スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋するお年頃

娘が告白されたらしい。
でも娘はよくその子から乱暴も受けているので、
応える気はないらしい。
好きな子をいじめる、という太古からの伝説はホントだったのか?
バカな男だね。そんなの通じるわけないっちゅーねんヴォゲが{怒}( ゚д゚)ペッ
(ホンマオトナゲない母親である)
娘が好きなのは、同じクラスのKくん。
Kくんはおとなしくて、やさしいタイプ。しかもハンサム。
そういえばKくんは、まだ二人が3さいくらいのころ、
ウチの娘を気に入っていたらしい。
Kくんとへもっちはラブラブやねん~と、おうちで言ってたらしい。
そのような事実はなかったのだが
もちろんあってもよかったのだが。母としてはKくんなら大歓迎なのだが、なんせ、ウチの娘、3歳のころなんて、好きも嫌いも全然目覚めてなかったからな~。
しかし今は娘のことはなんとも思ってないらしい。
恋とは難しいものだなあ。タイミングというのも必要なのか。
母39歳にして初めて知ったよ(アンタのタイミングも遅すぎ!ってか?)
<小><色:#999999>そういえば、女の子は人生で一度モテる時期があるとかいいますよね。あれホンマなんかね?アタシはなかったんやけどね{涙}まあいまさらいいけどさ・・・

娘の好きな芸能人は二人いる。

ひとりはNHK教育の海外ドラマ「フルハウス」の、ジェシーおじさん。かなり気に入ってるご様子。<左>{}ジェシーのどこがいいの?と訊くと、「だってぇ、おもしろいのにハンサムな人がいてるって、しらんかってんもん~{ハート}」そう、娘は幼稚園のころから、「おもしろい男子」に重点をおいている傾向があった。しかしそこにもうひとつの重要項目である「ハンサム」という条件がかぶる子はいなかったようだ。ところがこの娘好みの「おもしろい人」と言う要素に「ハンサム」と言う要素が合体した、ジェシーおじさん。これはかなり無敵の存在だ。「ジェシーのほんとの名前はなんていうの?」俳優名まで気になり始めたらしい(マジだよ)。ジョン・ステイモスっていうんだよ。最近離婚したからね、狙い時かもよ。42歳やけど(笑)もうひとりは「電車男」で見初めた、速水もこみちさん。<左>{}テレビの彼を見つめる娘の姿は、そりゃもうすっかり、いっぱしのオンナノコだ。もこみちさんはジェシーとは正反対のタイプである。トリガラ体形だし、「電車男」での役柄は暗かったし。ところである日、娘はテレビのトーク番組に出ているもこみちさんを見た。笑顔で歓談するもこみちさんはさわやかだ。これでさらにウチの娘のハートをゲットか?とおもわれた。が。おお!まったく恋とは不思議なものよ。「もこみちさんと結婚するのはやめた」なんで?「だって、笑った顔はいや。へもっちはぁー、<太><色:#ff0000>悲しそ~うな顔をしてるもこみちさんが好きやの。悲しそうな顔をしてる人に、助けられたいの」<特大><太><色:#ff0000>悲しそうな男が好き、って。<特大><太><色:#ff0000>アンタはもう、「男の哀愁」に魅かれるお年頃なんかい?!確かに「電車男」のもこみちさんは、笑顔がなかった。哀愁あるおとこまえか・・・ウン、かあちゃんもヨワいよ、そういうタイプ。これって女子の本能なのかね?ちなみにわたしの哀愁男は次元大介ですぅ{ハート}こないだ「女王の教室」というドラマの最終回(だけ)を見てたら、小6の女の子と男の子が、放課後の教室二人っきりで、<色:#ff0000><太>告白したいんだけどぉ~~~~~~告白しそこねるっ!でまた話を続けるんだけどぉぉ~~~~はぐらかしてしまうっ!という、非常に息詰まるシーンがあったんですが、<太><色:#ff0000>もう娘、テレビに釘付け!!またそんな娘に、バカなダンナがちょっかいかけるんですわ。すると娘、<太><色:#ff0000>「もうっ!とうちゃんやめて!今真剣に見てるのにっ!!」いや~ウチの子、ちょっとバカなせいか、テレビ見てもイマイチ話が把握できないようで、ぼや~っと見てることが多いのですが、<色:#ff0000><特大>あんなに真剣にテレビを見る娘は、初めて見ました{笑}そいやここ2~3週の、ミルモの最終回も真剣に見てたなー娘。かえでちゃんとゆうきくんがくっつくかくっつかないか、とかだったのね。「かえでちゃんかわいそうやね・・」とえらくのめりこんでたよ(爆)ウチの子もやがて長じて、昼ドラにハマるわけやろか・・・うぅ~む感慨深い・・・そうそう、Kクンには告白済みだそうです(手が早い?)「よっしゃよっしゃ。好きな子にはどんどん告白しぃや。上手く当たればもうけもんやからな!」力強く応援する母。もちろん自分にできなかった反省を、娘に託してるわけである。命短し、恋せよ乙女というじゃないか。今からどんどん恋ができる6歳児がうらやましい(笑)さあ、娘にはどんな彼氏(たち)が待ってるのだろう。幸せな恋をしてほしいもんです。

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。