スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢字検定

実は娘、1月に「漢字検定」を受けました。
塾から貰ってきたチラシを見て、わたしの気まぐれで受験申し込みをしました(無計画)。
冬休みに勉強させればいいや~と思ってたのですが、年末や正月に勉強なんかするわけないです。いや、正しくいえば、勉強に付き合ってやる気がないわけですわたしに(アカンやろ)。
冬休みが終わろうかと言う頃からようやく重い腰を上げ、突貫工事で問題集を解かせてました。ええもう、それは鬼ババアのように(オマエがもっと早くから面倒見てればよかったんやろ)。
しかしどんどん近づく受験日。あ~もうダメだ~問題集全部出来なかった~あーあムダ金だったな~(オマエのせいやろ)。
来年はがんばろう~(あたしが)。

受験を終えて娘は自信満々だったのですが、そんな子供の言うことを信用するわけありません。
合否は40日後といわれ、なんぼほど待たすねんと思ってたのですが、

ようやっと結果がきました。なんと合格。しかも150点満点中、149点。奇跡のようです。ビギナーズラックか?

<左>{}
スイマセン自慢くさくて。でもホント、自慢できるとこがない子なの!たまには許してください<(__)>
まあ、初10級なんて、受験範囲は1年生が習う範囲の漢字80字と、ひらがな・カタカナだけなんです。それの書き取り読み取り、あと漢字の書き順及び総画数。ウチの場合、難関は書き順ですね。なんせいいかげんな性格だからウチの子。間違えた1問というのも、<力>の書き順だったようです(本人談)。
試験というものを受けるのは生まれて初めてだったのですが、ちゃんと理解できたのね、各設問の意味を!問題集やらせといてよかったよ。

「合格したら200円あげるから」と、オカネでつってたのですが(ええ、もちろん良くはないです)、点数が良かったので300円渡してやりました。
塾の先生が驚いてたそうで、「どうや、イイことで人をビックリさすのは面白いやろ」と言ってやったら、嬉しそうに「ウン」と言っておりました。
まあ、来年以降も合格させないと意味ないんですけどね。来年はいきなり240字が範囲なので、そっからが本気ですね。いつまでやる気が続くやら。ええ、わたしのやる気が、です(ははは)。

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。