スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック

ブログ最大の謎、トラックバック。どうやらわたしは誤解してたようで…

これって、「ワタシが紹介したいブログさんを自分のトコに貼り付ける」もんだと思ってたんですよ。「同題材で書いてます」とか「おもしろかったです」っていう気持ちを、自分とこで紹介出来てそれが相手さんのブログでも自動的にリンクさせてもらえる、いわゆる「相互リンク」みたいなコトがイッパツでできる、というものだと思ってました。
それだったら自分がそのブログさんの書かれたことをちゃんと読んでるってことだし、紹介させてくださいっていう事前の断りをナシでも紹介できて(タイムラグがないという利点がある)それならエエやん、て思ってたんだけど。違うのね。

もちろん(わたしが思ってたTBにしても)かならず相手さんにこっちの感想や気持ちを、相手さんのコメント欄に書き込んでから、ってのが大原則だと思ってたんですよ。そのへんはサイト同士のリンクと同じですよね(リンクフリーとされてるとこは別として)

でも、そうじゃないということを知りましたー!
トラックバックって、<色:#ff0033>相手のブログに自分のブログの記事アドレスを貼り付けることなのね!っていうか、イマドキそんな誤解してるのはお前だけじゃオバハン!ヴォゲ!ってか?まあそういわれたらそうなんですけどね。無知は最大の罪とも恥とも言いますからね。

TBは自分も相手と同じ内容、あるいは関連のある内容を書いてる場合にTBするということだそうですが、なるほどそれはわかった。でも、同題材だからTB、じゃなくて、TB相手のブログに行けば、こちらの書いたことの感想があるとか、あるいはちょこっと紹介されている、とか、そういのがあると思ってたんですよね。そうすればこっちのコメント欄に何も書いてなくても、こちらに興味を持ってくれたこともわかるから、TB貼られる理由もわかる。

まさにこちらの<リンク:http://kotonoha.main.jp/weblog/000255_trackback.html>「3分でわかるトラックバック」です。土方さんのブログ内に「局長ブログより」ってすでにリンクしてますよね。コレなら相互リンク。

あるいはコメント下さってるなら、相手さんのブログ内からこっちがリンクされてなくても、「読んでね♪」ってお気持ちはもちろん通じるので、わたしは全くOK!

でも現実はこうとは限らないんだよね・・・
もちろん、コメントくださって、TBを言って下さった方もいらっしゃったんですが(TB機能を恥外してからだったので、TBにお答えできませんでしたが。ほんとすみません)その前に別の方でこんなことがありまして・・・先日わたしのとこにTBがあった先に訪問してみました。でもわたしのブログのことについては全く紹介されてない。同じ題材だからTBなの?それでもイイけどでもこっちのコメント欄にも何も書かれてないし・・・まあとりあえずコメント残してこっちもTB貼らしてもらって帰ってきたんですが(この時点ではTBを初めの誤解のまんまだった)。その後色々ネットでTBを調べてみてTBについてがわかってきた。するとどうしても、「勝手に自分のアドレスを相手のブログに貼り付けてもイイ」ってのが、「エ~そんなんあり~?」って感がぬぐえない。こっちのコメント欄なり、相手さんの内容の中になり、何かヒトコトかいててもらえればこっちに貼られた理由もわかるんだけど、そしてそれは嬉しいことなんだけども、(そしてそれがそもそものエチケットであったということを知ると)、そうじゃない場合、一方的に相手のアドレスを貼られたというような感情を持ってしまうんですよわたしはね。ええ、ココロが狭いといわれればそれまでです。みんなそうしてんだからええやないけ、いちいち挨拶ナシでできるんだから気軽でええんやんけ、勝手に貼られたのがイヤなら向こうに行って貼り返せばええんじゃヴォゲ、といわれればそれまでです。しかしね・・・ダンナに聞いてみたところ、「そうや~。(今じゃ)言ってみればTBってのは宣伝チラシを勝手に入れられるようなもんや。だからそれがイヤって人は、初めからTB機能を外してるんや」と言われ、ああ、端的に言えばやはりそういうことなのか・・・と納得しました。ま、言ってみればわたしはどこまでも自分の書いたことに関する感想を求めてるわけです。黙って読んでもらってても、それはもちろん嬉しいことです。こんなオバチャンの長い独り言を黙って読んでくださってるなんて、なんて優しい方なんでしょう。もちろん何かコメントいただけるのも嬉しいです。わぁいわぁい。話しかけてもらっちゃった♪って感じです(ホントです)。それだけにアラシのようなことや極端なケンカ腰の反対意見を書かれるとかなりヘコむのでそれはやめてください。泣きながら返信なしに削除します(今んとこないけど、ありそうな話題書いちゃったから事前に断わっときます)。TBは人それぞれの受け取り方だと思います。TB欄に増えれば増えるほど嬉しいって人もいると思うし。歓迎!ってかたは広がりがあるのでいいと思います。ホント人それぞれ。ただ、そもそもはやはり、コメント欄にヒトコトその旨を記しておく、か、自分の記事の中で紹介しておく、ってのが基本的礼儀、だったらしいんですよね。わたしはその考えの人なので、でも今の世間はそうではないようなので、TB機能は外しました。って、ここまで書いてて、あ~書かなきゃよかったかなやっぱと思ったりもしてます。わざわざ書くことでもなかったよね・・・トラックバックセンターってのもあるそうですね。宣伝にはもってこい!ですね。ここなら宣伝する側も検索する側も便利でイイと思います。

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。