スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシャレな音楽 ?

?まで続けるつもりないネタだったのですが、
そうそう!ワタシにも80年代のオシャレアルバムで、大好きなのがあったじゃない!!
それは、

Terence Trent D'Arby!!

デビュー当時すごい話題になったひとでした。いろんな血が混じってるそうで、いやー人種が交われば交わるほど人間て綺麗に生まれるもんなんやろか、と思えるルックスのよさ。しかも曲はエエしダンスもカッコエエしでねぇ。そういや当時LaLaだったか花ゆめだったかで連載されてた「CIPHER」というマンガに、テレンちゃんそっくりの男の子が出てたなぁ。
なんもかんもがオシャレで、<リンク:http://www.amazon.co.jp/Introducing-Hardline-According-Terence-Trent/dp/B0000026DG>Introducing The Hardline According to Terence Trent D'Arbyという(長いタイトルの)1stアルバムはどの曲聞いてもエエ曲ばっかで、ホンマ愛聴盤でした。今でも時々聞きます。

wishing well


If You Let Me Stay


Dance Little Sister


Sign your name


どやさどやさ~~どの曲もホンマオシャレでカッコイイ~~{キラリ}パフォーマンスもカッコイイ~~{キラリ}{キラリ}

今はSananda Maitreya(サナンダ・マイトレーヤ)という名前で活動してるようです。ボーカルスタイルといい、ダンスセンスといい、途中改名するところといい(笑)、プリンスをほうふつさせますが、プリンスのようにメジャー状態は長続きしませんでした。デビュー作が衝撃的すぎたのかもしれません。

シングルカットされてる以外の曲も皆素晴らしいんですよ。いやーわたしが唯一愛する「ストレートにオシャレ音楽」です。(ニックロウは外しオシャレ音楽)

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。