スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Austin City Limits*Eric Johnson

先日見つけたACLでの、王子の普段にないハイテンションなパフォーマンスがすっかり気に入って(?)しまって、
なんとかしてこの全容を見たいと思っておったのですが、
えー、入手しました。
ごめんなさい王子!欲望には勝てませんでした!

とゆーことで、今回ゲットしたのはACLでの王子ほぼ全出演放映分が見られるものです。
まず85年放送分。王子30歳。
わっかーーーーーーーーい!むっちゃ若い!
黒のスーツに、白のスタンドカラーのシャツ、テキサス人のお決まり?ループタイ。
ブロンドキラキラ、子供のように細い!
多少の画像の荒さのせいとはいえ、そのお肌のツルツルさはなんですか?!
これはACL初めての出演時だそうですが、
高校のプロムで、自分は踊るほうじゃなくてバンドで参加した、って感じの王子です!どう見ても18歳にしか見えない!童顔にも程がある!(爆)
そいでもって、「I'm Finding You」を演奏しました。
あ、これって「スーベニール」にはいってる曲やんか。
あれれ?これって王子が歌ってるんちゃうかったんや!
ロブ・アレキサンダーさんというベース/ボーカルの方だったのね!
またこのロブさんもけっこう甘いマスクのかたで、王子ほど童顔ではないにしても
二人並ぶ姿はやはりプロムナイトの高校生(ほほえましい・・・)
声とかボーカルスタイルが、王子となんら違和感のない方ですね。
王子が彼のベースとボーカルをとても気に入って一緒にやったということですが、
やさしげで甘いボーカルスタイル。確かにこの曲にあってます。。。
「夜へと延びるハイウェイ、
君へと導く一筋の明かり、
いつかきっと、君にはわからなくても、
いつか必ず、僕は君をきっと見つけるよ」
これは単純にラブソングとして楽しんでます。
王子このころ未婚。ほんと、ロマンチストですよね(笑)
しかし85年放送ということは、Tones発表前となります?
でもTonesからの曲はもちろん、Cliffs of DoverもTribute to Jerry ReedもManhattanも演ってます。

次は89年。これは先日オフィシャルで発売されたやつです。
その次は97年放映分。G3のころです。まさにあのビデオと同じ?服です。
G3にしろ、これにしろ、このころの王子はほんまにもくもくと、おとなしく弾いてはります。
ちょっと元気がないようにも見えるのは気のせいか?
さて、いよいよわたくしが見たかった2001年放映分です。王子は紺色のGジャンぽいジャケット、中には赤のシャツ、たぶんジーパン。一曲目はZenland。カッコイイ曲です。内股プレイは相変わらずですが(爆)、けっこうちょろちょろと動き回ってます。さて次です!問題の(?)Friends!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!すげーよ王子!なんちゅうの、「手振り」が入るんですよ!ギタリストらしく、右手を上げるのはもちろん、両手離してバンザイまでしてますよ!!!!!芸風を変えようと思った時期だったのか?????(爆)「何かいいことあったのかしら王子?」というジェイさんのコメントが思い浮かび、一人爆笑してしまいました(笑)いやーかつてない、「熱いエリック・ジョンソン」なプレイスタイル!でもけしてカメラ目線とか、恍惚の表情とかにはならんですね・・・・やっぱそこは王子らしくてヨイです。次のNothing Can Keep Me From Youではこれほどまでにはエキサイトしてないのよね。なぜFriendsだけあんなに熱いのか(笑)謎です。メンバーはラブチャイルドの面々(と思う)。アルバム参加してるボーカリスト、Malford Milliganも共演してます。全曲目は<リンク:http://www.pbs.org/klru/austin/artists/artist24.html>こちらで・・・しかしこうやって、年数を追って王子を見ると、童顔ながらも年はとってるのを感じます。いえ、美しさに変わりはありませんし、王子時間での加齢ですから、わたしのような凡人のトシのとり方とは全然違います。でもそんな王子ですら、加齢とともに「下がって」来るのね~~~というのを痛切に感じました。頬を見てて、一番にそれを感じました。いやほんま、普通の30代40代50代とは明らかに違うし、若いんですけどね。いやしかし。やはりわたしのようなまるっきりの凡人は、せいぜいお肌のお手入れにがんばらねばならんのだわと、痛切に感じましたわ・・・(って、ギタリスト(しかも男性)を見て、美容の手本に考えるかなぢぶん・・・・)ちなみにこのAustin City Limitsという番組のエンディング(?)には、製作者たちの名前が出てくるんですが(プロデューサーとかカメラマンとかの名前ね)、それぞれのスナップ写真付きで画面に流れて、なんともほのぼのしております。

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。