スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好みのタイプ

<左>{}先日も少し書きましたが、娘の班には、女子は娘一人。
○班になりたい人!はぁ~い!で決めたらそうなったんだそうだ。
しかも例のごんたくれがまた同じ班(結局ウチの子についてくる形で同じ班になったらしい)
危険回避というのを、まだわからないおバカな年齢なので、
班分けなんて先生が男女同比率になるよう決めてくれりゃぁいいんじゃないか、と思うんですけどね・・・学校にいる時間て、長いもんなぁ。。。

とりあえず今度の席替えのときは、周りをよく見て、ごんたくれと同じ班にならないよう、
女の子が多い班に行くよう、
自分で考えて手を上げろとアドバイスしたのですが、

「え~でもつぎは**クンの横に座りたいねん」

あぁ?何でまた男の子の横やねんアンタ?
しかもその**クンて、こないだの参観の時、ズボンの中に手ぇ突っ込んで女の子に注意されたり、
授業中に全然落ち着きがなくて先生に怒られてた子やんか!

「ウンそう~でも**クンな、

<色:#ff0099>おもしろいからすきやねん~

ア、アンタは、おもしろければそれでエエのか!
男子への価値判断はそこにかかってるのか!!
あんたはもう既に骨の髄まで「大阪女」なのか?!

思えば幼稚園のときから、娘が話す男の子の話は全て
「○△くんて、おもしろいねん~」であった。
ハンサムとか、カッコいいとか、そういう価値基準はないようだ(うわー)

<小>(いや別に**クンを否定してるわけではないのですよ!彼はたぶんふざけるのが好きなだけの陽気で無邪気な子なのでしょう。でも・・・娘を持つ母親にもそれなりの夢ってもんが~)
三つ子の魂百まで。幼い時の異性に対する趣味って、そのまま何らかの形で継続される可能性が高いと思うんですが。ちなみにわたしはこう見えても、幼い頃からかなりシブ正統派の好みでした。なんてったって、次元大介やからね!クリント・イーストウッドやからね!{ラブ}・・・ダンナがイーストッド似かと言うと、全く!全然!違いますけどね{涙}母として、我が娘がちょっとでも女の子らしくあって欲しいとピアノだの塾だのと奔走してるのに、将来、娘が連れてくる彼氏はいったいどんなタイプなのか・・・やっぱり子育ては、バクチですわ(笑)

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。