スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根裏の散歩者

<リンク:http://minko0930.blog15.fc2.com/>minkoさんちも大変だったご様子。実はウチも似たようなことがあったのです。
もう大丈夫かなーと思うので書きます・・・

7月半ばの、やたら雨が降り続けたことがありましたが、
やたらウチの屋根から、物音が聞こえてました。
2,3回目の初めは「猫かな?」と思ってたのですが(いやそう思いたかっただけとも言える)、
ある日の午前、またドッタンバッタン、ハデな物音がする・・・
また猫?・・・・いや、今日はこんなに雨が降ってるのに、屋根の上に猫がいるなんて、ありえない・・・
そう気付いてしまってはもうダメです。自分をごまかせない!!

<特大><太><色:#ff0000>こ れ は 屋 根 裏 に 何 か い る ! ! ! 

思い込んだら止まらない。傘を持って物音のする天井の位置を突いて突いて突きまくる!!
こっちか?おりゃーーーーっ!
そっち行きよったか!どうりゃーーーーーーーっ!!!
屋根裏では下からの攻撃に驚き走り回る「何か」の足音が、右へ左へ、リビングから台所へ、洗面所へ、そしてまたリビングへ~~~~っ!
どう考えてもこれは「ネズミ」に違いない!ハムスターとかリスとかハツカネズミとかは可愛いし、ねずみ自体は顔かわいいと思うけど、ドブネズミ、イエネズミはなんと言っても「病原菌」を持っている!
台所を荒らされるのもイヤだし、天井裏で死なれるのも、子供を産まれるのも困るやん!!

必死で天井を突っつくワタシ。オラオラ出て行けやぁーーーー!!

そして物音がしばし止みました。ふう。とりあえず休戦か・・・
と思ったわたしの目の端に映ったのは、窓の外を走り抜ける「何か」の姿!やった!出て行きよった!
アレ?でもネズミじゃない、大きい!ナニ?やっぱ猫だったの???
そう思った5分後、また天井裏から物音が~~!
戻ってきたのか?それともまだいたのか??
再び傘で天井を突くわたし。もう執念です。何であれ、いつかれるのは困る!増えるのは困る!!
一階中突きまくったのち、また窓の外を走り抜ける「何か」の姿!
ネズミよりはるかに大きく、猫ほど大きくない。そして茶色く、にゅるっとした身体の線!!あれは!<左>{}<小><太><色:#666666><色:#0066ff>にゅるりにょろり<特大><太><色:#ff0000>イタチ!!!!!!!イタチかよ!このへんは田舎なので、確かに今までも夜にイタチを見かけたことがありました。そのときは「イタチや~~かわいい~~」と目を細めていたわたしなのですが、自分ちにもぐりこまれてた場合は、わけが違う!(人間て勝手よね~~)天井裏にウンコされたり、巣を作られたり、子供増えたりしたら困る~~~!早速ネットで調べたら「イタチに侵入された場合、家のどこかに必ず「侵入可能な穴」があるはずです、と書かれていたので、早速自分の家を調べました。このへんから逃げたであろう場所はわかっていたので、そこに回って見ますと、あった~!まさにイタチにピッタリな、侵入口が!ウチは中古家屋なんです。先代さん?が空けたのであろう、クーラー口のような穴がありました!ここや!しかしもしかしたらまだウチにイタチがいるかもしれません。なのでいきなり穴をふさぎきると、天井裏で死なれる可能性がある・・・万一そうなると、悪臭はするし、**は湧くし(気持ち悪くて書けない)、結果天井板や壁をはがしてその死体を出さなくてはならなくなり、どえらい大変なことになるらしい・・・ ((((;゜Д゜)))ガクガクブルブルてことで、こうしました。<左>{}使い捨てのプラコップを穴にはめてふさぎました。軽いので万一まだイタチが家の中にいた場合は、押して出ることが出来ます。でもコップの形状ゆえ、外から中に入ることは出来ません。(プラカップをかじって侵入、ということも考えられますが、そこまでするなら他に行くのではないかと・・・)二週間近く経ちましたが、物音も異臭もしないので、もういないと思われます。そろそろきちんと塞がねば。ああ良かった・・・マジでホッとしています。ちなみにイタチは「保護獣」だそうです、殺してはいけません。いやそう言われなくても、殺すのは出来んわ。つい最近、近所でイタチの礫死体を見かけました。「アンタが追い出したイタチちゃうか~(笑)」とダンナ。しかしそう言われましても・・・わたしはわたしで自分の家&家族を守らねばならんからねぇ。すぐ近くには竹藪があるんです。普段はそのへんに生息してるんじゃないかなあ。あの時は豪雨続きだったので、雨を避けるためにウチに来たのではないかしらん、と推測しています。トラックの荷台にでもしのびこんで、近くの山にお帰り~イタチたちよ…野生動物と人間の共存は難しいのだ。

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。