スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤッターマン

娘が見たいというので、行ってまいりました。

ym1_convert_20090324103112.jpg
ヤッターマン(公式サイト)

配役はピッタリ。CGも素晴らしい。ところどころに遊びも仕掛けてある。
んですけど・・・・


桜井翔くんと福田沙紀ちゃんはそれぞれ1号2号のかわいくて元気なイメージにピッタリだと思います。ケンコバのトンズラーもいいと思う。深キョンのドロンジョさまは、聞いただけでは「え~?」と思ったけど、実際はすごくよかったです。アニメのドロンジョさまとは違うんだけど、でも浮世離れしてるとことか、かわいらしい部分とか、よく出てます。深キョンは日常性のないキャラを演じさせると、観客を引き込みますね。そしてなんといってもぴったりなのは生瀬さんのボヤッキー!見た目もキャラもソックリ。生瀬さん以外のボヤッキーはもう考えられないほどボヤッキーそのものでした。ときどき「現基礎」のころの怪人さんが降りてくるんですよ(笑)残念ながら怪人さんほどはハジけないんですけどね・・・「ああッ!怪人さんやッ!」っと思った瞬間するっと逃げられてしまうみたいな・・絶妙な焦らしプレイを味あわされてしまいました。
海江田博士の阿部サダヲはもったいなかったなあ・・・せっかくの大物キャスティングなのに生かしきれず。声優の小原乃梨子さん&たてかべ和也さんとアニメ版の監督笹川ひろしさんもカメオ出演するなどというオマケも楽しいし(笹川さんにはいっそささやきレポーターで出て欲しかった)、音楽(主題歌)が、山本正之バージョンだったのがよかったです。ほぼ当時のアレンジそのまま、歌ってるのも山本さんのあの声&あの調子やっぱアニソンはわかりやすくなくちゃね。驚いたのがヤッターキングのテーマ(ヤッターマンの2曲目のOPソング)も流れて、それがすごくアレンジがいいんですよ~原曲の魅力そのままでいながら、シンプルなロックにしててねぇ。声が違うので誰がやってるんだろ~と思ったらクロマニヨンズでした。意外な組み合わせにビックリ。
しかしというかやはりというか、映画のエンドロールに流れたのは嵐でした・・いやまあ、しゃあないけどね。大人の事情だわね・・・ちなみにアタシは相葉ちゃんが好きなのさフフフ。
ym2_convert_20090324103152.jpg


CGを含めて美術は非常に凝ってます。街並みに置かれた看板にまで有名俳優を使ってたりしてるし(確か哀川翔。それだけにもっと大写しにしてもいいと思うんだが)アクビちゃんやハッチが出てくるのも楽しい。最近の邦画が元気なのは、CG技術の発達が大きいよね。
小道具も凝ってます。ドロンジョさまのネイルがとってもかわいい。
ドロンジョさまが1号に恋しちゃうのも、このキャスティングだからアリだと思います。敵味方入り乱れる恋愛関係ってのは王道ですしねー。

なのにねぇ・・・全然笑えないんですわ・・・・

ネットを見るとおもしろかったって意見が多いんですが、わたしが笑えない原因は、

エロネタ/シモネタのツボが違ってた

ってことです。
シモネタエロネタ下品ネタって世界共通だと思ってたんですが、違うんですね・・・ツボが違うと全く笑えないんだわ。旧アニメヤッターマンでも、爆発したあとのドロンジョ様が半裸になっててボヤッキーが釘付けになってる、とか、アイちゃんが変身シーンでチラッとヌードになっちゃうとか、そういうちょっぴりアハンなシーンは彩りとしてありましたが、そしてそれはとても健全なドキドキを提供してましたが、この映画のエロは違うんだなあ・・・バージンローダーとの対決、モロ出しやん。これじゃ企画モノのAVみたいじゃねぇか。
エロは隠すからこそいいんですよ。見えそで見えない大人の世界、だからいいんですよ。
なんかね、ボケ(シモネタ・エロネタ)に対して、ツッコミがないってうか。消化してくれないのでいつまでも残っちゃうんですよ。なまなましすぎる。サソリの毒を吸いだすシーンとかもね、マジすぎて笑えない。だいたいこのシーン、ガンちゃんがアイちゃんに冷たすぎるやろ!
「意外に大人向き」ってのをやりたかったのかもしれないですが、ヤッターマンはそもそも「子供のための王道アニメ」、なんですから、やはり子供が理解できて笑えるものでなきゃダメだと思うんだよなあ。クレヨンしんちゃんはそこのとこよくわかってるのがいいんだよな。
2号の変身シーンの、福田沙紀ちゃんのパンチラはよかったです。パンチラ乳チラが最大限、でイイんですよ。そのほうがむしろ萌えるってもんだ。

ま、シモやエロのツボは人それぞれなので、ハマるとおもしろいのかもしれません。
CG、美術、衣装、キャスティング、音楽は楽しめる映画だと思います。

オマケの日記:
これ、先週の水曜に見にいったんですが、
大阪の小学校は基本卒業式だったので、そして高校は試験休みらしく、お客さん多かったです。親子連れ、友達同士・・・
ポップコーンを買うのに並んでたら、前にいたのが初々しい高校生カップルvvv
人ふたりぶんくらいに開けた距離がチョーかわいかった。お付き合いしはじめか、そこまでもまだ行ってないかな、みたいな。まるでコーラのCMのような爽やかさ。
映画本編より、この2人にドラマを感じましたよオバチャン。うへへへへ。

テーマ: 映画感想 - ジャンル: 映画

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。