スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華麗なる恋の舞台で (予告編)

久しぶりに風邪引きました・・・喉が痛くアタマがぼーっとして肩こりがひどいです・・・しかしこれは書いておきたい・・・

先日ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッドを見に行ったとき、流れた予告編・・・

<特大><太><色:#ff0000>うををををををを!この声はっ?!

<特大><太><色:#ff0000>またまたジェレミー・アイアンズ様新作です!

<リンク:http://www.alcine-terran.com/kareinaru/><特大><太><色:#ff0000><華麗なる恋の舞台で>

<左>{}
<左>{}
(またワタシ好みのコスプレちっくなお洋服{ハート}も~ジェレ様ったらホント毎回アタシのツボを突くご登場だわ~~{ラブラブ})

有名舞台女優が若い男性と恋におち、やがて裏切られ、そしてラストは痛快に、ってコトらしいです。原作はサマセット・モームの「劇場」(いや読んだことないですけど)。文芸作品が原作だけど、堅苦しい感じはなくて、ちょっとコメディ寄り?めっちゃおもしろそうなんです!ジェレさまは主役の舞台女優の夫役です。夫がいても堂々と若い男と恋をする!イイな~女優だなあ~。
(それにしてもわたしも、こういう中年女性が主役、というのに心動かされるようになったなあ~・爆)

それにしてもジェレさまは次々と作品に出てて、ホンマよく働く!思えばわたしの好きな芸能人はその存在はちとマイナーだけど、すごくよく働く人が多いのだ!ジェレ様然り、レイ然り、王子然り・・・

東京では2月10日公開。でも大阪は3月10日からなんですよ~遅っ!早く観たいのになあ~!(ちなみにOS名画座にて)
原題は「Being Julia」ジュリアは主人公の名前だから、真の自分(ジュリア)であること、みたいな意味?なのかな?
なのに邦題、ダサ。邦題付けて大正解、って作品も数多くあるけど、コレはなァ・・・ジェレ様ご出演でなかったら完全に観る気なくすでコレ。ダサいは長いは、メッチャ憶えにくいんだよっ!{怒}

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。