スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜参観

1時間目は算数の授業を参観です。3クラスなのを、算数の時間だけ4クラスに分けて、担当をひとり増やして授業をするのです。
今やってるのは「繰り上がりの足し算」。わたしらのころは”10”にすることを基本に計算してたと思うのですが、今はまず”5”と”端数”に分けて、”5”と”5”で”10”、”端数”と”端数”を足す、という説明方法をとってるようです。旧世代なのでまどろっこしい感じがします(笑)
今時は1年生でも、半分以上は塾(公文とか)か、「チャレンジ」をやってるようなので、むしろ学校での授業のほうが復習みたいな雰囲気。こんなんでいいのかね。といいつつウチも塾に行かせてるわけですが(でも塾のおかげで、初めはさっぱりだった国語の文章題も、今はちょっとは解けるようになったよ)
そのあとは全学年で、ちょっとした文化祭?みたいなお祭り?をやってました。6年生の合唱&合奏。6年生ともなると背も高く、男の子なんかは「オッサン」みたいな子までいる(笑)そしてちょっとしたいまふうの「イケメン予備軍」も(笑)女の子も赤やピンクといった「おんなのこいろ」ではなく、黒やブルーを基調としたファッションの子が多い。ラブ&ベリーで言うならベリー派ファッションですね(笑)でもそんな「オッサン」「イケメン」「ベリー」でも、そこはやはり6年生、ちゃんと大きく口を開けて、マジメにコーラスしてます。合奏してます。そんなギャップが可笑しいやらほほえましいやら。子供ってこういうところがかわいいよね。さてそこからいくつものグループに分かれ、「体験学習」するのですが、「奄美の島歌を習う」とか「セラピー犬を知ろう」とか「車椅子体験」などなどおもしろそうなグループがある中、ウチの子は、「**さんと遊ぼう」。なんじゃそれ。しかも今日は12月並みに寒い気温の中、運動場に借り出され、40分間、子供たちがドッヂボールをする姿を参観しておりました・・・鼻の奥がツンツン痛かったわ。寒くて。不真面目で申し訳ないんですけど、もう、おしゃべりしてないと寒くて寒くて。よく見ると**さんは片腕が動かないのでした。障害のある大人のかたと、身体を使って遊ぼう、という体験だったようです。**さんは確かに片腕しか使えませんが、器用にボールをキャッチするし、鋭く投げるし、子供相手の遠慮がなくて好感(笑)でも寒かった・・・・・ダンナは仕事なので、そのあと娘とお昼を食べて、ラブベリーを持って近所のスーパーへ。子供服を眺めてると、娘の名前を呼ぶ女の子たちの声。高学年の女の子のグループが呼びかけてくれてたのでした。嬉しそうに手を振り返す娘。ひとりっこなので、年上の女の子に声をかけてもらうだけですごく喜びます。掃除の時間に監督をしてくれる高学年や、同じ登校班の高学年のおねえちゃんたちの中にはこうやって時々声をかけてくれる子がいます。向こうにしてみれば気軽な気持ちなのかもしれませんが、なんとなくほのぼのと優しい、女の子らしさを感じられて、好きですね。こういうふうに、気さくな優しさを持つ女の子になってほしいです(とか言ってる母親にはそんなやさしさがない)。そのあとゲーセンに行ったら、ラブベリーは恐ろしいほどに長蛇の列(ヒィ~!)同じクラスKちゃんがいて、おしゃべりしながら待ってる本人たちは楽しそうですが、待たされてる親はたまりません。修行のようです。しかもさんざん迷って選んだ勝負なのに、もうコーディネイトの時点で負けてるし(アホ?)もちろんタンバリン勝負でも負けです。聞けばKちゃんはすっごいハマりようで、夏休み中家でもタンバリンの練習をしてたそうで、そりゃもう手馴れたもの(笑)それを考えるとウチの娘なんかは、明らかに「みんながやってるからやってる」て感じですね。ま、これも話題のひとつだからしょうがないか。あんまり長いこと待たされて、母は頭痛を感じながら、やっと帰ることが出来ました。ああ~長い一日だったわ!家に帰ると、ひろみちおにいさんとキヨコおねえさんの番組をやってました。3歳?4歳?くらいの子供たちがぴょんぴょんダンスというか体操というか。かわいいよねーホントかわいい。思えばウチの子もこの頃はかわいかった。こんなにかわいいんだから、あの頃もっと率先して遊んでやればよかったなあ~としみじみ。(でももしももうひとり生まれたとしても、その反省は絶対生かされないと思うな(ヒドイ母親・笑))

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。