スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高階良子さん

先日書いた記事のレスを書いていて、そうそう、アタシ自身マンガでいっぱい雑学を身につけたな~としばし感慨に耽りました。

「クレープ」という食べ物を知ったのは「なかよし」に連載してた原ちえこさんのマンガでした(なんていうマンガだったかな~・・・ジプシーの女の子が主人公だった)。原ちえこさんはいがらしゆみこさんのお姉さんだったんじゃないかな・・・。今はハーレクンロマンスのマンガ版を描かれています。絵柄はあのまんまで、ちょっと古い感じがしなくもないけど、それが逆にハーレクインの世界に合ってるんだなー。

「ジジ」とか「リュリュ」とかいう、オシャレな名前は大矢ちきさんのマンガ。大矢ちきさんのマンガはどれもいつも麗しくおしゃれだった~。緻密な描きこみも素晴らしかった。大人になってからミュシャの絵画を初めて見たとき、「あ~大矢ちきさんは絶対ミュシャがお好きなんだわ~」と思いました。

観音開きで、大きい、上の方が丸いドーム型の、ロマンチックなカタチの窓を「フランス窓」というのだと知ったのは、田渕由美子さんの「フランス窓便り」。この方のマンガはいつも繊細でオトメちっくで、大好きでした。当時一番好きな漫画家さんだったな。


Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。