間でモメてたんですが、コレは意見が一致。すごくかわいいんですよ。もう買い換えたくないなあ。

今回お世話になったクルマ屋さんは、担当してくれた営業さんがとても感じのいい人でした。当たった人がいいと買おう感も高まりますね。なんせデカい買い物だから、気持ちよく買いたい。
日帰りだけどせっかく愛知まで来たんだからということで、「トヨタ博物館」に寄りました。
トヨタ車はもちろん、アメリカやヨーロッパのクラシックカーがいっぱい展示されてます。これがかわいいんだ!!
車に興味はないんですが、クラシックカーは見てて楽しいです。なぜかというと、
「キャーvアレもコレも絶対レイに似合う!!!」
妄想の楽しみがあるからです(笑)

コレなんかめちゃめちゃ似合いそうvvv
toyota2-1.gif toyota10-1.gif
ま、レイって「後部座席のリッチマン」というよりも、「運転席の爺や」の方向で似合うんですけどね・・・(笑)
あっ∑('0'*)爺やがレイで後部座席のご主人様はジェレミー・アイアンズとかどうやろ?!うわっアカン!想像したら鼻血出てきた・・・ハナヂ(* ̄ii ̄ノ)◇フキフキ

これなんかは馬がいないのが不思議なくらいクラシックですね(笑)。
toyota11-1.gif

国産の旧車もチョーカワイイ!!
toyota12.gif toyota5.gif
toyota6.gif toyota4.gif

貴重品ばかりなのでもちろんおさわり厳禁なんですが、新館1階に2台、乗るのがOKなのがあります。
toyota1.jpg
馬車と違いがないように見えるくらい古い車だけど、さすが大金持ちしか乗れなかった時代のもんだから、今座ってもシートの具合がイイんですよ!

今、「マンガとクルマ」という企画展もやってて、頭文字Dのとうふ屋のクルマとか、マッハGO!GO!GO!とかありました。
ルパンのフィアット500。やっぱかわいい!
toyota8.jpg


さて大阪に帰ってきて翌日、春日神社で交通安全のお祓いをしてもらいました。
七五三のお子たちと修学旅行生がいっぱいいました~。
紅葉に染まる奈良公園には、鹿に追われる人たちがいっぱいいました(笑)
奈良はのどかだな~おなじ「古都」でもわたしは断然、京都より奈良派です。

「カルトの子」

コレ実は夏休み前に読み終わってたんですが、いろいろ考えてるとまとまらなくて・・・別に素人の感想なんでほったらかしでもいいんですが、個人的にスルーしがたい内容だったのです。
で、何度も足したり削ったりしたんですけど、全然まとまらない。
もうめんどうなのでこのままUPします。
結局わたしの感想文はうんこみたいなもんなんで「続き」に納めておきます。
ですが本自体は一読の価値ありだと思います。

cult.jpg

「カルトの子―心を盗まれた家族」
米本 和広:著


テーマ: 最近読んだ本 - ジャンル: 本・雑誌

パイレーツ・ロック(予告編)

ギャーーーーーーーッ!!!
なんじゃこりゃあーーーっ!!

pr2.gif

今さっき、今日の夕刊で知りました。ナニコノ映画?!
パイレーツ・ロック」という映画だそうです。
ロックモノなのね、それはいいとして、
かつてこんなにデカデカと、キンクスの名を出してくれた映画が他にあっただろうか?!
(ダージリン急行には大きく使われてたけど、アレは映画自体がこんなにデカデカと新聞広告を載せる映画じゃなかったからなあ・・・)

予告編みてさらにギャーーーーッ!



エエね!エエね!!やっぱデイヴのギターは最高やね!!!(´Д`;)ハアハア
イントロだけでも血糖値上がりますよね!さらにレイの声が入るとなんか身体中からいろんなもんが出てきますよね!(これはアタシだけか)うきゃ~~っレイ愛してるわ!!←すいません急に叫びたくなった。
なんかよくよく見たらわたしが最も苦手とする青春モノのテイストがかなり濃い映画のような気もするけど、この際もうええわ!映画館でキンクスたんのーできるだけでじゅーぶんですわ!!
「オール・オブ・ザ・ナイト」と「サニー・アフタヌーン」が使われてるようです。選曲グッジョブ!ゆりりがみをあえて外すとこ、GJ!!
(いやもちろんゆりりがみはキンクスを代表する名曲なんだけどももね)

とにかくこれは楽しみです!正直映画の中身より、サントラ目当てで楽しめそう!
キンクスとフーとストーンズの名前はあるのにビートルズがないってのが不思議と思いつつも、ちょっぴりムフフ感(^m^)
ジェフ・ベックの「ハイ・ホー・シルヴァー・ライニング」も流れるんだ・・・昔コレ聞いたとき、思いっきりずっこけたなぁ(笑)声がね、なんかベックせんせのルックスから想像してたカンジと全然イメージ違ったんで・・・(笑)

舞台は66年の英国だそうです・・・66年て・・・(笑)

10月はケヴィンの新作「狼の死刑宣告」とマイコーの「This is it」が楽しみで
うむむ「エスター」もおもしろそうだなあ・・とリストに加えてたんですが、
いや~更なる楽しみが出来ました。見るつもりだった「カムイ外伝」が吹っ飛びそうです・・・(笑)

みかん

スーパーにいったらみかん売り場が拡大してました。
わたしはこの時期の、酸味のあるみかんが好きなんですよ。
冬場になると食べません。甘すぎるんだもん。秋みかんが最高です。
なのでわたしにとってのみかんの旬は短いのです。今のうちに食わねば。
美容のためにも毎日みかんです。三食食後はみかんです。
みかんを食うとどうしてもこの歌をくちづさんでしまいます。
みかんみかんみかん!みかんみかんみかーん!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。