スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋のホワン・ホワン

ニック・ロウ唯一のアメリカンヒットとして知られる(らしい)Cruel to be kind。



ポップでキャッチーでキュート。ニックさんらしさにあふれた素晴らしいナンバーです。この曲を嫌うひとはいないんじゃないかしら。それほどまでにラブリーなナンバーだと思うの。いや大体、ニックさんの曲はたいがいどれもポップでキャッチーなのに、何で売れないのかがわからない。
それにしてもハンサムだなあ。かっこいいわ~。さすがわたしの中でのハンサムチャート上位常連なだけはあるわ。颯爽とバンドに加わる姿なんて思わず「カッコイイ~~~~ッ!」と叫んでしまいました。アラッごめんなさいレイ~アタシにとって一番かっこいいのはもちろんアナタよキャッといういつものノリツッコミは置いといてと。

ニック・ロウのファンになったばかりのころわたしは、新品では手に入らないアルバムを探して中古レコード屋を巡り歩いておりました。
ブリンズリー・シュワルツ時代のLPも見つからないブツの代表でありましたが(結局全部揃わないまま)、それ以上に探しても探しても見つからなかったシングルレコードが、このCruel to be kindを三遊亭円丈さんがカヴァーしたという、

「恋のホワン・ホワン」

ctbk.gif

めっちゃソソられるのに全く見つからず、もちろんラジオなんかでもかかることはなく、今と違ってネットもないので、どんな出来上がりなのかサッパリわからないまま、ひたすら探しておりましたが見つからず。。。
求めても求めても得られない、これってなんかのプレイ?いやアタシそういう趣味はないんだけどッ?!と思わせられるほどにずっと、ただただ激しく興味をそそられるまま、時は流れていたのですが・・・

なんと奇跡の再発!!もうこの世に不可能はないのかもしれない!!

芽瑠璃堂さん

しかもドーナツ盤。CDぢゃないの?ヲイヲイ、もう全くコレクターズアイテムやん!
と思いつつ、長年追いかけた謎がついに白日の下に!というわけで、
買っちゃったよママン!!

買っちゃったあとに、youtubeでも聞けることを知りました(UP日は去年の11月らしい)。
買ったブツが届く前にこっちで聞いちゃいました。もうバカウケ!!
さあ皆様もゼヒ、ご一聴くださいませ!!



キミにはお手上げ~~~って!お手上げなのはこっちですわ!(大爆)
いやさ、わざわざ落語家さんに歌わせるわけだから、これにはなにか意味がある、
きっと円丈さんて歌が上手いんだわ、稀なるポップセンスの持ち主ってなんだわって思い込んでたんですよ。
しかしこれは・・・忘年会で酔っ払った上司が周りの空気を読まず歌っちゃったよ~ってカンジ(^^;
「おベイビ~~~」のトコの「お」の間の悪さなんか最高ですわ

でも聴いてみてわかりました。「恋のホワン・ホワン」。この<ホワンホワン>、てなんぞや?と思ってたんだけど、
ハートがホワン、なんですね。彼女を見てるだけでハートがホワンホワン浮かんできちゃう、ってことですね。<>←こういう状態ですね。
レイのことを語ってるときのアタシの状態ですね。いやぁ感情移入できるわぁ。日本語バンザイ!

聴けば聴くほど味が出るというか、ユルさがここちいいカヴァーバージョンとなっております。
カラオケにあったら、一部洋楽ファンの間でメッチャ盛り上がりそう。大合唱よきっと(笑)

Comment

tallulah #FrUoCQUQ

>私も、もっと玄人肌のカバーを想像してました(^^;)

でしょでしょ?!おお~~っ!って感嘆するようなカヴァーだと思ってたのよ。まあ、違う意味で感嘆しましたが(苦笑)
まさにグダグダ。しかし当時でこのグダグダ感のままリリースするってのはある意味、突き抜けたセンスといえなくないかも・・・(笑)

>マニア受けと言えば
http://www.clinck.co.jp/merurido/dtl.php?ky=UICY91340-45

買いましたよ~アタシ・・・アマゾンで予約までしてサ。未収録曲/未収録バージョンもはいってるということなので・・・しかもこの日本盤。輸入盤だと半額くらいなんだけどねぇ・・・やっぱブックレットとかは訳が欲しいなあと思っちゃってサ・・・
デザイン的には非常に気に入っています。しかし正直もう、リイシューより新譜を、という気持ちのほうが・・いやこういうのもいいんだけどね・・・・キンクス再活動はどうなったんだろう・・・・v-356

2009/02/10 (Tue) | URL | 編集

おんこち #-

貴女がコレを探してたのは、今でも記憶に残ってるわ(笑)
・・・しかし・・・こんなにグダグダなバージョンだったとは?!
私も、もっと玄人肌のカバーを想像してました(^^;)

でも復刻されるって位だから、かなりマニア受けはしてた訳よね?
マニア受けと言えば
http://www.clinck.co.jp/merurido/dtl.php?ky=UICY91340-45
↑こんな恐ろしいモノまで出てたんですなぁぁぁ
アタシがこないだ買った、2枚組意味ないじゃん!!
…いや…これに買い替える余裕は無いのだが・・・ゴメンネ レイさん&タルちゃん。。。

2009/02/09 (Mon) | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。