スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お菓子な片想い・第1巻

<リンク:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4812462479/250-1194183-3519455><左>{}

「まんがライフMOMO」に連載中の、阿部川キネコさんの4コマです。
ヲタ風味満開の漫画の世界では、知る人ぞ知るの存在のかただそうですが、
この「お菓子な片想い」は(多少設定にヲタ風味はあるものの)純然たる、胸キュンの少女マンガ。
とはいえ4コマ誌に連載のものですから、随所に笑いも盛り込まれています。
マンガとしてのおもしろさがきちんとあるからでしょう、ウチのダンナも「おもしろい」と読みきりました(切ないテイストは理解してないと思いますが)。
なんとあの!みつはしちかこさんもご推薦です。
お菓子作りが好きで、背の低いことがコンプレックスの、高校2年の女の子、ちまちゃんと、
彼女より1歳年下で、バスケ部のホープでクールな手塚くんと言う設定。
年下の男の子にドキドキするってのは、永遠の少女マンガ世界のひとつですね。
だからと言ってバカにしてはいけない。甘やかで、切なくて、すごく泣けるのです。
「お菓子な片想い」というタイトルも、片想いの甘さをよく表現してると思います。
少女の夢と妄想でふわふわにふくらんだ綿菓子のような片想いは、きれいで、甘く、実態がなく、
終わりがなく、食べずに大事にとっておきたいもの。
でも食べずに宝箱にしまっておいても、気が付けば綿菓子ははかなく消えてしまうのです。
最後のちまちゃんの決意は、号泣です(イイトシして、アタシだけか?)。
今後がとても楽しみなマンガです(4コママンガなので、話の進展がとても遅いのだ{汗})

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。