スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Better ThingsとOn The Outside

娘に好きな曲と聞かれ、一番初めに聞かせようと思ったのは、キンクスのBette Thingsでした。
落ち込んだときにわたしを励ましてくれるんはいつもこの曲です。アリスタ時代の局で、短い曲なのですがキンクスファンからの支持はとても高く、隠れた珠玉の名曲だと思います。

軽快なピアノにのんびりしたギターが重なり、それをさらに調子付けるようにドラムがかぶさって、レイのボーカルが始まる。イントロの構成がとにかく素晴らしい。なんだか森羅万象が折り重なって、美しい世界を開いていくような感じがする。

Here's wishing you the bluest sky,
And hoping something better comes tomorrow.
Hoping all the verses rhyme,
And the very best of choruses to
Follow all the doubt and sadness.
I know that better things are on the way.

出だしに入ってる「the bluest sky」という歌詞が好きだ。
そう歌われるだけで、まるで自分の頭上にも青空が広がってるような気がする。
なんだかリズムに乗り切れてないカンジで(笑)、ゆっくりと歌うレイの鼻声と、
キラキラした音色と伸びやかなフレーズのデイヴのギターがたまらなく耳に心地いい。

I know you've got a lot of good things happening up ahead.
The past is gone it's all been said.
So here's to what the future brings,
I know tomorrow you'll find better things.
I know tomorrow you'll find better things.

繰り返されるI know tomorrow you'll find better things. という歌詞。
明日はきっといいことが君を待ってるよだなんて、そんなことわかるわけないんだけど、
レイの声があまりに優しくて、若干不器用なもんだから、
すごくすごく、信じられてしまう。
それが本当かどうかが問題ではなくて、
そう言ってくれる人がいるというのが嬉しい。
もちろんわたしのために言ってくれてるわけじゃないんだけども(笑)、
レイの甘くてやさしくてちょっとメランコリックな声は、わたしの心のずっとずっと奥に、
すうっとしみこんでいく心地いい水のようなのです。
お恥ずかしい話ですが、この曲を聞いてると、目尻に涙が浮かぶときがあるのです。


Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。