スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット小市民のチカラ

<リンク:http://blog.zaq.ne.jp/myfavorites/article/225/>クイーン・オブ・FRデイヴィッドファンのおんこち嬢のブログで、「FR氏の22歳時代の映像発見!」という記事を読みました。いや~スゴイ。ふっさふさなのもすごいけど、ずっと「謎のシンガー」だったFR氏の、大昔のお宝映像がネットに上がってるというのがまたスゴイ。

でもこういう映像が出てくるって、ホントネットってスゴイな~って思いますね。あれほどの世界的な洋ロックブームだった80年代でも見つからなかったものだもんねえ。
キンクスの評価も、80年代まではホント低かったんですよ。「レイデイヴィス?ああ、クリッシーハインドのダンナね」ってVIVA ROCKの3面記事欄に書かれてたこともあったしなぁ(悲)本来のロック界においての地位的にいえば、絶対レイの方が上なはずなんだけど、当時はそんな風な扱いだったんですよ。少なくとも日本においては。
それがネットの発達に比例してすこしづつ、そしてどんどん高くなりました。今じゃ英国人の一番お気に入りの曲に「ウォータールー・サンセット」が選ばれてるらしいし、レイは女王陛下からCBE(級勲爵士)までいただいたし。ま、わたしらファンからしたら「今頃高評価って、遅いくらいじゃ世間めボケ!」ってカンジではありますが、でも不当に評価が低いままよりかはずっといいと思っています。
で、こういうキンクスの再評価に繋がったのは、やっぱネット上でのファンの意見がすこしづつ実を結んだ結果じゃないかな、と思います。
ネットって、"個人"の意見が言いやすく、どこかで誰かがそれを見てるから、やがてメディアも気付いてくれるって事なのかもしれません。メジャーなものばかりを取り上げるマスコミっていわゆる情報のプロなワケだけど、プロなわりには大多数意見にしか気付かない、気付けない、あるいは取り上げられないんだっていう弱点があるんだなあと思いました。大多数の人の共感を煽らなければいけない媒体だから、しょうがないのですけれども。
別にキンクスに限らず、これまで「マイナー」と括られてきた存在のミュージシャンすべてにおいて言えることだと思います。



ようつべなんかで検索してると、80年代当時sonyMTVじゃそうそう流してもらえなかったPVがいっぱい見つかりますもんね。前述のFR氏のWordsとかもそうだし。
80年代は洋ロック花盛りでよかったなあ~って思うことも多々あるんですが、でもよくよく考えればわたしの好きなミュージシャンの情報に関しては、今の方がダンゼン、入手しやすいんですよねぇ(笑)
そう考えると、今この時代もなかなかいいもんだなあと思います。
で、↑のPVですが(笑)おんこっちゃんのFR氏のビデオを見たついで(?)に、yahooおフランスで検索したら出てきたんでございます{ハート}ようつべでは今見られないのよね、Lost & FoundのPV。
レイのコスプレが絶好調。もう最高にわたしのツボをつきまくってるPVです。当時初めて見たとき、あまりのワタシ好みの設定で驚き&爆笑しました。レイのどアップのオメメキラキラ{キラリ}が素敵{ラブラブ}も~アタシを堕とそうとしてるとしか思えませんわん!!{ラブラブ}
ホントになんでこんなに何もかもがワタシ好みなのかしらレイって。ハンサムじゃないのはわかってるんですよ。でもわたしにとってはレイのそのルックス・才能モロモロが、ジェレミー・アイアンズより美しい男性なの~~~{ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}
神が創りたもうたわたしのためのオーダーメイド、いや、オートクチュールとしか思えないのよね~!{ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。