スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレス。

夏休みに入った娘ですが、
家にいるままでは母子ともにストレスがたまるので、1ヶ月間、習い事、塾、学校のプール、お友達んちに行く&呼ぶ、親子で遊びに行く、などなどとりあえず計画は立てています。
その計画の中に、市がやってる、小学生を一日遊ばせてくれるクラスがあり、
そこにも時々行かせる日があります。

ここは無料だし、家で退屈するよりいいんじゃないかと思って計画に入れたんですが、
1年生から6年生までみないっしょに行動します。
男の子とはまあさほど関わることはないし、意地悪なことを言う子がいてもまあ男子だからしょうがないか、と思うのですが、
問題は年上の女子。
もちろんたいがいの女の子は、ウチの娘のような1年生には親切だったり優しかったりしてくれるようですが、なかには男の子顔負けの絡み方をする子もいるようで。
バカとかどんくさいとかマヌケとか、まあ、思いつく限りの悪口雑言を言ってくれるらしく、
ま、オトナから見ればそれも試練かと思うのですが、
言われる娘にしてみれば、それはそれでストレスがたまるらしく、
学校に行ってても、誰がどうしたこうしたああ言われたこう言われたと、毎日小さな事件があるようですが、

自分が子供だった頃のことを思い返しても(OLやってたときももちろん)、「ああ~確かに学校(OL)時代ってのは、どこに行っても、何かかにかストレスのモトがあったよなあ・・・」友達同士のこと、クラスにいる問題児のこと、勉強のこと。運動が苦手だったので、体育も気が重かった。仕事してれば上司、同僚、客、後輩、ストレスだらけ・・・運動が苦手なわたしに似たのか、娘は幼児のころから「水遊び」が特別苦手で(普通子供は喜ぶんだけどねぇ~)、それが今、「水泳の授業苦手」につながってて(水に顔が付けられない。目を開けたまま顔を付けないと先生は認めてくれないんだってさ。厳しいよねえ)、それがとても気が重い毎日らしい。まあそういうさまざまな小さなストレスに打ち勝ちながら、人間は成長するわけですが、わが子からのそんなストレッサー報告を聞いていると、そのストレスをまた自分自身もう1度体験してるような気分になります。気ぃ重。ダンナも時々仕事のグチを言いますが(酔っ払ったときとか(笑))、ダンナにしろ娘にしろ、やはり、「外」で、「好まない人間ともかかわらなければいけない」生活を送ってると、ストレス!ストレス!ストレス!!!の連続ですよね・・・わたしは今、専業主婦で、苦手な人と関わらなければいけないこともほとんどなくって、用事がなければ出かけなくてよくて、ほとんどひきこもりのような生活です。特別いいこともないけど、すごくストレスになるようなこともありません。なんだかんだ言っても、ひきこもってるのは、ラクだよな。と思います。人間の生活としては、よくないよな、やはり。せめて娘の「ストレス報告」だけは聞いてやらねば、と思ってるのですが、聞いてるとだんだん、わたしまでがその話の相手にムカついてきて(オトナゲないオバハン)エキサイトしてたりして・・・ひきこもり主婦が窓ごしに見る、わが子世界のなんともどかしいことよ。

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。