スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sweet Rain~死神の精度~

偶然出かけた高の原のイオンにシネコンがあり、なんとココは「はつ~かさんじゅにち~映画が千円!!」だったのです。これはお得だ!ってことで、娘が見たがっていた

<左>{}
<リンク:http://www.shinigaminoseido.jp/>Sweet Rain~死神の精度~

を家族で見てきました。



プロローグ~

人が不慮の死を迎える7日前、死神が該当者の前に現れる。
死神とは該当者に適した姿で接触し、その者のこれまでの人生が「死に値するかどうか」の判断を下す役目。
死にふさわしければ「実行」。そうでないと判断する場合は「見送り」となる。

千葉(金城武)は、その仕事を淡々とこなす死神。青空を知らない雨男で、好きなものは人間界の"ミュージック"全般。人間の感情にはイマイチ関心がなくまた、理解も薄い。
千葉は若いOL・藤木一恵の前に姿を現す。彼女が死にふさわしい生き方をしたかどうか、判断するために。
彼女は幼くして両親と死に別れ、養父母とも死に別れている。そしてさらには、婚約者すらも失っていた。今はメーカーのお客様相談センターに勤めているが、ここでも同僚とうまくいかず、さらにはクレーマーからストーキングまでされているといった、不幸続きの身の上。いつ死んでも心残りのなさそうなこの女性と千葉は7日間を過ごし、そして彼女の身に突然起こった出来事を目の当たりにしたのち、判断を下す・・・


朝のワイドショーでこの映画のことを知った以外はまったく事前知識がありませんでした。
生きてる女性に接する天界(?)人、という設定は「ベルリン・天使の詩」を思い出させます。なのでてっきりラブ・ストーリーだと思っていました。しかし映画が始まって30分ほどで一恵との決着がついてしまい、千葉はまた違う姿で違う人間の前に姿を現すので、アレ?これはオムニバスものなのかしら??と思いつつ見ていたら・・・

不幸OL・一恵編、ヤクザ編、美容師編、と、都合3話で出来上がってるのですが、ああ、一恵編のあの時代風景のビミョ~さと、美容師編でいきなりロボットが出てくるのはそういうことなのね。しかしロボットはいくらなんでもちょっと極端じゃないかという気もしますが。まあ時代差を端的に表現するために、あえて極端なものを出さざるを得なかったのかもしれません。んー、いややっぱ、ロボットはいらないと思うんだがなあ。話の筋にぜんぜん絡まないし。
まあそれはともかく、金城武演じる千葉の淡々とした雰囲気そのままに、淡々としたお話の運びでした。しかしこの映画の主人公はあくまでもこの死神の存在なので、それでいいんだとおもいます。
先がすぐ読める部分もある反面、小学生の娘にはすべてのつながりを理解するのは難しかったかな、と思ったら、ダンナも、ヤクザ編がどうつながってるのかが理解できていませんでした(大爆)説明してみると、ああなるほどそうか!と納得しておりましたが。

伊坂耕太郎さんという方の原作だそうで、原作はとても人気が高いそうです(勉強不足で知りませんでした。スミマセン)。今回、金城武が千葉を演じるなら、ということで原作者からOKが出たそうなのですが、
金城武はかっこよかったです。エエ男はなにを着ても似合うのぅ。好青年風に装えばかわいくなるし、やくざ風に装えばかっこよくなる。暑い系のお顔なので本来ワタシ好みではないのですが、でもかっこいいよねぇ。
小西真奈美もかわいかったし、富司純子はキレ~{キラリ}でした。

ペネロピもそうでしたが、人間がかかってしまう呪縛、というのはけして悪魔や魔女や死神がかけるものではなく、人間自身がかけるものなのだなあ、と、ここ最近見た映画に、それがすべて通じてるような気がしました。


いやそれにしても金城武はかっこいい。
しかし、彼よりもやはりレイのほうがかっこいい、と思ってしまうのも、レイが、あるいは自分が自分にかけた呪いなのかもしれません・・・・・{どくろ}


ところで、わたしはあまり邦画は見なかったのですが、それには理由があります。
70年代~80年代の邦画といえば、とにかく必ずといっていいほどベッドシーンがあり、しかもそれが長々と展開されるのが、すごくすごく嫌いだったのです。
いやいっそ日活ロマンポルノなら楽しく見られると思うのですが(見たことないけど)、話の筋に関係がないエロを出されてもしらけるだけです。お客を違う部分で満足させようとしてどーする!テレビ放映ん時に、お茶の間を凍らせてどーする!
最近は邦画もクオリティが上がったようで、こういうことはなくなってるみたいですね。いいことです。安心して小学生にも映画を見させられます。この映画も安心して子連れで見ることが出来ました{ハッピー}

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。