スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒー&シガレッツ

cc_convert_20081115224823.jpg

コーヒー&シガレッツ(公式サイト)←あらすじはこちらで・・・

イギー・ポップが出てる、ということで有名な(ワタシ的には)映画ですが、
ワタクシ、ジム・ジャームッシュの「ストレンジャー・ザン・パラダイス」だったか「ダウン・バイ・ロー」だったかを観ても、さっぱりわからんかった、という過去の持ち主なので(どっちを観たかも覚えてない、ってのがまたサイテーだなアタシ)、この映画も
「シュールでファッショナボーでオチがない、という、わたしがもっとも苦手とするタイプの映画なのではないか」
と、ずっと避けて通ってきました。
しかしようつべで、この映画の中のイギー&トム・ウェイツのパートを観て、
イヤ英語がわからんので、ただただイギーの声の素敵さと表情のかわいさにに聞き惚れ&見惚れてただけなんですが、
それでも何度も観てしまう雰囲気のよさに、「これは大丈夫かも」と思って、ツタヤで借りてきました。
結果、すごくいい映画でした!大満足!

(予告編↓)



1本目の「変な出会い」を見てる最中から、ずっとニヤニヤ笑いが止まらない。
どれも、これといったストーリーはなく、
コーヒーテーブルを挟んだ2、3人の登場人物が、誰の日常にもありがちな、
何とか上手く話そうと努力しあってるんだけど、どうにも上手くかみあってない会話、
あるいは、
かみ合ってないようでそれなりに成立してる会話、
をしてるだけ、なのですが、
スッゴクおもしろいんですよ。
映像も、確かに洒落てはいますが鼻に付くような感じはなく、
コメディぽかったり、シリアスだったりの違いはありますが、
ごくごく日常の、ありがちな、あるいはありうるワンシーン。
どれもとてもよかったのですが、中でもわたしが好きなのは、

「変な出会い」 (STRANGE TO MEET YOU)
ほぼ初対面同士?が交わす、まさにちぐはぐな会話。あるあるこういうこと、と嬉しくなってしまいます。居心地の悪さがヒシヒシと伝わってきて可笑しい。この映画全体の方向性を表してると思います。

「双子」 (TWINS) 
双子同士の間に成立する、奇跡的なまでの、呼吸が合ってるような合ってないようなでもやっぱり合ってるような(笑)なんだかとってもほほえましいです。会話の間を取るスティーブ・ブシェミも好演。

「カリフォルニアのどこかで」 (SOMEWHERE IN CALIFORNIA)
イギー・ポップとトム・ウェイツという、はみ出し二大巨頭による音楽&人生談義。何が何でもマイペースなトム・ウェイツに対して、イギーのほうがまともで必死(爆).途中にイギーが見せる、「コイツ絡みづれェ~~~」って表情が絶品!イギーメッチャかわいい!オチも最高!

cc2_convert_20081115224937.jpg

「それは命取り」 (THOSE THINGS'LL KILL YA)
じいさん2人と息子との3人で交わされる、まさに日常のヒトコマ。おそらく子供のころから変わってないのであろうじいさんたちの会話のノリと、年若い世代である息子との絡みがすごくほのぼのします。

「問題なし」 (NO PROBLEM)
マトモじゃない世界に行きてるふうの、2人の男性のほんの10分ほどの再会。友人の雰囲気からただならぬ気配を感じ、心配する男と、かたくなに否定するもう1人の男。そこはかとなく友情以上を感じさせる切なさが素敵。

「いとこ同士」 (COUSINS)
人気女優とミュージシャン崩れ。正反対の2人の女性が会話の中に、気遣いと嫉妬、優越感と敗北感、を垣間見せます。ケイト・ブランシェットが一人二役。しかしとても同一女優がやってるとは思えない!

「ジャック、メグにテスラコイルを見せる」 (JACK SHOWS MEG HIS TESLA COIL)
得意気にテスラコイル談義を吹っかけるジャックと、あまり関心なさげに応対するメグ。なんだけども・・・。クールで賢いメグが素敵。ジャックの最後の戸惑いが、ほのかにこの先のラブストーリーを感じさせてすごくかわいいです。

「シャンパン」 (CHAMPAGNE)
2人の労働者階級のじいさんが、仕事の合間にコーヒーとタバコで休憩を取りながら、昔話をしてるだけなのですが、とても深みを感じさせます。このオムニバスの最後を飾るにピッタリな、俳優の重厚な演技と軽やかでロマンティックな会話が素晴らしい。ほんの6分間のエピソードなのですが、2時間の映画に相当する内容なのではないか、と思います。

それぞれに出てくる俳優たちは、その名前がそのまま登場人物の名前になってます。
俳優そのものの背景を反映させてるような場合もあるようですが、
マ、その辺は臨機応変に観るのがいいのかな、と。
(ジャックとメグはホワイトストライプスのメンバーで、元夫婦、だそうですが、そういうことは考えないほうが楽しい。わたしは"高校のクラスメイト設定"、で観てました。でもビル・マーレイはビル・マーレイとしてみるほうが楽しいと思います。)

ほとんどがどれも、
ニヤニヤ。クスクス。ウフフ。
みたいな映像で楽しいです。
わたし自身、会話が上手くないし、そのくせ上手くしゃべらなきゃと思ってしまって、会話の間の隙間が耐えられないんです。で、上手くないくせに、その隙間を埋めようと必死になってしまう(苦笑)
そういう自分が情けないといつも思ってたんですが、この映画を見てると、ああなんだ、アタシみたいな人間多いのか、とすごくホッとできて、嬉しかったです。
そしてそういう居心地悪い不器用さも含めて、やはり人との出会いや会話というのは、素敵なことなのだな、とも思わされました。
苦味と甘みとスモーキーな香りが共通しているコーヒーとタバコが、とても相性の合う組み合わせであるように、
この映画の中のそれぞれのエピソードに出てくる人物同士の組み合わせも、
ズレてる部分を含めて、彼らの人生に必要なものなんだろうな、と思わされます。
どれもほんとに短い話なので、
時間を取らなくても1本づつでも気軽に観られる、のもいいと思います。

ところで個人的な趣味ですが・・・
”シャンパン”に出演してるビル・ライスという俳優さん(作中向かって左)が、チャーリー・ワッツと ピーター・オトゥールを足したようなルックスに、渋くて深くて枯れた声で、もう完璧ワタシ好み!!なんスよ!嗚呼、こんな素敵な俳優がいたなんて!いやもう映画って、どこでどういう出会いがあるかわかんないってのがまた、イイよね!!

テーマ: 映画感想 - ジャンル: 映画

Comment

tallulah(管理人) #FrUoCQUQ

>自分はジャームッシュを脱力系マンガを読む感じで見ておりました。

あっなんとなく解ります!積極的に笑いを取るわけではないけど、滑稽な苦しさを見てると、自分の中にそれと共通する笑いが見出せる点が日本の脱力系マンガと通じますね~。

>「ストレンジャー・ザン・パラダイス」は、どういうわけか3回以上見ることになり、わりと細部もよく覚えています。

3回以上・・・それは・・・既にマニアの域のような・・(笑)
わたしが昔見て、わけがわからなかったのは多分、「ダウン・バイ・ロー」だったような気がします。なのでこれはやはり後回しにして、「ストレンジャー・ザン・パラダイス」「ブロークン・フラワーズ」そして多分見やすそうな「ミステリー・トレイン」あたりを攻めてみようとたくらんでおりますv-352

>この監督はこの「あぁ~どうしょ、気まずい…」という状況を描くのがすごく好きですよね。

コーヒー&シガレッツはもう、ほぼ全編、ソレですね!(爆)もう、アルアルネタかっ!つうくらい(笑)ああ~わかる解るよその空気の流れ・・気まずいよねえ、でもやっぱナントカ会話しないといけないもんねえ、だってぢぶん、大人だしさ・・・モジモジモジモジ…てなカンジのもう、いかんともしがたい気まずさ・・・かなりツボでしたv-343

>親戚を名乗る変なオトコが実はスパイク・ジョーンズと知り合いというすばらしいコネクションを持っていたという話には、一応オチありましたね。

<いとこ同士?>ですね。

電話かかってきたとき、わたしも初めスパイク・リーかと思ったんで、いったん否定されたときはなんだ違うのか、やっぱり胡散臭いハナシなのかこのイトコ、って。って思ったら、え゛?そっちか!みたいな(笑)
見る見るうちに形勢逆転して、2人の間に流れる風向きが完全に逆になっっちゃって、可笑しいですよね~(笑)

>しかし、知らん人に「実はあなたと私とは血縁関係があり…」と切り出されたら、普通の人は怪しいと思うよねえ。

思いますよねぇぇぇ(笑)疑われるのもちろん解ってて、その上での所業かこれは?なんて勘ぐっちゃいもしました。そういうふうに思えるのもまたおもしろいとこですねー。

わたしもエライネタバレしちゃいました(笑)自粛自粛(笑)
イギーはホント、かわいいですよねこの映画!実はもう、『カリフォルニアのどこかで』は、何度も見て楽しんでおります。もう、表情がたまんない~~v-344

2008/11/29 (Sat) | URL | 編集

ring-rie #qKuIJ8qA

こんにちは~
自分はジャームッシュを脱力系マンガを読む感じで見ておりました。「ストレンジャー・ザン・パラダイス」は、どういうわけか3回以上見ることになり、わりと細部もよく覚えています。
それでも、あの間の長さですから、忘れちゃったことたくさんありますよ~

この映画、面白かったのですが、だいぶ疲れているときに見たようで、かなり記憶が飛んでいます。(こちらの映画を見たほうが最近なのに…)
でも、笑いましたよ。この監督はこの「あぁ~どうしょ、気まずい…」という状況を描くのがすごく好きですよね。
そして、この人の話はいつもオチがないと思っていたんですが、親戚を名乗る変なオトコが実はスパイク・ジョーンズと知り合いというすばらしいコネクションを持っていたという話には、一応オチありましたね。(しかし、知らん人に「実はあなたと私とは血縁関係があり…」と切り出されたら、普通の人は怪しいと思うよねえ。)

でも、せっかく面白い映画なので、ネタバレはこれぐらいにしましょう~
イギーも可愛いかったし、もう一度見たくなりましたv-238

2008/11/27 (Thu) | URL | 編集

tallulah(管理人) #FrUoCQUQ

>私もみてますー。

その筋の方はみなご覧になられてる作品なのだなあ~と改めて再認識しました。どんな筋だ(笑)いや今回この作品にハマってみて、今までジム・ジャームッシュといえばセンスのいい人にだけわかる、みたいなイメージがあったんですが、そういうわけでもなく、意外に一般人に解りやすい、身近なことを材料にしてるんだな、と思えたのがすごく嬉しかったです。
ワタシはいかにもハリウッド!的な、大金かけてドドーンガガーンズバーン!て映画が大好きなんですが(ダイハードとか・笑)、実は、こういう、自分の周りにも転がってそうな、居心地悪いんだけどクスクス笑えて解る解る~~!、みたいなのが一番好きなのかもしれないです。

>ジャームッシュの作品は初期の頃から、ことばが上手く無かったりとかの軽いコミュニケーション不全が入っていて面白いです

嗚呼、なんかすごく親近感が沸きます(笑)

>イギーのシーンはホント、名場面ですね!

アレはホント、すごいですよね!トム・ウェイツも、困ったマイペース野郎なカンジがすごくいいですけど(笑)、イギーはもう、あの落ち着きのなさ、密かにクルクル変わる表情、何もかもが自然で、イギー自身のような、いやでもイギーじゃないイギーを演じてるような、惹きこまれる演技でした。ますます憧れ度が増しました(笑)

>ところで、この作品とほぼ同じ時期に公開された「ブロークンフラワーズ 」を観たときの私の感想は「あ、タルさんがお好きそう♪」でした。

ぬをー!これはレンタル屋で探してみます!!

>花持って昔の女をひとりひとり訪ねてはなんか冴えない雰囲気になるおっちゃん

なるほど~!確かにレイ・デイヴィスを主演にしたくなるような、冴えなさ&情けなさですね!!(笑)
いえ、けしてそういう冴えない男性、が好きなんじゃないはずなんですが(笑)、でもデキすぎる人というか、デキることを自認してる人を見るととたんに興味を失ってしまうタチなので、そこはかとない情けなさを引きずってる人とか、すごく才能はあるのにその半面に決定的な欠点がある人とか、がかわいく見えてしまうのかもしれないです。
これは何かの業なのでしょうか・・・・・(笑)

2008/11/25 (Tue) | URL | 編集

志穂美 #EBUSheBA

私もみてますー。ジャームッシュファンです。
イギーのシーンはホント、名場面ですね!

ジャームッシュの作品は初期の頃から、ことばが上手く無かったりとかの軽いコミュニケーション不全が入っていて面白いです。
ところで、この作品とほぼ同じ時期に公開された「ブロークンフラワーズ 」を観たときの私の感想は「あ、タルさんがお好きそう♪」でした。
いえ、相変わらず淡々とはしてるんですが、花持って昔の女をひとりひとり訪ねてはなんか冴えない雰囲気になるおっちゃんのキュートさが、きっとタルさんのツボにはまるのでは…??と勝手に思ってましたw

2008/11/23 (Sun) | URL | 編集

tallulah(管理人) #FrUoCQUQ

すごく人気のある作品なんですよね~。
イギー&トムウェイツの話は、つべで英語がわかんないまま観ても、「少なくともこれは暗い話じゃなさそうだな」ってのがわかったので、それで全部見てみようという気になりました。しかしまさかこんなに全編、捨て話ナシにおもしろいとは思わなかったので、嬉しい驚きでした。これを機に、他のジャームッシュ作品も見てみたいな~と思っておりますv-21

>ホワイト・ストライプス

初めわかんなくて、でもどっかで見た人たちだよなあ?と(笑)
2人とも、もちっと痩せたらイイんじゃないのかな~と、余計なこともチラと思ってしまいました。特にジャック。顔の中身はかわいいのになあ・・・

>もうひとつの「いとこ同士?」

電話かかってきたトコから形勢逆転。
あーあーやっちゃったー!(笑)ッてつぶやいちゃいましたワタシ(笑)

>私自身はタバコ止めて18年なんですが、あれ見てたら吸いたくなってきましたよ~。

わたしも遠い昔に2年くらい吸ってたことがあるんで、この映画観てるとタバコの味を思い出しちゃって、ちょっと困りました(笑)タバコやめた直後って、コーヒーを飲んでるときがなんか手持ち無沙汰で困りました。確かに合うんだよなあコーヒーとタバコ・・・

>イギーとかホントに美味しそーに吸ってるんだもん。

そうそう!( ´ー`)y-~~ ウマー!たまんね~!て感じなんですよね!

2008/11/18 (Tue) | URL | 編集

ぞーい #-

私もコレ見ましたよ~っ!公開してしばらく経ってたと思うんですが、満員御礼でした。短編11本というのも面白そうだったし、なんつってもイギーとホワイト・ストライプスが出てるので、うへへ、そんなミーハー心も手伝って。ケイト・ブランシェットの「いとこ同士」も好きでしたが、もうひとつの「いとこ同士?」も面白くて好きでした。
それにしても全編タバコの煙がモクモクでしたね~、あんなにタバコ吸ってる映画は『スモーク』くらいしか思いつきません。私自身はタバコ止めて18年なんですが、あれ見てたら吸いたくなってきましたよ~。イギーとかホントに美味しそーに吸ってるんだもん。

2008/11/17 (Mon) | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。