スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメだ!!

昨日はPL花火に行っておりました。ダンナの同僚さん(女性)のおうちの近所からよく見える、というので、早くから上がりこんで(ご夫婦はモチロン仕事。その間ワタシ、指示をもらってメシ作り(爆))。
ホンマはその辺を書くつもりだったのですが、日は変わって今日の話です。

今日は1次予選に向けてのレッスンでした。これがも~娘、全く弾けない。
まさか音符が追えないというのではないのですが、「指示記号」ですね、メゾピアノとかメゾフォルテとか、クレッシェンドデクレッシェンド、そしてペダル。アンタなに無視してんの?!というくらい注意ができないというか、集中力がない。それより何より、これはここ半年ほど非常に気になってる点なのですが、

先生の指示を聞かない

のです。あからさまに「えー!」みたいなカオするし、ため息つくし。オマエ何様やねん!て感じです。先生に対してそんな顔できるくらいオマエは上手いんか?!えええ??????
「素直でなければ何事も上達しないよ!」と何度も言ってるのですが・・・これって反抗期でしょうか。いや、なんだか「性格」のような気がして非常にムカつくのです。出来なくて泣く、とか、悔しくて泣く、のはいいのですが(今まではそうだった)、反抗、はイカン。反抗するくらいならピアノやめちまえ!
実際、何事も”素直”でないと、習い事や勉強やスポーツは上達しないと思うんですよ。

で、結局最終的には泣き出して他の生徒さんに迷惑をかけたので、日を改めて明日やりましょうということで帰ってきました(つまりは追い出されたわけです。そりゃそうだ)。

もうね~、別に才能があるわけでなし、やる気に満ちてるわけでなし、もちろん音大を目指してるわけでもない。毎日毎日わたしが言い出さないと練習しないのに、なんで母子でバトルしながらピアノの練習しなきゃいけないのか。もうええやん。好きな曲の楽譜買ってきて勝手に練習して満足してればええやん、と思うんですが、これまた反抗期か?ひねくれてるのか?「やめてしまえ」というと「絶対やめない!だって始めた頃より上手になってるもん!」と言うし。そらそうだよ、アンタ幼稚園の頃は素直で、泣きながら1時間でも2時間でも練習したもん。それに比べて今のあんたは、ちょっと弾けるくらいで鼻高々で、弾けてるつもりになってるんだもん。
もうねぇ。ヤマハやめたらアタシラクになるよな~絶対って思うのです。マジで疲れた。毎日キリキリキリキリ。エキセントリックなお母さんでいるのは。母親がラクになりたいがために止めさすのかって言われると、それはダメだってわかってるから止めさせられないんですが。
でもなあ~こうまでして続ける価値があるのか?そんな大層な地位のものだろうか、娘にとって。
よく子供の頃母に「お母さんかって怒りたくて怒ってんちゃうんやんで!」って言われたもんですが、ホンマしみじみ、それを実感してます。そう思うとわたしも母を困らせていたわけだなと気付くのですが。

今日「大好き!五つ子」をたまたま見てたら、サッカー好きの高校生の息子が怪我?をしてサッカーをやめなきゃいけないかも、という場面で、心配する母親に息子が「オレをいくつだと思ってんの?心配しなくていいよ」と言うのにたいして、母親役の森尾由美さんが「オヤは心配するくらいしか出来ないんだから、うっとおしいかもしれないけど、ウザいかもしれないけど、心配させてよ!それくらいガマンしなさいよ!子供なんだから!」っていうセリフを言ってて、泣けちゃいましたよ。そうそう、その通りだよ!!

別にピアニストになってほしいわけでもないし、一流大学に入ってほしいわけでもないんですよね。そんなのハナから無理とわかってるし。多分本人もそんなことは目指してないし、目指しそうにもないし。
ヤマハでもお友達付き合いでも何でもそうなんですが、特別なことは望んでないんですよねぇ。ただ素直に楽しく生きていける人間になってほしいだけなんですが。
それは人生経験を積まないとそうなれないってコトなんでしょうか。本人次第なのかなあ。それにしても今のあの状態は絶対イカンと思うのです。

わたしの育て方が間違ってるのか。

5日の1次予選は落ちると思うんですが、落ちるにしたって、”落ち方”というものがあるからなぁ。
ということで5日が終わるまでわたしもネットできないと思います。こんなグチは軽くスルーしちゃってください。お目汚しですいません。

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。