スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Father Christmas

{ツリー}{サンタブーツ}{クラッカー}{プレゼント}{キャンドル}<太><色:#ff0000>Merry Christmas!{ツリー}{サンタブーツ}{クラッカー}{プレゼント}{キャンドル}

<太><色:#ff00ff>{ルンルン}Father Christmas / The Kinks{ルンルン}


「Father Christmas」はキンクスのクリスマスソングです。
クリスマスムードたっぷりのキラキラとドリーミィーな鉄琴の音が始まったと思ったら、いきなりその平穏な雰囲気をぶち破るようにはいってくるギター、ドラム、ベースが、この曲の主人公である「ちびっこギャングの襲撃」を表現してて、演出効果抜群です。レイのボーカルもいつになくハジけてやんちゃ。
あらかじめ歌詞の内容を知っておいていただけると、このPVでのレイの、にくたらしくもかわいい表情の意味と演技力が楽しんでいただけるのではないかしらと思います。
(勝手に画像&訳詞UP。レイ・デイヴィスさんごめんなさい・・)

<太><色:#006633>ファーザー・クリスマス / 歌と演奏:キンクス

<色:#0066cc>小さい頃はサンタ・クロースを信じてた
親父がサンタだと知るまではね
クリスマスになれば靴下をぶら下げて
プレゼントに喜んだもんだったさ

クリスマスのバイト最終日
オレがデパートのそとでサンタクロースの格好をしてたら
悪ガキギャングどもが襲い掛かってきて
オレのトナカイを床にたたきのめし、こう言ったんだ

「よう、サンタさんよ、ちっとばかり金くれよ
つまんねえおもちゃでごまかしてんじゃねえよ
金を渡せねえってんならぶちのめすぜ
アンタのパン買う金さえくれれば、それでいいんだよ
おもちゃなんざみな、金持ちのガキにくれてやりな
 
弟に*スティーブ・オースティン変装セットなんかいらねぇ
妹にぬいぐるみもいらねぇ
オイラたちゃジグソーパズルだの、モノポリーゲームの金だの、いらねんだ
オイラたちが欲しいのはホンマもんの現ナマだけなんだよ!

さあサンタさんよ、金くれよ
グズグズしてっとぶちのめすぞ
金出せつってんだろ、サンタさんよォ
そんなくだらねぇおもちゃでごまかそうとしてんじゃないよ

だけど父ちゃんには仕事をあげてよ、父ちゃん失業中なんだ
ウチは食い扶持がたくさんいるってのにサ・・・
アンタ、それすらくれねぇってんなら
マシンガンでそのへんのガキびびらしたるぞゴルァ

だからサンタさんよ、ちっとばかり金くれよ
つまんねぇおもちゃで遊んでるヒマねえんだよ
金を渡せねえってんならぶちのめすぜ
アンタのパン買う金さえくれれば、それでいいんだよ
おもちゃなんざみな、金持ちのガキにくれてやりな」

<色:#ff66ff>あなたに楽しいクリスマスを
素敵な時間をお過ごしください
だけどあなたがワインを飲んでる間にも
プレゼントをもらえない子供たちがいるってことを忘れないで

<色:#0066cc>「さあサンタさんよ、早くカネくれよ
つまんねぇおもちゃでごまかしてんじゃねぇよ
金くれねえってんならぶちのめしたるぞ
アンタのパン買う金くれれば、それでいいんだ
おもちゃなんざ全部、金持ちのガキどもにくれてやらぁ!!」

<小>(*スティーブ・オースティン=73~78年までアメリカで放映されたTVシリーズ「<リンク:http://ja.wikipedia.org/wiki/600%E4%B8%87%E3%83%89%E3%83%AB%E3%81%AE%E7%94%B7>600万ドルの男」の主人公の名前、のことと思われます。steve austin outfitとあるので、変装セット一式、と意訳です。仮面ライダーベルトとかみたいな感じなのかな~と。77年発表の曲なんで時代的には合ってるんだけど、間違ってるかもです。
サンタのバイトってのもなんとなく雰囲気です。キンクスの歌詞にはあまりまともな仕事してる人は出てこない気がするので(笑))

サンタの扮装をした男を、サンタだと信じて金を奪おうとする子供たち、って設定がおかしくもあり悲しくもあり。わたしの頭の中では、マコーレー・カルキンがこのちびっこギャングのボスです(芸達者)。
お金を強奪しようとしてるわりには、サンタを信じてる子供たちの姿が切ないんですよね。でもそれを哀れな物語にせず、あくまでもユーモアと哀愁を織り交ぜて歌うのがいいのよねぇー。

終盤の「プレゼントをもらえない子供たちのことを忘れないで」っていうのも、そのまんまの意味って言うよりも、
「世間はそんなわかったようなきれいごと言ってるケド、実際はこんなふうに、金に困って強盗したいぐらいの気持ちでいる子供たちがいるんだぜ」って、ユーモア交じりに実は現実を突きつけてるような気がするんですよねぇー。
(エ?それはアタシがひねくれすぎてるってか?!)

ま、そういうのはそれぞれ聴く人によって違うと思うんですが、ポップソングとしてとってもいい曲だと思うんですよねー。お楽しみいただければ幸いです。
みなさんにとって楽しいクリスマスでありますように{ツリー}{クラッカー}

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。