スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洞窟と青い海

九州方面へ行っていました。
出発直前に、出雲大社が今、本殿を公開中で、この機会を逃すと60年後まで見られない、とのことで、急遽宿を取って出雲に立ち寄ることにしたのですが、なにげに調べてみたら、「ジーンズ姿での拝観はアウト。子供もきちんとした格好で」とかかれており、これまた急遽家族ぶんのそれなりにちゃんとした服を用意し(靴も・・・)、一気に荷物が増えました。しかも当日は、わたしらの順番直前に豪雨が降り、テントの下で待機・・・。まあ30分ほどで止んだのですが。
やはりこのトシになってもなお自分の良縁を願ったのが、神の逆鱗に触れたのでしょうか(^^;
しかしそれ以外は天気はよかったです。雨も降りましたが遊んでる最中には降らずで助かりました。


九州に入る前に、山口県に寄りました。
20年以上前に友達と行ったことがあるのですが、秋芳洞がすごく印象に残っててもう一度行きたかったのです(洞窟好き)。

akiyosidou1.jpg
(入り口からは既に冷気が出ててすずし~い。)


やっぱ大きいねー秋芳洞!天井が高いしいろいろあるし広いし。脳内ではずっとインディ・ジョーンズのテーマソングが流れっぱなしでした(笑)
三洞物語、っていう企画をやってて、なんでも山口県のこの界隈には、合計3つの大きな洞があるらしい。大正洞と景清洞というのですが、これがまたイイ!秋芳洞ほど観光観光してないの。
大正洞は森の中にあり、小ぶりな洞窟です。それがまた「名探偵コナン」の"少年探偵団"たちがウロウロしそうなサイズでイイカンジ。
景清洞は「壇ノ浦の戦いに敗れた平家の武将・平景清が潜んでいたと伝わる洞窟」だそうです。なるほどこりゃすっぽりひと軍隠れられるわー!ちゅう奥行きの深さで、ここもまた素晴らしい。秋芳洞ほど仕掛け(?)はないですが、観光客が少ないのでホンマ洞窟、っぽい感じです。金田一耕助が頭をぼりぼりかきながら徘徊してそうな場所です。
ここはプラス300円で灯りがまったく配置されていない、洞窟の奥を探検できるのですが、すごく行きたかったんですが、時間がなくて断念しました。
しかしなんにせよ、洞窟内の涼しさは、真夏の旅行にはありがた~かったです。ウチの娘はクーラーが苦手なのですが、洞窟内の自然な涼しさは堪能できてました。やはり自然はいいのですねぇ。


山口県は「角島」というところがあり、本土からこの島へ、角島大橋というのがかかっています。アメリカに「セブンマイル・ブリッジ」という、海の真ん中を渡す橋があるのですが(行ったことないですが)、それのショート版てカンジ?で、すごくきれい!

tsunojima2.jpg
(wikiから拝借)

南国のように美しい海を両脇に眺めながら車を進ませるのです。このロケーションにピッタリな曲といえばそう!王子の「Cliffs of Dover」ですよ奥さん!家からCD仕込んでいきました~もうイメージピッタリ!
島に入れば海水浴場があり、この海水浴場がまたきれい!海水浴場といえば須磨か白浜しか知らないわたし(笑)、日本じゃないみたいにきれいな海には驚きでした。海水浴もプールもまったく興味のない娘までもが「入りたい!入りたい!」と言い出し、急遽水着を買うことに・・・(--;
わたしは諸事情により入れませんでしたが、足を海水につけて、日傘差してずっと座ってました(暑い)。

tsunojima1.jpg
(写メなので画像悪いですが、ホントきれいな海です。エメラルドグリーン満喫できます)

ほんときれいな海です。カニがコソコソ歩いてるのがかわいかった。魚が泳いでるところも見られるようです。


洞窟ときれいな海。ウチの小学生女子もすごく楽しめた山口県でした。
ふぐを食べなかったのだけが、唯一の心残りです・・・

テーマ: 主婦の日常日記 - ジャンル: 日記

Comment

tallulah(管理人) #FrUoCQUQ

こう見えてもわたしはホント家族旅行が嫌いなのですが(旅行はダンナの趣味なのです)、ドくそ暑い真夏だというのに、山口県は涼しい遊びができてほんまエエとこやな~と思いました。山口県信者になりそうです(笑)

>今月初旬にお誕生日だったでしょ?!

いやんvありがとうございます。20代の頃は30代の頃のレイを見て「なんてカッコイイのvvv」と思ってたのですが、最近は30代のレイを見ても「なんて若くてかわいいのかしら~」と思うようになってきました。トホホ。22歳も差があると、逆に自分の加齢をヒシヒシと感じさせられることに気づく今日この頃です。

先日、父の診察に付き合った際、その病院の上階部が老人ホームになってると知り、思わずパンフレットを真剣に検討してしまいました。もちろん自分の老後のためです。
しかしこういうところもまた、ねたみや嫉みが渦巻く面倒くさい世界なのだろうなあと思うと厭世観にとらわれたり・・・・
やはり本気でノーフューチャー苑に入所したいです・・・

2008/08/20 (Wed) | URL | 編集

tallulah(管理人) #FrUoCQUQ

洞窟はわたしの個人的趣味で立ち寄ったのですが、いやー実に小学生向きのレジャースポットだと実感しました!冒険心が安全な環境で満足できてイイですよ~minonちゃんやボクちゃんもきっと楽しめると思います♪
わたしも、これからも近場の洞窟を探していってみようかな~と画策しています(笑)

>「お帽子とってください」

あーやっぱり各神社それぞれ、規定ラインがあるんですね。わたしなんか普段はまったく気にせず参ってるんですが、今回はふと「なんせ60年間拝観できなくなっちゃう場所なわけだしなあ・・」とふと不安になり、ホント前日(!)に調べてみたら服装云々の注意事項が書いててあわてました(^^;実際はそんなにメチャメチャ厳しいチェックでもないようだったのですが、短パンやミニスカだと断られたり、てこともあったようです。小学生~高校生は制服姿が多かったです。髪は金髪だけど制服姿で拝観、て子もいて、アンバランスさがほほえましかったです(笑)

2008/08/19 (Tue) | URL | 編集

ショコポチ #-

山口県は日本のカプリ島だったのですね!
羨ますぃ~。
九州レポも楽しみにしております♪
そうそう、だいぶん遅れましたが、今月初旬にお誕生日だったでしょ?!隠してもわかっちゃうぞ~(いや、隠してないって!)
遅ればせながら、おめでとうございました♪

2008/08/19 (Tue) | URL | 編集

minko #-

わーきれいなところですね!
洞窟とキレイな海!いいなあ。
そうそう京都でも拝観するとき
入り口の服装チェック(?)で
「お帽子とってください」といわれましたがジーンズもダメってすごいですね。
拝観するってそういうことなんですね・・。

2008/08/19 (Tue) | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。