スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Calol King 1982 LIVE

ずっとずっと探してたんですよ~このライブフィルム!!
なんで探してたかってーと、
ソロデビューする前の、スタジオミュージシャンとして活動してた頃の王子が出てるからなんです
3年位前にこのフィルムに出てるって事を知ったんです。キャロル・キングって名前くらいしか知らなくて、でも無知なアタシでも知ってるくらいのビッグネームなんだから廃盤なんてありえない、すぐ買えるだろうと思ってたのに、どういうわけか日本盤はおろか、本国でもモノがない!つまりは廃盤?ほかのキャロルキングのライブDVDはあるんですけど・・・
やっと見つかったよ!やっぱ諦めずにちょこちょこチェックするもんですね~。

キャロル・キングはほんとに名前しか知らなくて、
でもアルバムジャケットとかから受ける印象+女性ソロ&ピアノ&弾き語りっぽい?
っていう材料から、ジョニ・ミッチェルとかジャニス・イアンとかってカンジの、頭良さそーなおっとなーの女性ミュージシャンだと思ってました。いやジョニ・ミッチェルもジャニス・イアンもよう知らんのですけど(^^;
なもんで、さあこのフィルムを入手しても、静か~~な曲ばっかりで楽しめないんだろうなあ~結局はミーハーに王子のとこだけを探して、静止ボタン押して、キャー!とか言うて、だけかなーと思ってたんですけど、

聞いてビックリ。すごいポップチューンなミュージシャンなんですねー。
なんてったってあの「ロコモーション」はキャロル・キングが当時のだんなさんと作った曲なのね!知りませんでした!もともとは「職業作曲家」として活躍されたひとなんですね。
初めて聞く曲でも耳に馴染みやすいし、この無知なわたしでもああこれ知ってる!ッて曲もありました。(「I Fell The Earth Move」「 So Far Away」「Natural Woman」)
しっとりした曲ももちろんあるけど、思ってたよりずっと歌にもパンチがあるというか、ガンガンくる感じですね。このフィルムのときで40歳の計算になりますが、なんか「感受性の豊かな、でもメッチャ元気な女子大生」って感じの人です。
思いのほか楽しく聞けてよかったです。ものすごく乱暴なくくりを承知で言えば、カーペンターズのようなカンジでしょうか。ポップでキャッチーで、時々女の子ちっくなメランコリーな歌詞もあって。いいな~70年代~って感じです。
up on the roofや it's war、 one to oneの歌詞なんかきゅんとしました。今の時代の中高生でもきっと、共感できるんじゃないかなー。「孤独感」を歌った歌詞って点では、ビリー・ジョエルとかも連想させます(スイマセン、なんせ自分が聞く範疇がすごく狭いので、的外れかも・・・)

さてさて、そもそものお目当てのEric Johnson王子ですが、
も~わたくし、 (0゚・∀・)ワクテカ状態で正座です。しかしギタリストは王子以外にもいてて、王子はどうもセカンドっぽい。1曲目では出てこない。う~ん。
待つことしばし・・・・(でもライブ自体楽しめるので待ってるのも退屈ではないです)

キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!

ck1.gif
ギター弾くおテテがつるっつるなんとレスポールでゲスよ。

ck2.gif
ほっそー!いや今でも細いけど、しかしほっそー!!

ck3.gif ck5.gif
かわいい!かわいすぎる!!(´Д`;)ハアハア

当時ピッカピカの28歳たまりませんなぁ~~(*゚∀゚)=3ムッハー!!
位置的には、キャロル・キング→その斜め後ろにお抱え?ギタリスト→その斜め後ろに王子、
ってカンジで、後ろのほう~でいつものごとく(笑)うつむい~て弾いてるんですが、
前に出てソロを弾くことも多いので、かぶりつけます
王子の弾くレスポールは、きゅんと甘い音色でとってもステキです
one to oneのソロなんか特に (´▽`)ウットリです
いやぁホント入手できてよかった!
王子ももちろんよかったけど、これを機に有名な「つづれおり」あたり、買ってみようかな・・・

追記:つべで探してもない!とずっと思ってたんですけど、どうやらわたしの探し方が悪かったようで、今探したら出てきました(笑)
↓甘くてジャジーな音色の王子のギターをお楽しみください♪(2:48くらいからソロが始まります。)

Comment

tallulah #FrUoCQUQ

レスが遅くて申し訳ありませんv-356SW旅行に行っておりました・・・お約束どおり(?)事故渋滞に巻き込まれました。ある意味SW堪能しました・・・

>もっとブルース系がうまい人かと思っていたら、ここで弾いているようなキレイな音のソロパートもびしっと決めれる人なんですねえ。

ブルース系、ジャズぽいの、カントリー、いろんなタイプの曲を弾くんですが、どのジャンルを弾いてもとにかく「音がとてもきれい」で「ていねいに」しかし「これ見よがしではなくさらっと弾く」なのが「本人こだわりの芸風」なんだと思います。「きれい」といってもカン!と高いカンジじゃなくて、まろやか~なきれいさだと思います。↑このライブのソロは甘くてキュートなプレイで、ああ~こういうのもいいなあ~素敵だなあ~とウットリしましたv-238
ソロデビュー前はいろんなミュージシャンのスタジオワークもしたそうですが、なるほど重宝されたんじゃないかなあと思います。
それこそジャズでもカントリーでもクラシックでもなんでも、望む方向にイケた人だと思うんですが、最終的にやっぱロックが一番好きなんだろうなあと思います。そういうとこがまたカワイイというか(笑)
もともとはわたしはギターの音としてはレスポールのほうが好きだったんですが(なんちゅうか、いかにもロックー!ぽいからwww)、エリック・ジョンソンファンになってから、ストラトも意識して聞くようになりました。

彼はジミヘン大好きでだそうでカヴァーもよくやりますが、ジョージ・ハリスンのこともギタリストとしてとても好きだそうで、他にもモンキーズのカヴァーやらS&Gのカヴァーやらしてはるんで、音楽的にはポップでキャッチーなのが好きなのかな、と思います。
わたしは彼の音の透明感のあるきれいさ&1曲の中で音色をいろいろ変える多様さとか、メロディーの明るさが好きなんですが、でも反面、哀愁とか色気とか暗さとか、そういうのはあまりないギタリストなので、そこが欠点と言うかかなあ、と思ったりもします(日本人は哀愁のギターが好きですから。わたしもですがww)。
ジェフ・ベックと共通するトコがあるなと時々思うんですが、似てるかと言うとそうでもないんですよねぇ。

メジャーになったようでイマイチいやイマサンメジャーではない、じゃあ完全玄人筋向けかと言うとそうでもない。そういうビミョーな位置にいる感じがするし、その原因もいろいろ思いついたりもするんですが(笑)、
でもやっぱこの音のきれいさと、巧いのにクドさが全くない演奏スタイルは、他にはなかなかないんじゃないかなあと思います。あーあと、聴いてて視覚的っていうか、イメージが思い浮かびやすいフレージングだと思います。なので映画音楽とか作るのも向いてると思うんですが、凝り性なのでそんなのし始めたらいつまでたっても完成しなさそうでもあります(笑)

>マイク・スターン

コレたぶんエリック・ジョンソン最新のスタジオお仕事だと思います。このアルバムでは2曲参加してるらしいので、ぜひぜひお聞きくださいませ~v-238
チェット・アトキンスとかジョン5とかジャンル分け隔てなくいろいろ参加してるので、全部聞いてみたいなあと思うのですが、なかなか集めるのも大変そうで・・・(笑)

来日はトンとウワサを聞きません~(泣笑)これまでに3回来てるんですが、ブルーノートでやったアコースティックライブだけわたし行き逃してしまって、思い出すだけで脳が沸騰するくらい後悔していますv-40
ニューアルバムが出来上がったらまた可能性もあるんじゃないかなーと思っています。ぜひぜひご一緒しましょう~!v-238

2009/09/24 (Thu) | URL | 編集

ring-rie #qKuIJ8qA

こんにちは。
自分はそこそこギターおたくなんですが、エリック・ジョンソンに関しては芸風が把握できていないんですよ。
もっとブルース系がうまい人かと思っていたら、ここで弾いているようなキレイな音のソロパートもびしっと決めれる人なんですねえ。私の認識が間違っているのでしょう。

先日マイク・スターンというギタリスト(ジャズ)のCDの新譜を珍しくダンナが買ってきたんですが、それにも参加していたと思います。ざざっとしか聴いてないので、彼のパート、聴いてみますね。
来日予定とか、あるんですかね??
ライブで聴いてみたくなりましたv-238

2009/09/21 (Mon) | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。