スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンナノコのオソロシサ

暑いせいか沸点が下がってて、ワタクシ怒りっぽくなってるのかもしれないのですが、

小学校の登校班で知り合った、ご近所さんで同じ1年生のLちゃんと、
ここ最近、娘との関係がおかしいなーとは気づいてたのですが、

ちょっと前まではきゃいきゃい言って遊んでたのですが、ここ最近、娘が「Lちゃん遊んでくれへん」と言って帰ってくるようになりました。
しかし懲りないのがウチの娘、今日もLちゃんの声が聞こえたので、遊んでくる!と言い出し、出かけたはいいが、
ワタシ心配で家の中から覗いてたんですよ(ヤな母親)

やっぱり一緒になんか遊んでないの。出掛けに「一緒に遊べるか訊いとき」と、言っておいたので、「遊べる」と返事が返ってきてたのですが、Lちゃんは自分ちの車の中に入り込んで、娘が「遊ぼう」と言って待ってても、「暑いからイヤー」と出てこない(車の中のほうが暑いやろ)娘はずっと待ってるんですよね。でもあまりに事態が進展しないので、さすがにわたし、「家に帰ってこい」と娘を呼び戻しました。帰ってきた娘はフクザツな顔をしてるのでひざの上に乗せて話を聞くことにしました。あまり詳しくは書かないでおきますが、娘はなんでこうなったのかわからない様子。えぐえぐ泣きながら話すわが子はさすがにかわいそうですが、子供世界は気まぐれなので、自然に任せるしかありません。わたしも子供の頃は友達とケンカしました。でもケンカしたまんまより、仲良くしたほうが楽しいと言うことにすぐ気づき、そして友達も許してくれたもんです。お互いそんな繰り返しで、やがてケンカ無しに譲り合うという方法を身につけていきました。同い年で近所の同性の友達って、貴重だから・・・その後、再びLちゃんの遊ぶ声が聞こえて来ましたが、さすがの娘も「外に行きたい」とは言いませんでした。やっぱり女の子の付き合いって、怖いかもなあ・・・と思っちゃいました。どんなに仲良く見えてても、やがて終わる蜜月時代、ってヤツだったのかもしれません。とオトナはわかっていても、子供には予測不可能ですからね・・・でもさすがに懲りたのか、遊びたいと言い出さない娘。わが子ながら哀れです。今の子供同士の付きあいって、わたしが経験した時代よりフクザツな気がします。妙に大人びた部分と、年齢よりわかってない部分と。バランスがちょっと変わってる様な・・・<リンク:http://driver8.seesaa.net/article/5212519.html>夏草の誘いがあるならば、わたしが子供のころ毎日遊んだ平和な原っぱに、娘を連れて行ってやりたいと思ってます。クローバーが茂ってて、土管がゴロゴロしてた、昭和40年代の、何もないけど楽しかった原っぱ。そこで、子供の頃のわたしと娘、暗くなるまで楽しく仲良く、遊べるといいな・・・(夏草の誘いはsandさんがお書きになった短編です。勝手にリンクしちゃいましたゴメンねsandさん)

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。