スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルトの楽園

ママ友Kちゃんがタダ券あるから見ぃひん?と誘ってくれたので、行ってきました~。
(この券で「紅薔薇夫人」も見ることが出来て、これはかなり我らオバチャンの好奇心をくすぐったんだけども、チカンとかいたらイヤなので、泣く泣く(?)あきらめました)

第1次大戦時、香川県にあったドイツ兵収容所での実話が元だそうです。
<楽園>と書いて<がくえん>と読むそうです。
なので「ブラス!」みたいな感じの楽団モノで、収容所が舞台なんだと思ってました。
違いました。
日本映画ってどうしてこう、事実だけを描こうとするのかしら?あれもこれも入れようとするので、結局何が話の中心なのかわからなくなっちゃうのよねぇー。
いい俳優さんばっかだっただけに、惜しい。
主役の収容所所長が松平健。彼の「人間性を尊重するやり方」に反抗する将校が阿部寛。
背が大きいわけじゃないけどガタイのデカい男前松平健と、長身痩身の男前阿部ちゃん。
ううーん。ドイツ人役者に負けない(イヤ、勝ってる)なあー。つくづく美形かどうかは人種じゃないよな、個人だよな、と思いました。
ちなみに私の中で、「世界のどの舞台に出してもゼッタイ恥ずかしくない、イヤむしろ自慢の日本美形の代表は「高橋英樹」さんです。桃太郎侍ね。
健さんの妻役が高島礼子さん。個人的に好きな女優さんです。きりっとしてしかしやさしげな雰囲気は、実に大和撫子っぽいなーと思います。なんで高知と結婚したんやろ~もったいないな~別れりゃいいのに。
大杉蓮さんもチョイ役で出てました。素敵よねーv平田満はうまいよなー。
同じくチョイ役の市原悦子がまたイイ。脱走したドイツ兵の手当てをしてやるだけなんだけど、日本の田舎の純朴なおばあちゃんなんだけど、ちょっと魔女めいた雰囲気が実によかったです。もったいないよなーチョイ役なんて。
でも一番カッコよかったのは国村隼さん。ドイツ語通訳も出来る穏やかで冷静な所長補佐役。エエ役柄でしたー素敵だった。アタシはナンバー1よりナンバー2が好きなんだなーとつくづく感じたよ。アオレンジャーが好き。コンドルのジョーが好き。
ドイツ兵少将にブルーノ・ガンツ。素敵なおじいちゃんになってました。「ベルリン/天使の詩」あれはホンマに素敵な映画だったな。また見たくなっちゃいました{ハート}




Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。