スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月に囚われた男(予告編)

月に囚われた男(公式サイト)

moon.gif

新人監督の低予算映画、なんだけど評判がとてもいいのだそうで。
監督の名前がダンカン・ジョーンズ。
なんと!ボウイの息子のゾウイ氏だそうです。
正式名は「ダンカン・ゾウイ・ジョーンズ」なのだそうで。
(ゾウイから名前を変えたと前に聞いたことがあったんだけど、ゾウイはそもそもミドルネームだったみたいですね。そういやセサミストリートにエルモのオレンジバージョンみたいなモンスターでゾウイってのがいますよね。女の子ならしいけど。スペルは同じなのかしら?)
もちろんボウイの息子ということは公表してなかったそうなので、掛け値なしの評判ということなんでしょう。
いやあ~でもゾウイ氏はずっと寄宿学校に入ってるとかいう話で、成人してからどうしてるってうわさもトンと聞かないので、ショウビジネスの世界には入ってないと思ってたんですよー。
でもやっぱ父の表現者の遺伝子が生きてるのねえ。


『近未来の世界。サムはエネルギー採掘のために一人で月へ3年間派遣される。地球との通信は一切不能で、話し相手は人工知能を持ったロボットが一台あるのみという孤独な環境だったが、彼は愛する家族のことを想い続けて耐え凌いだ。だが、契約満了まで残りわずかとなったある日、彼のもとで奇妙な現象が起こり始める。』


というストーリーだそうで(wikiより抜粋)、題材がやっぱお父ちゃんぽい。思わずGround control to major Tom~♪と歌ってしまう。
SFの面白さを父親からたんと仕込まれ育ったそうなので、やはり世界観的に近しいのかもしれないですね。
しかしボウイはおいといてもとても面白そうだし、
なんといっても低予算ゆえCGではなく、
昔の映画のように「模型」を使ってのSF映画、らしいのです。
うううーーーーーん!イイジャマイカ!イイジャマイカ!!
CGがあまり好きではないわたしには、非常にソソられます。
大阪ではガーデンシネマで4/24から公開だそうです。絶対見に行きます!PTAもおわったしね!

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。