スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入れ替わり

"入れ替わりモノ"が流行ってるんでしょうか。テレビでこの設定をよく見かけます。

先駆け(?)はインテルのCMかな。LA在住のヤンエグ(懐かしい言葉だな)ジョンと、東京の小学生・タカシがある朝突然入れ替わったCM。それぞれの演技がすごく上手いので好きなCMなんですが(「どうしよう~今日日直なのに!」ってのがツボでした)、新しいバージョンはバレリーナ・マリエの身体がジョンの身体になって、タカシの身体がマリエになってる。泣くマリエちゃん(身体ジョン)もかわいいが、女性の体になってコーフンし、乳をもんでお母さんに怒られるタカシ(身体マリエ)が秀逸。息子の思わぬエロさにあわてるお母さんも好き。
じゃあジョンはどこへ行ったんだ?と思ってたら、どうも今の状態は、ジョンの心はジョンの飼い犬・ビリーの身体の中らしい。複雑だ。つまり

小学生・タカシ(心) × バレリーナ・マリエ(身体)
バレリーナ・マリエ(心) × ヤンエグ・ジョン(身体)
ヤンエグ・ジョン(心) × 犬・ビリー(身体)
犬・ビリー(心) × 小学生・タカシ(身体)
※つまりはじめに入れ替わったタカシの体のまま心は犬で、なぜかジョンの仕事はこなせてるらしい

てことらしい。これはインテルのHPまで行くようなモノ好きでないとわからないようになってるんだけど、なぜCMでそこまでするのか?そんなにHPを見て欲しいのか?そういうことなんだろうなあ。企業にとってHPを見てもらうってのはすごく重要なことなんですね、今は。

このCMは入れ替わったことよりも、入れ替わったこの外見じゃ、これまでの生活が出来ないじゃん!てことに驚いてる点が可笑しいんだと思います。本来驚くべき点からちょっとズレてるというか、いや、それだけ普段の生活が大事ってことなんでしょうかね。
マリエの体になったタカシは嬉しそうですが(笑)

そうこうしてるとソフトバンクのCMの家族構成に謎が。兄妹が兄妹に見えないのもナンですが、お父さんが犬って。しかも「お前にはまだ早い!」って。妹も充分大人なのに、なぜまだ早いのか。お兄ちゃんはその謎の答えを知ってるのか。ちなみに犬おとうさんの声は北大路欣也さんだそうで。もうお年なのに、すごく声に張りがありますよねぇ。
ウチのダンナがすごくこのCMに興味津々で。「なんでおとうさんが犬やねん」とこだわってます。さらには妹の声が枯れて掛布さんになってる(声は松っちゃん?)。この辺からちょっと「入れ替わり」っぽいニオイが感じられると思うのはワタシだけかしらん。
ソフトバンクにしてみれば、話題になるのはCMばっかなので、いっそ引っ張れるだけ引っ張りたいのかなあ。

ついには日曜の9時ドラマにも入れ替わりモノ。「パパとムスメの7日間」。タイトルどおり50代のパパと高校生の娘が入れ替わり、外見に合わない心のまま、それぞれの生活を送りその大変さを知る、というパターンです。先は見えてると思いつつ、舘ひろしさんの内股っぷりと、新垣結衣ちゃんがかわいいので親子で見ています。

そういえば男女入れ替わり映画の代表名作、「転校生」も撮りなおしたんですねぇ。新しいほうは見てないですが、元祖「転校生」はすごく好きな映画です。

入れ替わりモノはマンガにもたくさんあると思うんですが、すごくオススメなのが「てやんでぃBaby」。風呂場で死んだヤクザの若者が、その心のまま、赤ちゃんに生まれ変わってしまう(乗り移ってしまう?)というヤツ。とにかくおもしろいんですよ。
でも文庫版では途中で終わっちゃってるんですよねぇ。星夫くん結局どうなるのか。ヤクザ時代の記憶を残したまま成長は出来ないと思うんだけどなあ。
また風呂場で死に掛けて、それをキッカケに真っ白な心の赤ちゃんになれるって最終回じゃないかなと勝手に思ってるんですが。

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。