スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーブル美術館展

京都で開催中の、ルーブル展に行ってきました。
連休中日、お客さん満員御礼状態です。
駐車場に入れてから入場まで、1時間並びました(笑)

黒山の人だかりなので、近くでゆっくり見るのは早々に断念。
サクサクッと、人が少ない作品から見て行きました。

日本にいながらにして、ルーブル所蔵の数々の名画を楽しめるのはありがたいことです。
眼福眼福。
その中の1枚、ルーベンスの筆による
「ユノに欺かれるイクシオン」

ペーテル・パウル・ルーベンス1615ユノに欺かれるイクシオン-ルーブル美術館
ペーテル・パウル・ルーベンス1615ユノに欺かれるイクシオン-ルーブル美術館 posted by (C)hirofox

見るなりムスメ、デカい声で


「銭 湯!?」


・・・・・・・・・・・・・・


ウ チ の 子 は バ カ だ 。 



ところでこの、レンブラントの自画像、
リッチー・ブラックモアそっくりだと思いませんか?

レンブラント・ファン・レイン1633金の鎖をつけた自画像-ルーブル美術館
レンブラント・ファン・レイン1633金の鎖をつけた自画像-ルーブル美術館 posted by (C)hirofox


そんなこと思う わ た し も バ カ だ な 。



Comment

tallulah #FrUoCQUQ

わたしもこういう絵は好きなんです。結局は宗教画がほとんどってコトなのかもしれないですが、天使とかマリア様とか、素直にきれーだなーって思います。貴族の肖像画も、まぁこの対極には彼らに搾取されまくってるビンボーな人らもいたんだよなあとわかってはいつつも、装飾品の細かさやドレスのたふっとした感じの描き方なんか、ああすごいなーと思います。

>確かに銭湯だ。湯気に見える。でも混浴だ。

神秘的な雲は湯気に、奥ゆかしく股間に置かれた薄絹もただの手ぬぐいにしか見えなくなっちゃいますよねぇ(^^;
こういう絵って基本オールヌードなんで、風呂大好き民族の日本人であるムスメには、混浴銭湯にしか見えなかったのもむべなるかなって気もします・・いやでも小5にしては発想がふざけてるか。銭湯と思っても、いやそうじゃないだろうという理性がほしいところです。。。

>リッチーでウケましたが、意外と暑苦しい写真も多いのね

ああこれはまた暑苦しいですねぇ。顔自体が暑いわけじゃないけど、ギョロ目&クルクルヘアー&黒尽くしですからねぇ・・・
正直リッチーはちょっとハゲてるくらいが全体のバランスがいいんじゃないかと思います。こう、前髪がなにげに透けてるくらいが涼しげで。違うかww
リンク先に「冷酷組織の真実 ザ・インサイド・ストーリー・オブ ディープ・パープル&レインボー」ってタイトルの本があって大ウケしました(爆)冷酷組織ってv-356それもうロックバンドじゃないだろう!人でも殺しそうな勢いです。さすがBURRN編集だなあ・・

>中世ぐらい(それもよく分からない)の絵画って寓意がどうのこうのってウンチクが面白いのかめんどくさいのか分からないんです。

正直日本人にはわかんないですよね!だいたいこの銭湯にしたって、「ユノって誰やねん!」からが疑問ですワタシの場合(^^; そういえば、聖痕がわが手に浮き出てウットリしてる僧侶の絵があったんで、「キリストさんは手のひらに杭を打たれて磔にされて、でもそれを苦しみとは思わなかったんだよ。だからこうやって、キリストさんと同じ「痕「が浮かぶと、お坊さんは喜ぶんだよ」と(間違ってるかもしれない)知識を教えてやりましたところ、ムスメは「なにそれアホちゃう!そんなん痛いやん!おかしいやん!」と一刀両断です。神秘的だとか、かわいそうだとかという感想もないようです。キリストさんに申し訳ない。それでも「受胎告知 天使」なんかは「きれい!きれい!」と言うておりました。やっぱ天使さんはわかりやすくてよいですね。

>暑いこの時期、自腹で行く意味はあるんだろうか…

とりあえず土日祝は避けられたほうがよいかと。ハンパない混み方でした。平日でも外で並ばされるかもしれないので、日傘を持っていかれたほうがよいかと思います。ルーブル美術展公式サイト には、東京開催時の混雑状況が載ってますので、参考になるかもしれないです(たいがい混雑してるようですが・・・苦笑)
そうそう、今回の呼び物はフェルメールの「レースを編む女」だそうです。なるほどちっちゃい絵なのにすごい人だかりでした。ブラックモア氏は入場してわりとすぐにあったと思います。これは人だかってませんでした(笑)

2009/07/23 (Thu) | URL | 編集

ring-rie #qKuIJ8qA

うむ、けっこう好みな絵がありますね!
確かに銭湯だ。湯気に見える。でも混浴だ。

リッチーでウケましたが、意外と暑苦しい写真も多いのね↓
http://www.koubou.com/asin/4401631595

中世ぐらい(それもよく分からない)の絵画って寓意がどうのこうのってウンチクが面白いのかめんどくさいのか分からないんです。
でもルーベンスとレンブラントはちょっと見たいかも。
暑いこの時期、自腹で行く意味はあるんだろうか…
でも、ブラックモア氏との密かな出会いは楽しみかもしれない。v-8

2009/07/22 (Wed) | URL | 編集

tallulah #FrUoCQUQ

ウチもタダ入場でした(笑)
この程度の感想しか抱けない人間にタダ券は申し訳ないですホント(^^;
そうそう、高橋留美子展もタダ券で見に行ったのですが、すごい人でした。

>お金払ってみたら、つまんなそうだったもん

確かに(^^;これが呼び物!っていうほどの有名な作品はなかったですね。まあルーブルもそうそう貸してはくれないか・・・w
しかし最近思うんですが、どの美術展も、各コーナー入り口付近がやたら混むんですよ。そこを諦めてちょっと中のほうへ進むと空くんですけど。なんであんなに入り口ばっか混むんだろう。みんなもっと散ればいいのに。
とタダで入ったくせにぶつぶつ言ってしまいます(笑)

2009/07/22 (Wed) | URL | 編集

bow #-

そのとおりだと思う。
わたしはただなのでいいけどl、
お金払ってみたら、つまんなそうだったもんv-40
彫刻のも画のも。

2009/07/22 (Wed) | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。