スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘とわたし

「へもっちはねぇ~、かあちゃんのところに生まれたくて、
かあちゃんのとこにきてん~~」

「あのな、かあちゃんがお姉さんでぇー、OLさんやったときになぁ~、
かあちゃんを見て、あー、この人をお母さんにしようっと思って、
かあちゃんのとこに来てん~~~」

<小>アタシがOLのときって、ヲイヲイ、かあちゃん全速力&全力投球でキンクスミーハーブッチギリやったときやで娘よ。その姿見て「この人をお母さんに・・・」って、アンタ、そりゃないやろ・・・

娘がよく語って聞かせてくれる話です。
もちろん娘の想像(妄想)です。
とにかくしゃべるのが好きな子で、一日中しゃべってるのですが、
幼稚園入ったころからかなあ?しゃべる内容が達者になり始めたころから、
時々、急にこんなことを言い出すんですわ。

まあ嘘八百なのはわかってるとしても、
娘のこういう話を聞くと、
よく、「子供は親を選べない」とか言いますが、

実際は、案外選んで生まれてきてるのかなあ~?と思ったりもしちゃいます。

「生まれてきてくれてありがとう」っとかより、
「選んでくれてありがとう」ってカンジ。

「アンタが選んでウチにきたんだから、親の言うことをよく聞けよ」、っていうんじゃなくて、

「ああ、あたしを選んで生まれてきてくれたんだから、
あたしがこの子の期待に応えなくちゃならないんだなあ」

って、ちょいと厳粛な気分にさせられたり、します。

まあ実際は、小言ばっか言うてるし、怒りっぽいうるさい母親なんですけどね。

しかし娘は、「父親」については言及しません(苦笑)
すっごい母親っ子なんで、
「選んできた」のは「かあちゃん」だけ。
じゃあ何かい?アタシが誰と結婚しても、
生まれてきたのはへもっちなわけですか?

とまあ、疑問もあるんですが(笑)
でもそれもかえってリアリティか?と思ったり(そうか?)

とまあ、子供って時々面白いこと言うよな、ってことなだけなんですが。

<特大><太><色:#ff0000>エエトシしてまだレイにきゃあきゃあ{ラブラブ}{ラブラブ}{ラブラブ}言うてるバカッ母でホンマゴメンやで娘。

<左>{}
<小>↑和歌山の某海水浴場にて。何かから必死に逃げる?母子の姿(笑)

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。