スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-15アイドルの母と東京タワーのオカン

今朝の「スッキリ」(観てもぜんぜんスッキリしない番組ですけどね~ショコポチさん・笑)で、
<14歳のTバックアイドル・泉明日香>(敬称略)とその<母>が出てました。

15歳以下のグラビアアイドル(セクシーショット満載)のことをU-15アイドルというらしいのですが、
アングラっぽい世間話を載せてるサイトなんかで、ロリに興味のないわたしですら時々見かけます。セクシーショットというよりも、ハッキリ「ソレ」を狙ってるとモロわかりのスク水着写真やセーラー服の数々。「エロすぎるやろ・・・」と唖然とします。パンツ丸見え。股間クッキリ。オールヌードより絶対にエロ。いや、エロというより、「いやらしい」。

今朝スッキリに出てたオカンは37歳。「スレンダーな体型の今なら、Tバックもいやらしくない」「ウチの娘はかわいい路線は無理だから、Tバックでセクシー路線を狙った」と言うてましたが、
もとアイドル(?)で、現在も芸能活動をしてるらしいこの母親、ホンマは自分がやりたいんでしょうな。でも37歳で年齢相応の自分では金銭価値がないことはわかってる。だからきれい盛りの14歳のわが子をグラビアアイドルにして満足してる。
娘を利用してるというより、娘をあまりにも自分と同一化してる。「きれいだったころの自分」「こうありたかった自分」を、今現在キラキラと若くてきれいで魅力的な自分の娘に投影してしまってる気がします。

わたしも娘に対してそういう傾向があって、ピアノの練習をさせてても、そろばんや塾に通わせてても、純粋に「スキルを身につけておけば損はしない」、という気持ちでやってんですが(とりあえず薬剤師とか歯科衛生士とか栄養士とか、現実に役立つ資格を取れればいいな~と思う・笑)自分の心のどこかに「自分がなりたかった『ピアノも弾けて計算も速い、賢い女の子』」を思い描いてる気がします。
娘が学校の人間関係でふさいでいても、話を聴く反面、「それはあんたがこうすればよかったんじゃないの」とつい説教の方が多くなってしまいます。小2に賢さを求めても無理だとわかってはいるのですが、やはり娘の中に「こうありたかった自分」を投影してるんですよねぇ。

でもいくら娘に自分を投影してもグラビアアイドルにはさせません(苦笑)。だっていくら「エロじゃない」と言い張ったって、その写真集を手にする輩がどういう目線で見てるかなんてわかりきってることですしねえ。自分の娘の水着写真を見て妄想されてるなんて考えただけでもゲー吐きそうですよ。
ヘタにネットにわが子の顔写真を流出させると、その顔部分を勝手にアイコラされて(もちろんエロっぽく)2次流出されるケースもあるそうなので気をつけないとね。
前述のオカンも自分の娘を利用してやってる写真が、いやらしい目線で見られてるのは充分わかりきってるはずです。わかってるからこそその「いやらしさ」に価値があるっていうこともわかってるやってんだから。そこを認めないフリでわが子をTバックにしてるってのがあざといというかズルイというか。自分のずるさを認めない人間てのはほんと汚い。

娘がもこみちファンなので「東京タワー」見てるんですけど、倍賞美津子さん演じるオカンがホンマいいんですよ。息子のことが大好きで、息子の世話をすることが大好きで、でもやりたいことは自由にさせてて、でも見返りは求めない「無償の母の愛」。

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。