スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むしくだし~

書くの久しぶりです。時々のぞいてくださってる方がいらしたらごめんなさい&ありがとうございます。
休みなく1日2回実家に通って、娘は嵐のような反抗期で、他にもいろいろあってもう毎日クッタクタ。
実家の両親にとって、わたしは「頼りになる娘」、
娘にとっては、わたしは「ウザいオカン」、
ってのが今のわたしの肩書きで。
なんやねん、両極端やん、正反対やん。同一人物に対する評価が何でこんなに違うねん(苦笑)。
なんだかなー。
どっちも先が見えないのがツラいですね。
でも実家の介護のほうはしんどいですが、でもこれはまあ親孝行が出来てるのかなって思える部分もあるので、そういう風に考えるようにしていけば気持ちも復活できるんですが、
娘が反抗期ってのがホント精神的にキツいです。これがなければ今の状況、全然違うと思うんだな・・・
腹立つ、とか、つらい、とかってよりもなんか、ただただ悲しいですね。子供の反抗期って。
(うち、2歳のイヤイヤ期がほとんどなかったので余計そうなのかも)

まあ、「苦しいときは上り坂」と思って、黙々と行くしかないですかね。

さてそんなおつかれちゃーんな毎日ですが、さらに今日、ショッキングなことが。
ウチの猫愛息・小太郎のウンチョスに、なにやら白く、細長く、クネクネしたものを発見。

こ、これは・・・・・・・・・・・・


ナゼ?
なぜ完全室内飼いの箱入り息子のウンチョスに、回虫らしきものがいるのォォォォォォォォォ?!!!

しかしこの時すでに近所の動物病院は午前診察締め切り&木曜午後は休診。
明日にしようかと思いましたがいてもたってもいられないので、木曜午後もあいてる動物病院に行ってきました。

もちろんうんこ&回虫らしきブツ持参。

猫回虫ビンゴでした。
小太郎が拾われたのが生後八ヶ月のときなのですが、
そのときは出なかったけど、母親からすでに回虫の卵をもらっていて、ソレが今出てきてる可能性。
あるいは、飼い主(わしらですね)が知らずに回虫の卵を靴底なんかにくっつけて持って帰ってきてて、それから感染してる可能性。

「ま、どっちかわからないけどね~。でも大したことじゃないから。薬飲めば一発で治るし、人間への感染もあるとはなってるけど、実際そんなえらいことになってるのは見たことないから、神経質にならなくても大丈夫ですよ」

ということで、かの有名な猫用虫下し・ドロンタール錠を2回分もらってきました。

一発で効くこのドロンタールですが、飲ませるのは一苦労です。
と先生から脅され(苦笑)
食べ物に混ぜてもいいけど、必ず規定量を飲ませないと効果がないので、ウェットフードに混ぜるのは「賭け」。
念のため、液体に溶かせて飲ませるとき用にと、シリンジも渡されました。
帰ってネットで調べても、なるほどなかなか強敵の様子・・・

オブラートに包んでスープに浸して、とか、口を開かせてぽいっと放り込む、とか、
人間の子供用のゼリー状オブラートに包んで飲ませる、とかありましたが、
「ササミを買ってきて仕込んだ」ってのがあって、
おお、それならウチで大評判のおやつ「チャオ 焼ささみ」

sasami.jpg

に仕込めばいいんじゃないの?と思いつき、
ドロンタールを四分の一に割って、それぞれをちぎったササミで包み込み、
小太郎に与えてみたところ、

パクパクパクッ!!

完食~~~~~!!

小太郎はすごいいやしんぼ&ちょいおばかちゃんなのでうまくいっただけかもしれないですが、
まあとりあえず良かったです。中2日おいてあと1回また飲ませねばなのですが、
多分大丈夫でしょう。

薬が効いて駆虫で来た場合、回虫は死骸となって出てくるそうです。

あ~、もう1回目にすることになるのね。オエ。
でもかわいい息子のためだわね。

ちなみに代金は診察+ドロンタール錠1個半×2回分で3600円でした。
近所の病院よりこっちのほうが安いような気がするなあ。今後はこっちにしようかしら。

そうそう、ただひとつ心配なのは、猫愛娘のロデム嬢に伝染ってたら困るなあということです。
(経口感染の可能性はあります、とのこと)
彼女はデリケートなので、ササミに仕込んでも、薬に気づいちゃうと思うんですよね~。
伝染ってませんように!!
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル: ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。