スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベスト・キッド

個人的にこの夏最大の期待作、「ベスト・キッド」見てまいりました。

kunfukid.jpg



「ベスト・キッド」(公式サイト)

80年代を過ごした人なら、みな見てると思われる(そんなことはないw)「ベスト・キッド」のリメイク版です。
(ラルフ・マッチオがめちゃめちゃかわいかったよなあ~~!!ホンマ天使のようにかわいかったんだよ!!)
ひとりで見に行くつもりだったんですが、なんやかんやで結局家族で見に行くことになり、
ゆえに吹き替え版を見ました。
吹き替えで気になってなのが、ジャッキーの声を石丸博也さんが当てるのかどうか、という点です。
いつもジャッキーといえば石丸さんだけど、今回のジャッキーは老け役なんで、もしかしたら石丸さんじゃないかも・・とちょっと心配だったのです。
でもご安心めされ!ジャッキー出てきて最初の台詞、声を低くしてるけど石丸さんの声で安心しました。

まずは最初の心配がなくなったので、心置きなくゆったり鑑賞。
これ、上映時間140分とえらい長丁場なんですよ。
えーオリジナル版てそんな長編だったっけ?なんでそんな長いの?と思ってたら、
今回のこのリメイク版は、オリジナル版の「1」がベースなのはもちろん、恋物語の部分は「2」の要素を合体させてるからなんですねー。

オリジナルと違う点は、主人公が12歳(オリジナルは高校生)のアメリカ人の少年、引越し先は中国という点。
オリジナルは、イタリア系のお顔だちのラルフ・マッチオがアメリカのハイスクールでいじめられてた、今回は黒人の少年in中国でいじめられる、そういう点でそもそも人種的な差別でのいじめ云々設定てのが根底にあるのかもしれません。
ゆえに、恋のお相手は中国人のお嬢さまです(オリジナル2は沖縄舞踊、今回はバイオリン、を習ってる)
主人公ドレは父をなくし、お母さんの転勤で中国に来たのですが、12歳の彼にとっては先進国アメリカを離れて、わけのわからん中国に来たのがすごくイヤでしょうがない。
中国に来たのイヤ、言葉通じないのイヤ、お母さん口うるさいのイヤ、ジャケットをハンガーに引っ掛けるのめんどくさい、アメリカじゃ結構イケてたはずなのに中国に来たらカンフーでいじめられる、ともう散々。
根は優しくて明るい素直なイイ子なんだけど、プチ反抗期で、自分ものさしでの思い込みが激しく、根拠のない自信にあふれしかし打たれ弱く、まだまだ世界は自分中心に回ってくれてると思ってるんですねえー。
なんかね、ウチの娘(今年で12歳)とすごくカブる点が多くて。
12歳って世界レベルでこーいう反応する生き物なんだなーって、可笑しいやら納得するやらでした。

あとはもう、オリジナル通り、オリジナルを見てない人にも想像つくストーリー展開で、まぁなんちゅうことないといえばなんちゅうことないのですが、
時間が長いぶん、ドレの修行も恋も丁寧に描かれてました(とくに恋愛の部分・苦笑)
師匠のハンが何であんなにカンフーが強いのかってのは説明されてないのがどうかなって思ったんですけど、なんでしょね、アメリカ人からしてみれば、全ての中国人=カンフーの達人なのが当たり前、なのかしら(笑)
まぁ、名選手名コーチにあらずですから、ウルトラ達人じゃなくても、師匠の教え方と生徒の素直さがよければ上手くなる、のかもしれません。
まーね、そのへんはご都合主義な部分もありますが、しかたがない。
そもそも生まれたときからカンフー習ってるような中国人の子に、短期間の練習で勝とうというのだから、そりゃムリだろうというもんです(笑)
でもでも、ベストキッド名物の、「一見修行とはわからないけど実は修行になってたのでした!修行」や、
おお~なんか途中から中国の観光誘致みたいになってるで!的な美しい中国百景の数々もイイもんでした。

クライマックスの試合シーンは、それこそまるでアクションゲームのようなカンジがあって、うーんそれはどうなのよ、とちょいと思いましたが、今の子どもを惹きつけるにはああいうのがいいのかなあ。。。
なんかねぇ、
「アメリカ人少年@中国、現地のカンフーっ子たちにたった一人で立ち向かう。完全なアウェー戦でも戦うアメリカ人ってやっぱスゲェ!カッケェ!最強!!!」
的な、自画自賛な感じもしなくはないなとちらっと思っちゃったり。
ハリウッド映画が嫌いと思われる方は、こういう「どこでもいつでも誰よりも強いアメリカ」的演出がイヤなのかもしれないなー(「ハート・ロッカー」がそのテイストすごく強かったんだよねぇ。しかもそれがアカデミー賞獲ったしなー)。
でも同時にまるで「ロッキー」のクライマックスのようでもあり、そこはよかったです。わかってるのに声だして応援したくなっちゃったよオバちゃん(笑)

主人公役のジェイデン・スミス、ワイドショーで見るときは年齢相応の雰囲気でしたが、
映画の中ではすごく幼くてかわいかったです。
表情がとてもよいのですよ。喜怒哀楽に加えて、その狭間の微妙な表情がすごくイイ。
父親の力が見え隠れするような気もしないでもないけど、まぁそれはジェイデン君のせいではないからね・・・
ドレのお母さんのキャラがどこまでもパワフルで笑えました。でもこのお母さんも子どもの手前、きっと精一杯努力して物事の明るい面を見てるんだと思うの。弱音を吐かないお母さん、とてもカッコよかったです。
恋人役の女の子はなんとなくオリジナル2のタムリン・トミタ嬢とカブるカンジでした。アメリカ人好みの東洋顔、なのかもね。
ライバル役の子の顔が阿部サダヲに似てる(笑)でもスッゴクイヤなガキなのよぉー!!そしてこの子の師匠がもう最悪に嫌なヤツ!!役とわかってても本気で憎たらしい2人でした!!
そ、し、て、ジャッキーですが、


くたびれたオヤジ感漂うジャッキー、 

め ち ゃ め ち ゃ イ イ !!!   

kunfukid3.jpg


いやぁ~~ジャッキーの新しい魅力を知りましたよ!!
いつものカッコかわいいジャッキーももちろんいいですが、今回のヨロヨロ感、

メ ッ チ ャ イ イ !! 

最初のカンフーシーンで、なんかちょっと息が上がってるのは演技なの?それともナチュラルに疲れてるの??
とも思う部分もありましたが、それも含めて、

ショボクレ感が実によかったです!! 

kunfukid5_convert_20100827205859.jpg

ハリウッドも散々今までジャッキーに「謎めいた東洋人」をさせようとして、それを観るたび
いやそれは違うねん、ジャッキーとブルース・リーはキャラが違うねん、東洋人=ミステリアス、じゃないねん!
と歯がゆい思いをしてたのですが、
いやー今回のハン師匠役はよかったです。ブルース・リーが生きてたとしても出せないであろう、疲労感漂うオッサン感のジャッキー。
その疲労感がどこから来てるのか、というエピソードも実に泣けました。
ジャッキーはミステリアス、は似合わないけど、生活感、は似合うんですよねー。
その生活感から出る人生への疲労感、がすごく悲しくてよかったです。
「本当に強いというのは、戦わないことだ」
そうそう、それが一番心が強いってことなんだよね~そしてそれが一番難しい・・・そしてその「戦わない」ということは実は、自分との戦いなんだよな~・・などと独り勝手に頷くオバちゃん・・・w
語られることがあまりないですが、ジャッキーは昔からシリアス演技もイイんですよ!!(初期なんて、ほとんどお師匠さんの敵討ちもんばっかですからね~最後はいつもシリアス展開だったのよ!!)
この映画でのジャッキー演じるハン師匠は、良くも悪くもアメリカ的ーーーっ!!な流れの中で、彼だけ時を止めて考えこんでいるような、悶々とした空気を沈み込ませててとてもよかったです。
ジャッキーにはいつまでも若いままでいて欲しい、という方には残念なジャッキーかもしれないですが、
わたしにとってはよかったです。いやあー、やっぱジャッキーはイイわ!カッコいいわ!!素敵だわ!!

トータルしてとてもいい映画でした。全国のお子達よ、ぜひ見ておくれ!!
ただし長いので、上映前にはトイレに必ず行って出し切っておくべしです(笑)

字幕版でもっかい見ようかなーと思ってます。
そして久しぶりにオリジナルの「ベスト・キッド」も見たくなりました。
ホントあの映画のラルフはめっちゃかわいいよな!
パット・モリタさんがまたホンマに何もかもを知ってるマスターのようでカッコよかったよなあ~!

karatekid.gif
スポンサーサイト

テーマ: 映画感想 - ジャンル: 映画

借りぐらしのアリエッティ

arie2_convert_20100820102721.jpg

借りぐらしのアリエッティ(公式サイト)

原作が英国の児童文学だってのがちょっとソソられたので見てまいりました。

とにかく背景がとってもとってもとってもきれいです。
アリッティが初めてお父さんと「借り」に出かけるシーン、
小人たちにとってはとても巨大な人間の家の中(裏側)を、獲物もとめて移動していく場面では、
彼女たちにとっていかに人間の家が大きいか、
そしてその中をアリエッティのお父さんがいろいろ工夫して移動しやすくしてる工夫、
とてもドキドキするやら感心するやら、細かい背景がとても素敵。
豪華なドールハウスもとてもきれいで、アリエッティもお母さんもすごく憧れてたけど、
わたし的には住人の手が入ったアリエッティのおうちのほうが、とっても魅力的でした。

しかしそういう背景がとても丁寧できれいでかわいくて魅力的だったのに、
アリエッティと人間の少年・翔とのふれあいがイマイチ少なくてあっさりしすぎ。
滅び行く種族と、死に近づいている少年、
共通点があるのはわかるし、アリエッティの存在が翔に勇気を与えるのもわかる。
しかしもうちょっと2人が関わりあうエピソードが欲しい。
お手伝いさんがなんであんなに小人を捕まえたがるのかも理由不足だし。
(単に見世物にしたいだけ、にしてはそんなに悪そうな人でもないんだよな。人間なんてそんなものといわれればまぁ、そうなんだけど)

志田未来ちゃんも神木くんもよかったです。
しかし一番よかったのはアリエッティのお父さん。
ビジュアル的にもかっこよかったですが、三浦友和さんの声がめちゃめちゃよかった。
ドラマやCMで友和さん見るたび、いい声してはるよなーって思ってたんスよ。
静かでクールで、感情が表に出ないところがスッゴクいいんですよねぇー。
それでいて、今回のこのお父さん役では、紳士的な優しい雰囲気がちらっと出てて
すっごくかっこよかったです。
物静かで家族思いで手先が器用で働き者の声の素敵なおとうさん。う~んテラカッコヨスvvv
めっさわたし好みのタイプでした(笑)

テーマ: 映画感想 - ジャンル: 映画

station to station

(以下、画像はクリックすると少し大きくなります)

新幹線の中でボウイのstation to stationを聴くのが好きです。
気分はヨーロッパ特急wwユーロスターかTGVかってカンジですw



ボウイのアルバムの中で一番好きなんですよ。もうめちゃめちゃ好き。
タイトル曲からもう大盛り上がりで、Stayでうおーってカンジで、Wild is the windで終わるともう、がーってキます。胸の中に波がざわめきまくる感じですね。たまりませんね。名盤中の名盤です。

そして着いた先は東京です。



いや~エエ曲やね~たかじんホンマ素晴らしい。

痛いほど 好きやのに なんでなんで 別れたんやろ
今もまだ 胸の奥 揺れる東京

たまりませんなぁ~~~~~。


さて、
明治大学博物館行ってきました。
江戸時代の捕り物道具なんか、ありそうでなかなか見られない珍しいものでおもしろかったです。
さらし首台とか磔刑台とかはレプリカですがよく出来てて迫力ありました。
強盗団を手引きした罪で磔刑になってる店の小僧&強盗団のさらし首写真はすごかったです。昔は奉公してる店の主人を殺害するってのは親を殺すのと同等の重罪とされてたらしいんで、こんときも相当な騒ぎだったでしょうねぇ・・。
まぁ実際そういう罪を犯したら死罪相当だと思うけど、昔は相当な数の冤罪もあったんだろうなあと思っちゃったりして、そう思うとさらし首台も余計怖いものに思えますね。。。

で、これが目玉商品(?)の「ニュルンベルグの鉄の処女(Iron Maiden)」

ironmaiden.gif

中に罪人を入れて、バタンと閉めたら、無数の剣状の鋼鉄が刺さって死に至るという、
なんとも痛みの激しそうで痛みの長引きそうな、残酷な死刑道具です。
これも死罪相当の罪人ならいいけど、冤罪だったらたまらんですよね・・・
これを題材にとった漫画があったような気がするんスよ。若さにこだわる女王さまが処女の生き血を搾り取るとかいうやつ・・・いやあれは実際にあった話だったっけ???

でもちょっと展示物が少なかったのが残念でした。タダに文句を言うのは失礼ですが。
アイアンメイデンTシャツが復刻しててしかも800円と言うお手ごろ価格だったので、つい買ってしまいました。

ironmaident.gif

寝巻きにするしかないけど、寝巻きにしたらツラい夢を見そうですね・・・

ちなみに家族には絶不評の見学先でした。娘は「かあちゃん趣味が悪すぎる」と頭を抱え込んでましたww
いやわたしもね、東京在住なら独りで見に行くんだけどね~。

でまぁ、翌日&翌々日はネズミーランド&シーに行きました。
わたしはおそらく日本で一番TDLにありがたみを感じない人間だと思うんですが、
まあ明大博物館だけでは家族も旅行先として納得しないんで、苦し紛れのTDL・・・(笑)
わたしと娘は絶叫系がダメなのでゆるいのばかり乗りましたが、USJと違って、ユルいのはユルい、ハゲしいのはハゲしい、と住み分けが出来てる感じしました。これにはありがたみを深く感じました。
(USJは中間のアトラクションが結構多い気がする)

nezumi1.gif
↑娘が早速食いついた、ダッフィー(ディズニーランドの最新の人気キャラ)のぬいぐるみ。
ディズニーキャラってあんまりかわいいと思わないんですけど、これはかわいいと思いました。
とにかくこのダッフィーちゃんを抱えた女の子が多いのはビックリしました。特にシーですね(シーでしか売ってないのね)。
お客が抱えること自体がいい宣伝になってるかんじでした。明らかに午前中より午後のほうがダッフィー人口が増えてるんだな。人が持ってるの見ると自分も欲しくなって買っちゃうってわけだな。ウチの子もそうですがw
そしてもうひとつビックリしたのは「双子ファッション」で来てる子が多いことですね。
(双子ファッション=友達同士でおそろいのファッションでお出かけすることらしい)
双子ファッション流行ってるって聞くけど、大阪ではあんま見ないんですよ。ランド、シー、そして原宿、渋谷でも見かけました。どこで流行ってんだと思ったら、ここにいたのか~ってカンジでした。

キャラを称したアトラクションは人気が高くて行けないのもたくさんあったけど、シーの新しいアトラクション「タートル・トーク」、面白かったですよ。
ニモに出てくるクラッシュって言う名前のカメが観客いじってしゃべるだけなんですけどね、声優さんそっくりのモノマネができるキャストをライブに使ってるんだろうな~いじり方が上手で楽しかったです。
モノマネできるキャストは何人かいてはるんだろうなあ。USJのビートルジュースも何人かいるんだけど、面白い人とそうでない人がいるんで、このタートル・トークも多少そういう当たりはずれがあるのかなと思ったり。

でも約10年ぶりにTDL来て思ったけど、USJも小さいなりにがんばってるんじゃないかなー。と思いました。

ディズニーランド自体には特にソソられないんですが、レイが非常に似合いそうな場所だなあと妄想するのはとても楽しかったです。
ミッキーマウスの耳のカチューシャとか、すごく似合うと思うのよね~かわいいわ~~プーさんのハニーハントとか、めっちゃ似合う~~
レイとデートするなら、TDLも楽しい場所になるだろうな~
などと妄想ばかりしてしまうワタシの頭の中自体が"夢と魔法の国"ですわね・・・

4日目はショコポチさん&ポチ娘ちゃんがわざわざ東京に出てきてくださって、お台場デートwithおんこちファミリー、してくださいました。
おうちから時間かかるのに夜まで拘束してしまってごめんなさい。しかもウチ昼からしか参加できなかったし。なのにアメリカお土産までいただいてしまって、ありがとうございました。
ポチ娘ちゃんはこんなオバちゃんともお話してくれてとても嬉しかったです。さすが中学生だな~キチンとしてるわ。ウチの娘はほんと小学生丸出しのバカで申し訳ないっす・・・。

最後の日は赤坂サカスに行ってけいおんのブース見て、

keion1.gif

原宿でコレ買いました。

kururusocks.gif

クルルの靴下!娘がクラスメイト男子が履いてたのを見たってんで(彼はお母さんから韓国土産としてもらったらしい)、ずっと欲しかったんですよ~やっと見つけた~さすが東京!!なんでもあるわ!!
3足千円だったのでクルル2足+ギロロ1足で購入~。あ~クルルたんかわいーvvv

東京は電車賃が安い&電車の本数が多い&乗客マナーがよいので動きやすいですね~。
もう来年からは娘も忙しくてこんなに長く旅行できないと思うんです。コレが最後ですね。
しかし娘の手が離れてきたら、親の介護が待ってるというwww
いつか独りで東京行って、新宿レコード店めぐりをしたいです。

jackie2.gif

お台場に擬似香港が出来てて、そこにジャッキーのパネルがあったのでおばはん思わずツーショット(笑)
しかしこのジャッキー、えらく若くないか?
それにしてもホンマちょっとやせねばわし。去年1年で4、5キロ増量したもんなぁ・・・

テーマ: 主婦の日常日記 - ジャンル: 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。