スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトメちっくマニア

イイトシですがあいも変わらずオトメちっくなモノが大好きです。
楽天で服を探すときも、検索キーワードは「ヴィクトリアン」「ガーリー」「ロマンチック」(爆)
でも「ヲイヲイアホちゃうかオバハン」、とツッコミを入れる礼儀は忘れません。アンド普段はちゃんとユニクロや大型スーパーで買った服を着て目立たないようにしていますので大丈夫です。母親が悪目立ちすると子供に影響行きますから、気をつけないとね。

イイトシしてマンガも好きなので、娘の「ちゃお」はわたしもほぼ全部読みます。お気に入りは「はぴはぴクローバー」。牧歌的なストーリーとドジっ娘ウサギに萌えです。でもマンガはオカネに限界があるのであまり買えません。で、Yahooコミックで立ち読みだけして去っているのがほとんどですが(笑)、ちょっと面白いマンガを見つけました。

スヴェトラナ・クマコヴァという漫画家さんが描いた「ドラマコン」という作品です。
なんだそりゃロシア人みたいなペンネームだな。まあCLAMPとかジョージ朝倉とか、変わったペンネームの人はイッパイいるしな、と想ったら、なんとマジでロシア人の女性。いやロシア系?と言ったほうがいいのかな。アメリカ在住の漫画家さんのようです。

マンガのストーリーはコミックコンベション(日本で言うところのコミケみたいなもの?)に出かけた女の子が彼氏とケンカして違うイケメンに出会って、ってことらしいです。立ち読みぶんしか見てないのですが、驚くべきはその絵柄。おお見事に少女マンガというかジャパニメーションというか。ちゃんとシリアス絵柄と2頭身絵柄を組み合わせてることにも驚きました。惜しむらくはコマワリがまだまだ単調だということでしょうか。
しかし独白で始まるところなんかまさに日本のマンガそっくり。むかーしまだ日本のマンガが海外で認められてなかったころ、「日本のマンガの独白シーンがアメリカ人には理解できない。なぜならアメリカ人は思ったことは全て口に出していうからだ」というのを読んだことがあるのですが、えーそんなことないでしょ~いくらアメリカ人でも心の中でつぶやくことはあるんじゃないの、と思ってたんですが、やはりあるようです。万国共通。当たり前よね!

日本のマンガも韓国や台湾でよく読まれてるというのはもうだいぶ前からですが、アメリカのティーンエイジャーの娘さんたちにもファンが増えてるそうです。ちょっと前にテレビで見たのは、日本の少女マンガが大好きだというアメリカの女の子。ちょいとぽっちゃりした、いわゆる「冴えない」カンジの女の子でありました。弱肉強食の度合いが激しいアメリカでは、彼女のようなごくごくフツーの女の子にとって、日本の少女マンガは<日常を忘れさせる、最強のファンタジー>に思えるのではないでしょうか。かつてティーンエイジャーだったわたしにとってもそうであったように。いや、生存競争の激しいアメリカであればよけいに憧れるファンタジーなのではないかしら。
(でもあんまりのめり込むと、王子さま至上主義になっちゃって現実不適応になっちゃうのでご注意よ~アメリカのお嬢チャンたち←老婆心)

バブルの頃はセクシーやゴージャス流行りでしたが、最近は古着や安い服を自分のセンスで組み合わせるファッションや和装のブーム、ガーリーやロマンティックという言葉が定着してきて、ああ、やっぱみんな「オトメちっく」なものが好きなんやん、とすごく嬉しいのです。(バブルの頃はガーリーなんて言葉、なかったような気が)
わたしは一見バカみたいに目が大きく描かれた少女マンガの絵柄は、実は「目は口ほどにものを言う」という言葉が自然に形になった、日本ならではの絵画表現なんじゃないかなと思っています。
筋肉ムキムキのアメリカンコミックから、お目目キラキラの日本のマンガが海外で認められてるのも、かわいくて優しくて切なくて言葉に出来ない、みたいなものがみんなほんとは好きなんだ、っていうこと気づいてきたからなんじゃないでしょうか。今や世界的にバブルが終わって来てる時なのかな。お金云々ではなくて、精神的バブルの終焉。

イイトシしてオトメちっくなモノが好きでたまらんっていうのが、実はずっと恥ずかしかったんですが、
最近の世の流れを見てると、それも許されるかなーと思えてきたのがありがたい(カン違いか?)
まあ、あまり目立たないようにしようとは思ってるんですが・・・<小>大阪オフ会のときは張り切り過ぎました、しゅみません・・・あーアタシのオトメちっくマニアっぷりが治らないのはキンクスファンであるがゆえ、ってのもあります・・・レイ・デイヴィスの描く世界はわたしのオトメゴコロを加速させるのよ・・・

オトメは年齢ではないというのは、密かな持論です。年取ってもドキドキするのがオトメ。だからヨン様ファンのおばサマたちもオトメ。わたしもオトメ(笑)



Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。