スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

all the plans / starsailor

PTA活動はボチボチやっています。書類を作るのは全然苦じゃないんですが(それなりに悩むとこはありますが)、やっぱ人前に出るのは気が重いです。

さてわたくしのそんな気の重さを払拭してくれるためにか(笑)、スターセイラーが久々の新譜を3月に出してましたのを入手しました。

all_convert_20090427110148.jpg
all the plans / starsailor

Love is hereから数えて4作目。1stを聞いて受けた衝撃が凄かったというか、アタシの気に入り具合が凄かったんで、2作目を聞いて、「曲は好きなんやけど・・・えらく明るくなっちゃって・・・」3作目で「ウン曲好きやねんけど、またなんか足らん・・・」と、もどかしい思いを抱いてきたのですが、



キタキタキターーーーーーーッ!今回はキタよ!!
もう1曲目「tell me it's not over」イントロからキタキタ!コレや!コレコレ!!
やっぱりね、このバンドはピアノが肝心なんだわと改めて思いました。
ジェイムズの内向的で悲しさ全開のボーカルももちろんこのバンドの売りですが、
そのボーカルをこれでもかとさらに煽るような痛々しいピアノの音。
ええわーええわーやっぱこれやで!と思わせてくれたのがスッゴク嬉しい
boy in waitingやhurts too much、safe at homeあたりはかなり1stの香りを持っています。嬉しい。
個人的にはneon skyとthe thamesも大好きです。listen upも地味に泣かせる。やっぱスターセイラーはメロディが美しいというか、泣かせてくれるなあ。
暗いッちゃあ暗いメロディが多いバンドといえるんだろうけど、ただ暗いんじゃなくて、その暗さの中にキラキラしたものを感じるのです。それが<若さ>なのかなあ。

さあ、次作は更なるピアノと泣かせと暗さを期待します!
基本的にメロディラインが好きなんで、あとはもっともっと泣かせてほしい。わたしの心臓を痛くして欲しいのよ。

テーマ: おすすめ音楽♪ - ジャンル: 音楽

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。