スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Put the Hammer Down / The Yayhoos

入手しました。Yayhoosのニューアルバム、Put the Hammer Downです。
(6月にオフィシャルリリースということだけど、今だアマゾンjpその他では予約も扱っておらず・・・)

<左>{}<色:#333333>(裏ジャケです)

いいよ!やっぱダンちゃんサイコー{グッド}このジャケ写の表情からして、イイね!50過ぎてこんな表情できる人、なかなかおらんでしょ!!{ラブ}
切っても切っても上等な金太郎飴サウンド。期待に応えて、変わらずエヴァーグリーンな魅力です。
yayhoosは他のメンバーとの楽曲持ち寄り、ボーカルもシェアで、そういうスタイルはジョージア・サテライツと同じといえますね。
変わらぬダンちゃんのボーカル!野放図でヤンチャでキュート{キューピット}ほんと好き好き大好き~~{ラブラブ}
Where's your boyfriend atはTerry Anderson作で、ボーカルはダンちゃん。ポップでキャッチーなメロディにダンちゃんの生きのイイ声が乗っかって、聴く者の気持ちを引っ張っていきます!
Never Give an inchはDan Bairdらしさに満ちた一曲。Rights As Rainはテリーとダンの共作で、ちょいと哀愁のある素敵な曲です。Hurtin'ThingはEric Ambelで、この人の声ってちょっと鼻にかかってて、盛り上がりの少ないボーカルスタイル。これもワタシ好みだわ(笑)Between you and meはちょっとカントリーっぽいような、寂しげなメロディが印象的。Fittin' to doはブルースロック調でカッコイイ。Over The TopはKeith Christopher(この人はgeorgia Satellitesの前身バンドKeith & The Satellitesのメンバーで、ダンと一緒にやっていた。ちなみにレッチリのプロデュースで有名なBrendan O'Brianが一時期Satsのメンバーだったそうです)の曲。静かに穏やかに終わります。

どの曲も、一回聴いたら覚えちゃうような曲ばかりで、でもなんで売れんのやろな~{ため息}でもyayhoosは売れなくてもいいのかもしれない・・・。それぞれがソロとしての本分も持ってるから、Yayhoosは同好の士の集まり的な、ホントにたのしそうな雰囲気に満ちてるのが1番の魅力かもしれない。
(いや、やっぱり本人らはババーンとメジャーヒット出したいだろうけど・笑)

Yayhoosらしいテイストが味わえる、最たるナンバーが「Everything/Anything」ではないかしら。もう可笑しくなるくらいノリイッパツ。ボーカルはみなで持ち回りで、それぞれが曲中で自己紹介してるのよ(爆)ライブに使うと盛りあがるっぽいよね~{ハート}ダンちゃんはソロでやろうがバンドでやろうが、何を歌っても、彼の魂の「健全さ」が表れてるようで、そこが最大に気持ちいいところです。わたしのとっての<なごみ系ロック>ですね~!前回のアルバムでは、ABBAのダンシング・クイーンで度肝を抜いてくれたYayhoosですが、今回のカヴァーはO'Jaysの「Love Train」。つってもアタシ、知らんかってんけどね。タイトルといい、曲調といい、めっちゃ70年代やなーと思ってたらカヴァーでした(笑)バンド全員が持ち回りで歌っていくスタイルで、ちょうどSatsの3rd収録の「Another Chance」みたいな感じです。これがかわい~~んだ!めっちゃハッピー{キラリ}な一曲です!もう1曲はB-52'sの「Roam」。B-52'sはわたしよく知らんのですが(かろうじて「Love Shack」を知ってるくらいで)、80年代の、コジャレてポップでテクノでビーハイヴなバンドちゅうイメージなんですが・・・泥くさアメリカンサウンドのダンちゃんとは結びつかないのでビックリしてしまいました。でも彼らにとっては、好きであればジャンルはノーボーダーなのね(笑)そんなこんなで、実にロックンロール天国な1枚です!聴いてると、今が21世紀であることを忘れてしまう(笑)このアルバムがバカスカ売れるのであれば、それは世界が平和だということなのかもしれないな~。そんな時代が来るまで、yayhoosにはロックしてってほしいと思います。<左>{}<リンク:http://www.yayhoos.com/newcd.htm>The Yayhoos CD{レフト}ここから試聴できます(試聴どころか、フルで聴けるよ・・・)

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。