スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべては愛する肉球のために

mixiのほうに書いてたんですが、
来てます来てます。猫が。今日で滞在4日目です。

自分、うんちやおしっこの世話が出来るのか不安でしたが、人間、やらなきゃいけないことはやるもんですね~。
スコップが無いので(楽天で注文したのがまだ届かない)ビニール袋手にはめて、あったかいうんこつかんでますワタシ(笑)
でも猫砂優秀ですね。ニオイも心配してたよりOKです。
わたしは「動物を触ったら手を洗おう」をハゲしく励行する人間だったのですが、家に一匹いるといちいち神経質に手なんか洗ってられんもんですね~。
「あ、手洗ってないや。まぁいいか。寝よう」てな感じになってしまいました。

rodem2.jpg

丸顔の黒猫で、ガラスでできてるかのようにきれいなグリーンアイの女のコです。
名前はロデム。もちろん「バビル2世」の黒豹ロデムから命名です。
正確に言えばバビル2世のロデムは黄色目だし、男性ボイスなのですけどね・・・
ま、ほんまはロデムも黒豹ではなく、「なんにでも変身出来る不定形物体」なのよね。
そう!だからロデムは美女も変身するし!だからロデムは男女どちらでも使える名前なのよ!!(強引)
(瞳の色が違う件について?まあそれはもういいじゃないかww)
ロデムってどう意味なんだろ~ずっと疑問だったので、書くならRODEMか?と検索してみました。
ポルトガル語で「Turn」の意味だそうです。
横山光輝先生がその意図で命名されたのかわからないですが、「変身」するから「Turn」?それをちょっとひねって英語でもなくフランス語でもなく、ポルトガル語で命名されたのかもしれないですね。
ちなみにダンナは「ジジ」にしたかった様子。ヤツは魔女宅大好きだからな~でも却下。あたしがジブラーだと思われるじゃないか~w

和歌山で捨て猫されていたところをボランティアさんに保護されて、里親募集サイトで紹介されてたコなんです。
大阪では珍しい、積もるほどの雪の日に保護主さんがはるばる連れてきてくれました。
(虐待や転売防止のために、里親希望者の元まで届けるシステムになってるそうです)
初日はめっさ警戒していましたが、翌日には娘のしつこいほどのラブコールに根負けしたのか、
もうだっこもナデナデもOK。むしろナデナデされるのは好きみたいです。グルグルと咽を鳴らして擦り寄ってきてくれます。
昨日は娘の昼寝に付き添ってくれました。夜はダメでしたけど(笑)

nekocage2.jpg

実は今日から連続5日間、ひとりいや一匹でお留守番してもらわないといけないのです。
ふだんならわたしが買い出し以外は基本家にいるんですが、
今週は実家の母の通院&父の検査手術が連日ギッチリ詰まっており
(こんなに予定が詰まることって珍しいんですが…)
どうしても家を空けなくてはいけない…

で、猫用の2段タイプのケージを楽天で注文してたんですが、まだ家に届かないんスよこれが…
しかし受注メールは来たのでキャンセルはもうできない。どうしよう。昼間6時間もほったらかしていいのかしら…
暴れん坊じゃないんですがしかし猫は猫、縦横無尽に3次元を動いてるし、特にまだウチに来たばかりだしな~・・・何か事故があるとイカン。
なんてったって今はまだ「お試し期間中」で、正確には「預かりお嬢さん」なんだもんな~。
夜中になったら家中探検してる音がしてるしな~(今朝もその音と鳴き声で朝4時半に目が覚めましたww)
まだ不安なのか、すぐ隅っこに隠れたがるんですよね。スゲぇホコリだらけのチョーすみっこ(てか、間っこ)に行って潜んでてびっくりします。
たとえば、電子ピアノと壁の間とか、飾り棚とギターケースの間とか、オーディオと壁の間とか←特にここに入られると取り出すのが一苦労。
初日は2階の寝室のベッドの下の隅~~っこに潜り込んでしまい(予測して用心してドアを閉めてたのに、娘が開けっ放しにしてたせい。母マジギレ)探し回りました。アレはもう勘弁だ~。
黒猫って(当然ながら)隅っこの暗いトコに潜まれるとまったく見つからない!同化するのね!

まぁ、もちろんできることなら自由にさせたやりたいんですが、しかし何かあってからでは遅い。
どうしようか悩んだのですが、やはり今はケージが必要!と判断し、
昨日、自作しました!!

nekocage1.jpg

nekocage3.jpg

材料はすべてダイ*ーにて購入。
ワイヤーネット105円×18枚
結束バンド105円×1
ジョイントパーツ210円×1+105円×1

独りでのんびり作ったので3時間くらいかかりました。
(調子よく結束バンドでつなげまくってる最中でジョイントパーツの存在を思い出し、せっかくつなげた結束バンドをまた切りはずしたりしてたせいで時間がかかりました。イメージだけで作ってるからそういう失敗が…)
出来上がりサイズは、横90×縦62×奥行き62です。
トイレと、フード&お水を置いても、眠ったり身体を回転したりするスペースは充分あると思います。
(生後8ヶ月の思春期猫ちゃんです)
注意したのは、結束バンドの締めたあと、はさみで切った切り口を、ゲージの内側に向けないことかな~。
(当たると結構痛いので。ほんとは時間があればサンドペーパーで滑らかにしてやったほうがいいよな~)

正直、ジョイントパーツは必要なかったかな(逆に面倒なだけな気がw)
結束バンドだけで充分出来上がりますね。
近所のダイソ*がそんなに大きくないので、とにかくそこにあった同色同サイズのワイヤーネット全部買い占めて帰ったんです(漢らしい性格がそうさせる…けして枚数を考えてる最中で面倒になったせいではない…)
作ってみたら枚数がピッタシちょうど!!ギリギリセーフ!でしたww

前面の真ん中をドアのように開け閉めできるようにしました。
(しかしドア部の幅が狭いので、トイレ(ダンボールですがw)はチョー斜めにしないと入らないという結果にw)
ドア部分はクリップで留めています(同様にダ*ソーワイヤーネットでケージを自作した方のアイディアを勝手に拝借)。

動物をケージに入れることに関しては賛否あると思いますが、
安全第一を考えたのと、
小型犬を飼ってる友人が、
「ふだんからケージに慣れさせておいたほうが、ペットホテルに預けないといけないときや、動物病院に入院、とかっていうときに困らないよ~」と教えてくれたので、踏み切りました。
ま、お留守番のときだけですしね~。

個人的にはなかなかのものが出来たと自画自賛(笑)
しかしちなみに、
小型犬用のケージなら、同じくらいのサイズのが3000円くらいで売ってます(楽天調べ)
急ぎで欲しいわけではない方なら、自作する面倒を考えればそっちのほうが安いんじゃないかな~と思います。
でも猫の場合、ホント「大至急欲しい!!」ケースが多いのかも~!(笑)


さていよいよ今朝、ケージに入れてみました。
昨日からケージの中にトイレとご飯を入れて出入り自由にさせてたので、入ることは抵抗ないのですが、
ドア部分を閉めるととたんに鳴きだし、抗議。
ウッ、かわいそうだけどでも仕方がない・・・保護主さんとこにいた間もケージには入ってたんだから、許してくれ!
用事を済ませてダッシュで帰ってきましたが(結局3時間留守)、ケージの内外に蹴散らした猫砂、水はこぼれ、底に敷いた新聞はボッロボロ(猫は新聞紙きらいなのね?)。
えらい有様でした・・・
それでも帰った頃には静かにしてくれてました(っつかー、暴れまわったあとあきらめただけなんでしょうね)
すぐにケージから出してゴハン&おひざナデナデで信頼復活、出来てるのかなあ・・明日もあるんですが…
いまソファーで昼寝中。

そうそう、ウチはいわゆるカウンターキッチンてヤツなのですが、
これも猫を飼う上ではキケンというか、台所には入らせたくなかったので
(衛生面&コンロの上に乗りたがる猫がいるというのを読んだので)
同じくワイヤーネットを6枚つなぎにして、カウンターを封鎖しました。

白いワイヤーので作ったので、人間に圧迫感無く、猫の通行を止めることができます。
ウチの場合、1枚210円の大きいワイヤーネット×6枚を結束バンドでつなげ、
コの字型の釘(なんていうのでしょうアレ。ホッチキスの針みたいな形で、壁にコードとかを固定する釘)で、
ワイヤーまたいでカウンターの枠に固定しました。
これはなかなかいい使用感です♪

nekofuusa.jpg
スポンサーサイト

Happy Birthday,Mr.Dave Davies!!

2月3日は英国ロック界最高のイケメンギタリスト、デイヴ・デイヴィスさんのお誕生日です!
レイと3つ違いの47年生まれだから、今日で64歳。
お誕生日おめでとう、デイヴ!

dd1971_convert_20110204001504.jpg

デイヴ@1971。ヒゲに覆われても美形は美形であると証明するかのような写真ですなあ(ヒゲデイヴ好きなんですよw)。

dd_convert_20110204001532.jpg
これいつの写真なんだろう??ギター教えてあげてるデイヴ、メッチャかわいいんですけど!!



すっっっっっごく素敵な曲でしょう?
デイヴのソロ作品なのですが、この曲聴くとホント、ああやっぱりレイとデイヴは根っこが一緒なんだなあと、しみじみ思わせられちゃうんですよ。
タイトルの「Fortis Green」はレイとデイヴの生家があった場所でして、デイヴの少年時代のことを歌ってるのがまたねぇ、ほのぼのというかしみじみというか、ヨイのです。
(詞の中に、お父さんやお母さんやお姉さんのことは出てくるけど、兄貴については触れられてないのは気になりますが・・・(^^;
わたし、こういう曲調がホント好きなんですよ。キンクスのパイ時代のベスト盤を聴いたときは「これだっ!」って思ったの。
あれはホントにもう、探してた場所をガッ!って見つけた気分だったなあ。


浮かんでは消え、浮かんでは消えしてたキンクス再活動も、まぁほぼ可能性はないであろうとわかってはいるのですが、
こんなふうに、同じ環境で育ってセンスもハンパなく共通してる(というか、感性がかよい合ってるってカンジするんですよねぇ)証明みたいな曲を改めて聴くと、なんでなんかなあ、なんで一緒に音楽できへんのかなあ、と不思議に思ったり悲しく思ったりしてしまうのですが、
でもまあ、贅沢は言うまい。ピートが他界してしまったことやデイヴ自身も2004年に脳卒中で倒れてることを思えば(あの時はホントにダメなんじゃないのかと思った)、それぞれ別でも音楽活動してくれてることは、ファンにとってはやはり喜ばしいことです。
デイヴの64歳が素敵なことに満ちた1年でありますように。。。

テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。