スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80年代洋楽③

で、あれこれyoutubeで80年代へタイムトリップの旅をしてたのですが、
あの時代をまるっと振り返られる、極め付けを見つけてしまいました。



一部づつしか流されませんが、丁寧に年ごとに区分けされてるのがナイスGJ!です。
ホール&オーツとリック・スプリングフィールドが続くあたりは、あまりに時代感が濃くて泣けてきます(笑)
わたしはブリティッシュNW好きでもなく、しかしアメリカンロック派かというとそうでもなく、ましてやメタラーでは全然なく、という、ヒジョ~~~にポリシーなく聞いておりましたので、こういう「ベストヒットUSA」的選曲が一番シックリ来ます。
(当時LAメタルファンが回りに多かったので、それなりには知っていますが・・)

コリン・ヘイはやっぱりレイに似ている・・・(そしてスティーブ・ウィンウッドもレイに似てる。でもS・ウィンウッドだけハンサム扱いされるのはなんでやねん?!)
このころはジョージ・マイケルも女の子のアイドルだったのだ・・・(まさかゲイだったなんて・・)
エディ・マーフィーが歌ってたなんて、若い人はご存知あるまい(若い人はエディ・マーフィーも知らないか・笑)
スザンナ・ホフスは今見てもかわいいなあ。
良くも悪くも(いや悪かぁないが)、ピークを表す曲はボン・ジョヴィの「リヴィング・オン・プレイヤー」かなあという気がします。
ホワイトスネイクやスコピーがヒットチャートの上位に出てきたあたりから、わたしは「アレレ?」と感じ始め、
このビデオで検証すると、88年から、知ってはいても心に残っていません。
89年のラスト2曲なんかさっぱりわからない・・・(苦笑)


そう考えると、80年代といってもどっぷりだった時間は短かったんだなあと思います。
今みたいにかんたんに情報も手に入らないし、
もちろん日本人だからゆえの苦労(?)も多かった・・・洋雑誌の高かったことよ・・・
だから密度が濃く感じられたのかもしれませんね。
なんにせよ、ワタシとしては非常に楽しい時代でした。
なにより、カム・ダンシングのヒットによってキンクスを知り、ゆりりがみのライブビデオによってレイ・デイヴィスさんの素晴らしいカッコよさを知った時代ですしね~。
レイという脳内彼氏がいたので、現実彼氏がいなくてもまっっっっっっっったく!!困りませんでしたし(笑)

その脳内彼氏は今でもワタシのネツレツな脳内彼氏でありますが(^^;

・・・・・・・・・・・・・・

21世紀になってもう久しいというのになあ・・・いったいこれは何の業なんだろうなぁ・・・( ̄~ ̄;)

テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Comment

tallulah(管理人) #FrUoCQUQ

おかえりなさいませ~。
ねー!このビデオ製作者のかたのこの仕事も、立派にボランティア活動といえるくらい、人を楽しませてると思います。(*^ー゚)bグッジョブ!
しかし同じPC知識でも、こういう楽しいものを作られる方もいれば、ウィルス撒き散らすヤツもいるし・・ほんといろいろですよねぇ・・・

>私のピークは81年です

やはりお姉さまは早くに開眼されてそしてこの喧騒から立ち去られたのですね。そのあとを継いだのがワタシなのかもしれません(笑)ええもう、ホント80年代を堪能しました。堪能しすぎて、本来この年齢時に楽しむべき別のことはすべてホッポリ出してしまいましたが・・・(^^;

>私のU2はファーストで終わりなんす。

わたしにとってはUnforgettable FireまでがU2ですが、ヨシュア・トゥリーのほうがヒットしたけど、ここから全然付いていけなくなりました。やはり87年から下り坂って感じです。89年くらいから?ラップが主流担ってきて、メロディアスじゃなくなってもうさっぱりチャートには興味がなくなってしまいました・・・なのでラップにあまりいい感触がもてないままです・・

>そうか!哀しい瞳なのね!さすがラテンの師匠だわ…

おんこっちゃんの偉大なところは、自分の守備範囲以外の男にも冷静に観察眼を向けているというところだと思います!(笑)

アラナさんは当時からトムベイリーと付き合ってるという話でしたよね。結婚して今はニュージランドにお住まいだそうです。アラナさんは今でも過激(?)なようで、環境保護活動とかをされてるようですね。
同じバンドにいた男女が人生のパートナーとなってずっと続いてるというのはとても稀有なことだと思います。ずっと幸せでいてほしいですね~。

2008/08/02 (Sat) | URL | 編集

ショコポチ #R2jU64p2

世の中には奇特な方(いい意味で)がいるものですね。この勢いで第2、第3のバージョンを投稿してほしいものです…
この方のおかげで(?)やっぱりワタシの音楽人生は84年でリタイアだったのだ、とはっきりわかりました。私のピークは81年です(それって80'sって名乗ってもいいわけ?)
もちろんぼんじょびもU2も知ってるけどさ、でも私のU2はファーストで終わりなんす。
あ、そういえば、スレ違いですが、トム・ベイリー私も好きでした!当時はマニアックなNW好きばっかり周囲にいたんで言えなかったけど。そうか!哀しい瞳なのね!さすがラテンの師匠だわ…
確か、アラナちゃん?と結婚したんだよね。幸せに暮らしていてほしいです。

2008/08/01 (Fri) | URL | 編集

tallulah(管理人) #FrUoCQUQ

堪能できるでしょ!曲のチョイスもいいし、つなげ方も上手だと思います。もうちょっと曲数増やして20分バージョンもほしい(笑)

>最期の1曲は、団地妻ヘアで一斉風靡したリチャード・マークスの「らいとひあうぇいてぃんぐ」でございますわよぉ♪

リチャード・マークスって他にもヒット曲あったのねぇ。どんみーなっしん♪とかいうヤツだけの一発屋だと思ってましたわ。それですら心に残ってなくて、見た目もアレだし、なにがいいのかまったくわからない人だったなあ・・・(エラい言われよう)

>なんでメレ君だけ本人出てないの?(怒)

ねぇ?こんなビデオじゃなかったよね?と思って久々にジャックアンドダイアンを見ました。改めて見て、メレさんとジムモリソンとイギーちゃんはしぐさとか体の動かし方が似てるなあと思ったわ~。

>私個人は'81~'87がドップリと言える時期のようです。

わたしは82~87ですね。高校入ってからチャートを聞き始めたので。なんにせよやはり87年までって感じですね。88年から全体的な曲の流れというのが、わたしの好みからちょっと外れてきたの。ロックとかポップスとかってんじゃなくて、アメリカ人が好む歌謡曲、って感じになってきたなあと。ベリンダカーライルとか、ひぃ~あご~あげ~ん♪とかね(笑)何度聞いても耳になじまなかったなあ・・・

>脳内彼氏

喪女界では日常に使われてる言葉のようですよ(笑)わたしも確実に喪女だったなあ(爆)
脳内彼氏があまりに確立しすぎてて、それで充分現実的にも潤ってしまってたな(笑)あれから20数年、時々我に帰ったり虚しくなったりしますけど、でもやっぱり今でも心のよりどころは変わらないわ・・・

>マリア姫の声じゃない「しょーみーへぶん」

なんや安もんくさいしょーみーへぶんやなっ!!(爆)

2008/08/01 (Fri) | URL | 編集

おんこち #-

いや~10分間堪能させていただきましたわ♪
涙無しには見れない名曲揃い!洋カラならメドレーで殆ど全部歌えるかも?!
ヒットチャート大好きだった当時のワタクシの節操の無さが露呈しました。
奥様!最期の1曲は、団地妻ヘアで一斉風靡したリチャード・マークスの「らいとひあうぇいてぃんぐ」でございますわよぉ♪(←その前の曲がワカランかった。。。)

なんでメレ君だけ本人出てないの?(怒)でもミスターミスターは「きりえ」より「ぶろーくんうぃんぐす」の方が好きだったので、嬉しかったわ~v
私個人は'81~'87がドップリと言える時期のようです。
その後は中堅orマニアックなアメリカンロックと'70sに走ったので、チャートは全然判らなくなりました。

「脳内彼氏」名言でございます!ワタクシの場合余りにもヒマだったのでメレ君やゲイリーさんに浮気した事もございましたが・・・でも結局、元の鞘(?)に戻ってる自分が恐ろしゅうございます(^^;)

②の続きになりますが・・・
私の通ってたジムのクールダウンBGMは、マリア姫の声じゃない「しょーみーへぶん」でした!

2008/07/31 (Thu) | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。