スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LavshucaとBabooshka

カネボウから<ラブーシュカ>という化粧品ブランドが出ました。
資生堂の<マジョリカ・マジョルカ>みたいなイメージの、若い女の子向けのラインです。
(ま、はっきりいって二番煎じ。二匹目のドジョウ)
かわいくはしてるけど、チープな感が否めない、と思われる方もいると思います。まー確かにそうなんですけど、
でもやっぱかわいい。sweet-a-holicなわたくしといたしましては、非常に魅力です。
ANNA SUIの化粧品が黒ロリなら、マジョやラブーシュカは白ロリというかんじでしょうか。
どっちも好きですが、アナスイだとデパートまで買いに行かないといけないし、美容部員さんがニガテなので、近所のスーパーやドラッグストアでちゃちゃっと買えるほうがありがたいです。
普段はマジョマジョのケースにプラウディアのファンデを入れて使ってるんですが(カッチリはまります)、
ラブーシュカもかわいいなあ~。チークがちょうどなくなってきてるので買っちゃおうかな。

ちなみに<Lavshuca>とはロシア語で<罠>という意味だそうです。
もちろんわたしはケイト・ブッシュの<<リンク:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00000DQSS/qid=1139357545/sr=1-18/ref=sr_1_2_18/249-7978512-6401113>Babooshka>を思い出しました。バブーシュカって、あのかわいい三角巾みたいなヘッドドレスよね。と思ってたら違ったわ!ロシア語で<おばあちゃん>っていう意味なのね!
あ~そうなのか!ケイト・ブッシュのバブーシュカは、夫の気持ちを確かめようと、「バブーシュカ」という偽名を使って手紙を書く女性の歌なんだけど、

<左>{}
{ルンルン}All yours,Babooshka, babooshka, babooshka{ルンルン}

あの悲しい手紙の締めは、若い女と浮気をする夫に対して、「あなたの古女房より」みたいなかんじなのね~きっと{グズン}(なんで夫を騙すための偽名が三角巾なんやろー?ってずっと思ってたよ…)
バブーシュカ=おばあちゃんだけど、たぶん英語圏のひとにはミステリアスな響きの女性名に聞こえるんだろうな(日本人にもそう聞こえるもん)。
自らを「おばあちゃん」だなんて、浮気をされてる、けして若くない妻の、自虐的な偽名だったってわけですね。バブーシュカが仕掛けた、罠(ラブーシュカ)なわけですね。
やっぱケイト・ブッシュって、おそろしいなあ・・・・・・{ハート}

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。