スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

96時間

taken1-2.jpg
96時間

予告編を見て、



あまりに面白そうで、
PG-12だというのにも臆さず、家族で見てまいりました。だって娘も見たいっていうんだもん~。
(PG-12とは、12歳以下の子どもには親が付き添ってください、とのことらしい。メッチャ過激、ではないけどちょっくら過激、くらいなんでしょうかね~)

めちゃくちゃおもしろかったです!
離婚して手放してしまったけど、娘が大好きでしょうがないお父さん(実は元CIAの諜報員)、
過剰なまでに心配性な父親、として説明されるんですけど、
いやいや、そんなことないでしょ。このお父さんの感覚がふつうでしょ。
高校生の娘が友達とだけで海外に旅行する、なんて言い出したら、反対するのはふつうですよねぇ。
しかしその娘が、やっぱりお父さんの心配どおり、旅行先のパリで何者かに連れ去られてしまう。
17歳の娘が誘拐されたあとどうなるか、
これまでスパイとして、あらゆる世界の裏側を知ってきたお父さんには
容易に想像がついてしまうことです。
いまは17歳という、もっともキレイな時期に差し掛かったばかりの大事な娘を、
そんなことにさせるわけにはいきません。

taken2_convert_20090903125553.jpg

娘を奪い返すため、何が何でも、どんな手を使ってでも、
娘の居場所を探し出し、追いかけていくのです。
もう、ヒネリもなんもないストーリーなんですが、
なんかねー、ひさっしぶりに無添加のアクション映画を見た!!って気がしました。
CGとか、大げさな描写とか全くなしで、
生身のアクションと火薬とカーアクション!!
いやーやっぱり映画はこうじゃなくちゃね~~。
お父さんはかなりサクサク敵を殺していくんですけど、
だって娘を助けるためだもん、しょうがないわ!ウンしょうがない!!
やるならトドメを刺さんとイカンしね!!

taken3_convert_20090903125842.jpg

お父さん役のリアム・ニーソンが、
中年の、ちょっとくたびれ始めたオヤジ~な風貌なんですが、
終始冷徹に、
だけど時たま目をしょぼしょぼさせて、
それでもやっぱり冷静に頭を働かせて、
娘愛しさに、必死で前に進んでいくんですよー。
場面場面に細かく応じた、リアム・ニーソンの表情がたまらん上手いんですが、
さらにいいのが、このリアムさんの声ー!!
メチャメチャイイ声ー!!!たーまーらーんー!!
もう、目も耳も全開で楽しみました!

まごうことなきアクション娯楽作品ですが、売春組織についての描かれ方はけっこうリアル感があり、
「イースタン・プロミス」を思い出させました。
ドラッグでボロボロにされた女の子や、
ボロい布きれ1枚だけで仕切られた売春小屋なんかは、
本当にゾッとしました。
「海外旅行先で、ブティックの試着室に入った女の子が、
その試着室には隠し扉があって、
そこから誘拐され、売り飛ばされた」
なんていう都市伝説がありますが、
あながち嘘じゃないのかもなぁと思いましたね・・

娘をそういう目に合わせないために、お父さんは悪党を殺さなくてはいけないわけです。
それはもう、ためらいなく。
デリケートな方には向かないですが、理屈のいらないアクション映画が好きな方にはちょーオススメです。
ひかりカエサルのCMで言ってますけど、
「映画はやっぱり、火薬の量でしょ~」www

小5の娘にも、字幕版ですがストーリーは充分理解できたようです。
(「あたし上手よ」、って何が上手なん?という質問はされましたが・・苦笑)
「主人公の人、ハンサムやったねぇ~~」と言うておりました。ハンサム・・・かなあ?
なんかやっぱり、ちょっとしょぼいオッサンに惹かれる傾向が・・・(^^;

Comment

tallulah #FrUoCQUQ

こちらこそご無沙汰しております~<(_ _)>
>私は火薬量の多い映画には普段縁がないので

ですよね~(^^)志穂美さんにはこういう直情的な映画はお好みではないと思うんですが、でもこの映画のお父さんを演じてるリアム・ニーソンは一見の価値ありだと思います!
見ててしみじみ、「ああ、ほんとにアタシって枯れたじじいが好きなんだなー」って再認識しました(笑)最近ドラマを見ても、ああイイ俳優さんだなって思う人は軒並みわたしより年下で軽くショックを受けたりしてたんですが(笑)、いやあ~やっぱりじじいはイイです!落ち着きます!

>二十代前半で戒厳令下の台湾にひとり旅したときに、これ言われましたわw

さすが志穂美さん、剛の者ですわ~v-10
若いときはこの話を聞いても「またオオゲサな~www」と思ってたんですが、歳をとればとるほど、100%ウソってわけではないのかもなぁ・・・と怖くなります。
そういえば20代前半の頃、友達とインドに行こうって話になって、親にそれを伝えたら猛反対されて、結局行けなかったことがありました(笑)あの時行ってたらどうだったのかな~って、今でもチラッと思ったりします(笑)

2009/09/20 (Sun) | URL | 編集

志穂美 #EBUSheBA

こんにちは! ご無沙汰しています。

私は火薬量の多い映画には普段縁がないのでこの作品についても無知だったんですが、このお父さんホントいい雰囲気ですね~♪
草臥れ加減が実にいい塩梅ですよ! 
こんなちょっとしょぼくれたお父さんが頑張る姿はいいでしょうねー。
暑苦しいお父さんをえんえん見せられるのは辛いけど、これなら楽しいですね♪♪

見世物小屋伝説ありましたねー。香港でしたな。
二十代前半で戒厳令下の台湾にひとり旅したときに、これ言われましたわw 噂の真偽が未だに気になります。

2009/09/18 (Fri) | URL | 編集

tallulah #FrUoCQUQ

>ランボーよりお父さんが全然知的で男前だし(笑)

やはりそこに気がつかれましたか!(笑)そうなんですよね~やっぱ知的じゃないと、ナンボ腕っ節が強くてもソソられないですよね~。
そうそう、そういえばこの映画では主人公が肌を見せるシーンがありませんでした。腕すら見せなかったんじゃないかなあ~そういうストイックさがまたたまらんかったです。着衣フェチなんでワタシ(笑)

>「暗くてうるさいから」

映画によってはかなり大きい音が出ますもんね。ポチ娘ちゃんデリケートだなあ~(⌒∇⌒)ウチの娘は全然平気みたいです。それじゃおもしろくないんで(酷い親)一度ホラー映画に連れて行ってチビるほどビビらしてやりたいと思ってるんですが、最近のホラーは年齢制限がついたりしてなかなか連れて行けないんですよねぇ~。

>またいかにもフランス人臭い容姿がたまらんわw(いや本当にフランス人かどうか知らんけど)

アイルランド出身だそうですよ奥さん。そう聞いてまたちょっと萌えてしまいました(笑)ちなみに57歳だそうです。う~んイイ年齢です・・・:*:・.(´▽`)・:*:・キュン

>舞台は「香港」で、末路は「浅草の見世物小屋」が主流でした

わたしが聞いたときは「イタリア」で、売られた先は「香港」でした。よりワールドワイドになったようです(笑)でもクレジットカードのスキミングなんてのもあることを考えたら、試着室の隠し扉もないではないかもしれないなーと思ったりします。

>ヤバイ!!どう説明したの奥さん?(笑)

あまり具体的なことを教えるわけにもいかないので、「男の扱いが上手」ってことよ!とおおまか~に答えておきました(おおまかか?)。字幕だったのであんまり細かいことに気づかないだろうと高をくくってたのですが、ハナシが単純だっただけに、そういうコマかいセリフにも気をとられたりする余裕があったようです。いいのやら悪いのやら(笑)

>マダオ専?

親としてそこは避けてほしいところなんですが・・・(^^;マダオの回は楽しみですが、見せないほうがいいのかも(苦笑)

2009/09/05 (Sat) | URL | 編集

ショコポチ #R2jU64p2

これ、面白そうですよね~!私も見たいんです。やっぱスカッとしたいよね!それになにしろ、ランボーよりお父さんが全然知的で男前だし(笑)
それにしても、へもちゃんも一緒にご鑑賞ですか...うちのは映画館がキライなんで羨ましいです。「暗くてうるさいから」って、そこがいいんじゃん!!(でも友達とポケモンだけは行くんですよ。まだ幼稚じゃの~)

>お父さん役のリアム・ニーソン

いいですね~くたびれたオッサン(笑)またいかにもフランス人臭い容姿がたまらんわw(いや本当にフランス人かどうか知らんけど)声もホント、渋いですね!!

>海外旅行先で

これ流行りましたよね~。私が学生の頃は、舞台は「香港」で、末路は「浅草の見世物小屋」が主流でした...都市伝説じゃなかったの?!

>「あたし上手よ」、って何が上手なん?

ヤバイ!!どう説明したの奥さん?(笑)

>なんかやっぱり、ちょっとしょぼいオッサンに惹かれる傾向が・・・(^^;

へもちゃんそこんとこはっきりしてますよねえ(笑)あんなにラブリーなのにマダオ専?
そういえば今週のWJの銀魂はマダオが主人公でしたが、泣かせまっせ~。アニメになった暁にはへもちゃんの涙と萌えv-238を誘うことでしょう...( ̄ー ̄)ニヤリ

2009/09/04 (Fri) | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。