スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツボ

ツボにハマる、という言葉は世間でよく使われてて、実際わたしもよく使うんですが、
何で人によって、その「ツボ」が違うのかが不思議です。
わたしは声フェチなので、楽曲に加えて、声が「ツボ」に浜rかどうかというのも重要なんですが、
世間で人気の高い歌手の声がツボか、というとそうではないのも不思議です。
一般的に、人気の高い歌手の声は「アルファ波」を出してるから心地よく聞こえるのだといわれます。
たとえば松田聖子とか、マライヤ・キャリーの声からはアルファはが出てるそうなんですが、わたしはこれらを聞いても全く心地よくなりません。むしろ苦手な種類です。
アルファは、などという科学的なもので計れるのであれば、当然わたしが松田聖子ファンであってもおかしくないはずなのですが。

楽曲の趣味も、ことさらマイナーなものを捜し求めてるわけではなく、
たとえばもうメジャーもメジャー、大メジャーなビリー・ジョエルは中学ん時からずっと好きです。アルバムも、ナイロン・カーテンまでは全部持ってます。
ドアーズも大好きだし、バリバリディスコミュージックのデッド・オア・アライブも大好き。ホラホラ、ちゃんとメジャーなものも好きなんですよ(笑)
一番好きなのがキンクスなので、どうもマイナー嗜好と思われるようですが・・・。
でも最近の音楽の中で、唯一気に入ったのが「スターセイラー」なんですが、しかし彼らはUKロックのブライテスト・ホープといわれてる割には、どうもコールドプレイやトラヴィスほどには話題に上らない気がします。確かにコールドプレイを聞いてると「あ、なるほど、スターセイラーとかコールドプレイみたいな音が、今の音なんだなー」という共通点は見い出せるのですが、
でも好きなのは断然、スターセイラーです。どれくらい好きかというと、もう聴いてると目頭が熱くなるほど好きです。むちゃくちゃ「ツボ」なんです。キンクスを聴き始めた頃、サムシング・エルスを聴いたときに「あ、アタシがずっと聴きたかった曲がここにある」と

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。