スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後日談

先日娘が帰宅して、おやつを食べながら学校でのことをグチっておりました。
最近は例の「Aちゃん」(1学期のときにここに書きました、スピッツみたいにキャンキャンほえる子)で悩んでるらしく、連日グチってるのを母はハイハイと聞いていたのですが、

今日はちと様子が違う。明日学校に行きたくないというのです。
よくよく聞くと

「Aちゃんに『アンタなんかどっか行って。死んでくれたらいいのに』って言われた」

しかし1日学校を休んだくらいでどうなることではないし、かといって放置するにはちょっと問題発言過ぎるな、とさすがに考え、

担任の先生に電話で相談しました。

電話で「すみません、娘のことなのですが」とわたしが行ったらすぐに先生は

「Aちゃんのことですか」

先生も、数日前からウチの子の表情が暗いことを気にしてくれてたそうです。

そうなると話は早いので、今日言われたことと、ちょっとあまりにひどい物言いなのではないかということを伝えると先生は、よくわかってもらったようで、翌日、は何誌をしてくれました。

先生にどうなったかを知らせていただいたのですが、
この件にはBちゃんが絡んでおり、さらに娘に話を聞いたところ、Bちゃんが娘に「なあなあ、Aちゃんのこと好き?」と問うてきたらしいのです。
じつはここさいきん、Aちゃんのあまりのわがままぶりに嫌気が差し(班のことでもAちゃんが勝手に決めてしまうらしい)「なんでAちゃんが何でもかんでも決めてしまうの?!」と意見して以来、Aちゃんと冷戦状態だった娘はついその問いに「嫌い」と言ってしまったそうで、Bちゃんはその「嫌い」をAちゃんに伝え、Aちゃんは怒り、「死ね」になったようです。

Aちゃんも問題だと常々思ってるのですが(実は彼女は1年生のときにも当時同じクラスのCちゃんを振り回し、ストレスを与えており、先生からも注意を受けている。対象はウチの子だけではないわけです)、このBちゃんというのがどうも前々からわたしはクセモノだな、と思っていたのですが・・・
先生は、Bちゃんに「アンタが口を挟むからいけない。Aちゃんと○○(ウチの子)のことなんだから、2人に任せておきなさい」と忠言してくれたそうです(ちなみにAちゃんとBちゃんは同じマンション)。


Bちゃんはきっと「わかっててかき回してる」と思うんですよね。2年生だけど、マセている。悪知恵の回るイライザタイプ。
娘に「アンタはCちゃんがアンタとAちゃんの間を余計にかき回そうとして、そんなこと訊いてきたってのがわからないのかね?」と問うてみましたところ、娘は目を丸くして「わからへん・・・」と答えました。オーマイガー。ウチの子はアホです。子供です。大人から見たらこんなにわかりやすいBちゃんのたくらみも気づかない。そして正直に「Aちゃんが嫌い」なことを告げてしまう。Bちゃんしてやったりです。早速Aちゃんに告げに行きます。Aちゃん怒ります(わたしからいえば、そもそもAちゃんアンタがわがまま邦題やから嫌われるんやろうが、と思うんですが)。Aちゃんウチの子を捕まえて「あんたはどうしたいの?」とと問うたそうです。娘答えます「Aちゃんが勝手に何でもかんでも決めてしまうのをやめて欲しいだけ」。それが気に入らないAちゃんは言いました「アンタなんかどこか行けばいい、死んでくれたらいいのに」

とまあ、これが事の次第のようです。そしてAちゃんは自分が何を言ったかことの重大さがわかっていない。どういう育てかたされてんだか全く。ケッ。
Aちゃんは実は1年生のときにも当時同じクラスのCちゃんを振り回し、ストレスを与えており、先生からも注意を受けている。対象はウチの子だけではない。Bちゃんは「泣いたら勝ちやねんで」と公言してるらしい。お母さんがそう言ったんだってさ・・・

娘に「なんで先生の相談せんのね」と問うと「Aちゃんはすぐ泣くから、そうなると結局悪いのはあたしになってしまう。だから相談できない」。泣いたら勝ちを実践する子には、所詮子供では勝てません。

Aちゃんは「振り回し子ちゃん」Bちゃんは「かき混ぜ子ちゃん」なわけです。

まあこういうタイプの子にいつの間にか巻き込まれてるウチの子も、要領が悪いというか無防備というかバカというかなのだと思います。人間関係は周りをよく見て計算ズクで行かねばならない。「××ちゃんのこと好き?」なんて訊いてくる子自身が××ちゃんのことを嫌ってるのだから、それに乗ってはいけない。正直な告白はしてはいけない。正しい意見ほど通らない(いじめられてる子かばったら、かばったがわもいじめられるのと同じですね)。みんな仲良く、は所詮無理だから、テキトーににょろにょろくぐりぬけていけ・・・

ということを延々娘に伝授(?)したのですが・・・ホントはこういうことも成長とともに自分で得ていくものなのですが、どうも娘の周りはこずるい子が多い。

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。