スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

<リンク:http://www.disney.co.jp/pirates/>パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド(公式サイト)

<左>{}
ジョニデさんのファンではないですが、スパロウ船長は大好きです。
この映画の中でもいわれてたけど、「計算づくなのか?いきあたりばったりなのか?」わからないのがイイですね(おそらく後者だけど)。
優雅なオカマ歩きが相変わらず魅力的なスパロウ船長、今回もとっても魅力サクレツでした。
前回でデイヴィ・ジョーンズによって「海の墓場」送りにされたスパロウ船長。「海の墓場」とは、その者にとっての終わりなき地獄の生活が続いてる場所なわけですが、船長のその”地獄”とは?がむちゃくちゃ可笑しいのです(笑)
すごくマンガちっくでありえねーキャラなのに、そこにいるかのような生き生きとした魅力。ジョニー・デップってホンマ演技が達者やなあとしみじみ感心しました。彼が演じなかったらジャック・スパロウはこれほど魅力的にはならなかっただろうし、こんなヒット作にはならなかったでしょうねぇ~。

シンガポールの海賊、チョウ・ヨンファめちゃカッコよかったです。バルボッサ船長も今回は出ずっぱりでよかったな~。オーリィは相変わらずかわいかったです。ぜったいキーラ・ナイトレイより美人だよなあ~オーリィがお姫さま役の方が絶対似合う(笑)あ、そうそう、サルがすごい。バルボッサ船長のペットのおサル。すごい演技。アレほんまは人間が入ってんじゃないのか?(笑)

<左>{}
デイヴィ・ジョーンズの恋人は誰だったのか?も明かされますが、もっともっと切なく盛り上げてほしかったですねぇ~・・・。ウィルはお父ちゃん助けなアカンし、エリザベスとウィルの恋物語も描かなアカンし、スパロウ船長はいじらなアカンし、いそがしいねんな。内容豊富すぎるねんな(笑)
ホンマやったら最終話にする前にもう1回、橋渡し的な作品を作っても良かったのかもしれませんが、そうすると世間に飽きられるかもしれんので、一挙にやっちゃったカンジなんでしょうか。そのせいかそれぞれのエピソードが散漫になってしまった感はありますが、キャラクターがそれぞれ魅力的で立ってるので、飽きさせないからいいとしましょう。最後の戦闘シーンは長かったけどすごく迫力があったから飽きへんかったしね。それまでギャグばっかだったスパロウ船長もここではカッコイイ立ち回り(笑わせてもくれますが)。バルボッサ船長がこれまたカッコイーんだ。戦ってヨシ、立ち会ってヨシの素敵さでした{ハート}

で、今回話題になってるようでなってない、キース・リチャーズが出演してる!ちゅうのが今回のわたしの目的のひとつだったんですが、
ウ~ンまだ出てこ~へん、まだ出てこ~へん、もしかしてすっごいチョイ役すぎてアタシ見逃した?って心配なリ始めた頃、やたっ!出てきましたキーさん!!{パチパチ}
うわはははははははは{汗}もうどっからどう見てもジャック・スパロウの親父でした。まさに<この親にしてこの子あり>ッちゅー感じです。ジョニデさんの「キース・リチャーズをモデルに演じた」というセンスに脱帽です。
カメオ出演よろしくチョロッと出て終わり、と思ってたんですが、思ってたよりずっと長く出てました。ええ、キーさんのあの演技力を堪能できるほどに(爆)これまでにもさんざんストーンズのPVでキーさんの演技は見てきましたが、<小>上達せんよね・・・いえいえ、存在感が全てですから、彼は。それにしてもシワっぽいな~シワは年齢以上やね。それだけに役には合ってましたが。

<左>{}(映画中ではもっとシワシワっぽい)

スパロウ船長はいっぱい出てくるし(いろんな意味で・クスッ)、楽しかったです。
結末の付け方も納得できるものでした。わたし的には満足です。
エンドロールの途中で帰っちゃダメですよ。最後の最後まで楽しまなきゃね~!

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。