スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE KINKS CHORAL COLLECTION

リック・スプリングフィールドの来日コンサートは、4/28に大阪でも公演があったようです。
もうめちゃショック。あんだけネットやってんのに何でそんな重要なニュースには行き着かないんだ。アタシのバカ。
ここ最近心身ともに調子が悪かった上にこの仕打ちで、心底なにもかもがイヤになってしまいました。
こんなんでは本当に更年期障害にハマってしまう。どうしよう。
そうだ、こういう時はキンクスを聴こう。
ということで、先日購入したキンクス・コーラル・コレクションの感想です。
(コーラル=合唱)




ray75.gif
↑中ジャケです。あまりのおとこまえっぷりにまたまた惚れ直しましたよ。
ホンマおっとこまえやなぁ~


去年の秋に発売されたものがなぜ今頃の購入になったのか。
それはですねー、レイが歌ってないと思ってたからなのです。
キンクスの数々の名曲をイギリスの合唱団が歌う、という企画モノだっつーことなんで、
じゃあレイは楽曲提供者ってだけか。ふーん・・・それはなんかなあ・・いかにキンクスの曲だとは言え、レイが歌ってないんじゃただのカバーアルバムだしな・・・と二の足をふみふみしてたわけです。
それでなんか買いはぐってたのですが、洋楽のCDってちょっと買いそびれたらすぐ廃盤になるんで(苦笑)、
とりあえず買うのは買わんとなー、位の気持ちだったんです。レイごめん。

聴いてビックリ!レイがソロリードとってるんやん!!

レイの歌唱力に関してはあまり語られることってないように思うんですが、何年か前雑誌で特集を組まれたときに「あまり上手くない」とかかれてたりしてましたが(苦笑)
わたしとしては、ライブ音源聴いてても、音程がさほど外れることもないし、声量も安定してると思うんです。そりゃソウルシンガーみたいな声量じゃないですが、かといってゼイハア息切れになったりはしないし。まあ日によっての調子もあるんで、ああちょっと抑えて歌ってるなーと思う音源もありますけど、それは許容範囲。
ただ声自体に迫力はないし、いわゆる美声でもないんでそこでだいぶ差し引かれちゃうんでしょうねえーいやわたしはこの声が世界一大好きなんですけど。
個人的にはミック・ジャガーより上手いんじゃないかと思うんですけど・・・違うかしら?(笑)
まあいいんですよ!オペラ歌手じゃないんだし!歌唱力うんぬん言ってたらデヴィッド・ボウイのライブ盤なんか聴けないって!(あっ言っちゃった!)でもボウイは歌うときの演技力がすごいんだよ!歌っていうのは音程とか声量とかだけで計れないもんなんだよ!!
話がそれました。すいません。
しかしオペラやクラシックではないとしても、やはり合唱コレクションでリードをとるとなるとそれなりに、とはなるわけですが、
これがね~・・・レイのボーカルめっちゃいいんですよ~~~(ウットリ)これが年季入ったって事なんでしょうか、とてもまろやかな声&節回しで、素敵なんですよ~~
発音も、一音一音ていねいにハッキリと歌ってるのはやはり「コーラル」だということを意識してるからなのかなあ。
ボーカルだけかと思ってたら、バックもバンドだし、かといって派手なこともなく、ちょっとミュージカルみたいですね。
贅沢を言うなら、バンドがキンクスだったら・・・せめてギターをデイヴがやってくれてたらなあ。まぁないか。
前述の雑誌に、「レイ・デイヴィスがいなくてはキンクスではないが、デイヴはいなくてもキンクスだ」とかなんとか書かれてたんですが、それはちょっと違うと思うんですよ。
キンクスという身体の、レイが精神であるならば、デイヴのギターはそこを流れる血液だと思うんですよねえ。

さて曲目は、

Days
Waterloo Sunset
You Really Got Me
Victoria
See My Friends
Celluloid Heroes
Shangri-La
Working Man's Cafe
Villege Green Medoley
~~Village Green~Picture Book~Big Sky~Do You Remenver Walter?~Johnny Thunder~
    The Village Green preservathion Society~~
All Day And All Of The Night

一発目のDaysでのレイのアカペラだけでもクラクラッとくるんですが、ビックリするのはYou Really Got Meです。こういうハードな曲を合唱にって、どういうアレンジするんだろうと思ってたんですけど、
遠くから風の音のようなコーラスが徐々に近づいてきて、それがレイの「You really got me」というボーカルと合わさってすごくかっこいいのです。ちょっと不吉というか不安な感じがするのがいいのです。
Waterloo Sunset,Celluloid Heroes,Shangri-laあたりはそもそもミディアム~スローな曲なので、こちらでもそのまんまです。
See My FriendsとVillage Greenはすごく重々しくて、まるで葬送曲みたいですごくイイです。わたしの葬式にはこれをかけてもらいたいなーと思っています。ヴィレッジ・グリーン・メドレーは個人的にとてもうれしい選曲です。
All Day And All Of The Nightはわりと原曲のイメージのまま、ハードドライヴィングなカンジで〆、となります。
期待してなかった(といっては失礼だけど)わりには、とても楽しめるアルバムでした。



さて、実はこのアルバムは、ボートラ付きバージョンというのが後日発売されておりました(輸入盤のみ)。
そっちを買ってもよかったんですが、なんせレイのボーカルなんてないと思ってましたので、「1曲多くてもどうせ合唱隊が歌ってるだけでしょ?日本盤買っとけばいいやん」、的な気持ちだったのですが、
実はそのボートラというのが、丸っきりの新曲。しかもクリッシー・ハインドとのデュエットソングなのです。



こども合唱隊のコーラスもかわいらしく、独特の節回しもレイ・デイヴィス的な素敵なクリスマスソング(っぽい)なんですが、
いやしかし、なぜこれがボートラなのか・・・正直、コーラルアルバムという本筋からちょっと外れてやしないですか・・・
そう思うのはわたしがミーハーだからですか・・・
ああなんかまた、心が沈んでまいりました・・・ほんっとミーハーだな!!アタシって!でもレイもまだ未練たらたらってカンジしますよね・・・苦笑
そういえば、先日「君に届け」のアニメを見てたんですが、
爽子のお友達が、小さいころからずっと好きだった近所に住む年上の男性に失恋するって話だったんですが(その男性が婚約者を連れて帰郷してくるのです)、

「ずっと彼のお嫁さんになるのが夢だった。でもあたしの夢をかなえるのは、あたしじゃない

っていうモノローグが最後にあって、もう号泣だったんですよ・・・
なんかさあ、ホントそうだよなあ、
自分の夢が自分ではかなえられない、ってことは、そうなんですよね、ほとんどの場合それは、「わたしの夢を他の誰かがかなえちゃう」ってことなんですよね。かなわないだけならまだしもね・・・
そうなんだよなあ、そういうことってすごく多いよねえ。って思っちゃってねえ・・・・
あーなんか思い出したらまた泣けてきましたよ・・・

ああなんかすごく関係ない話で終わってしまった。すいません・・・

テーマ: 洋楽ロック - ジャンル: 音楽

Comment

tallulah #FrUoCQUQ

>see my friendの歌詞は

ああ~!そういえば死んだ人のことを歌ってるとか聞いたことがありました。病気で他界されたお姉さんのことだったんですね。なるほど・・・She is goneのSheはお姉さんでRiverは三途の川ってことか・・・だから葬送曲みたいなアレンジになるのは自然なことなんですね。そう思って聴くとますますこのコーラルコレクションのバージョンは深いものがありますねぇ。。。しかし、

>しかしまだクリッシー!?!もう、なんやねん。もう!

ねぇ!ほんといいかげんにして欲しいもんです。いやまぁわたしらが言うことでもないけど(笑)
まぁなんだかんだ言っても、レイは心残りがないわけじゃあないんだろうなとはずっと思ってたんですが(しかしケンカばっかしてた挙句にさっさと他の男のところに行かれたわりにはなんでこんなに引っ張るのか。そういう結果だからこそ引っ張ってしまうのか)、ここ数年チラッチラッとまたクリッシーの話題を見かけるので、なんかまたなにげに関わっていってるみたいだなあとは思ってたんですが、まさかいまさらデュエットするとは思ってもみませんでした。まさか今になって玉置浩二&石原真理子みたいなことにならないだろうなあ~とか思っちゃったりします(←うわっ笑えねぇ!!)
nishifunaさまは大阪のご出身なんですね!いっちょわたしら大阪人二人で、コンクスタジオに説教しに行ってもいいかもしれませんね…(笑)

2010/05/16 (Sun) | URL | 編集

nishifunakanamonoten #-

see my friendの歌詞はレイのお姉さんが「三途の川を渡って行ってしまった、、、」というようなことをストーリーテラーでレイが言ってたことに最近気づきました。
しかしまだクリッシー!?!もう、なんやねん。もう!(申し遅れましたが私は大阪出身)

2010/05/15 (Sat) | URL | 編集

tallulah #FrUoCQUQ

あの日のスッキリ!はわたしも見てました。加藤は朝の顔じゃないとおもうんだけど(笑)、彼に替わってから80年代洋楽ネタが増えたのは嬉しいことです。80年代ってほんと誰もが多かれ少なかれ洋楽を聞いてたんだなあって感じますねぇ。
2年前だったか東京公演だけリック王子が来た時もショックだったけど、いやまさか再来日しかも大阪公演してるとは・・新聞はチェックしてたけど載ってないと思います。もうわたしの喜ぶような人は来日しても新聞広告はしないだろうとは思ってたので、ネットチェックはこまめにしてたつもりだったんですが(だからmixiもいろいろ入ってるんだけど)、やっぱ年々アンテナが鈍ってるってことなのかなあ・・・
ちなみに場所はブルノだったそうです。悔しいのはダンナから「あ、それ知ってたよ。でもまさかアンタがファンだとは思わんかったから言わんかった」と言われたことです。ああホンマわたしもリックには縁がないですわ・・・

>今になってコレ???「はうあーゆー」のPVが何故か脳裏を過ぎる(^^;)

わたしも即座にhow are youのPVが脳裏に再生されました。コーラスの女性とはもう終わったのかしら?そしてやはりクリッシーに未練ありありってことですね。まあいつまでたっても、振り切った感はなかったですが。
なんかもう、この人の女性関係はよく理解できませんわ・・・(ため息)。
しかしこの新曲のPV、レイがまたいい顔してるんだよね~~わたしの大大大好きな、ちょっとおどけたような、はにかんだ笑顔…メッチャ素敵なだけに複雑ですわ。
観たいんだけど観ると落ち込む。非常にわたしの心を痛くさせる出来上がりとなっております・・・

「君に届け」はモロ少女マンガなのでお好みじゃないかもしれません。あの時間帯はWorking!から1時間見てるんですが、日和もあるし、統一性のないアニメタイムだなあと思います(笑)
個人的には荒川アンダーザブリッジのほうをオススメします。声優さんが、杉田さんこやっさん藤啓さんほーちゅーさん、と、見事に銀魂とカブりまくってるのよ(笑)立木ふーみんもナレーションで出てますが、キャラも受け持つそうです。
もうここまで来ると、石田さんや中井さんがいないのが不思議なくらいです(笑)

2010/05/14 (Fri) | URL | 編集

おんこち #-

リックの件はブログに書いて久しぶりに懐かしいなぁvって思ってたのですが、来阪の件はココで知りましたv-399
ナイナイ・・・それはナイは・・・
少なくとも新聞には掲載されて無かったよね?(洋楽ファンの端くれとしてその位はチェックしてるつもりだし)
やはりネットが疎かになってたのが敗因か・・・私つくづくリック王子とは縁が無いわ・・・v-40

反対に縁と言えば・・・
なんスか?このデュエット?!
今になってコレ???「はうあーゆー」のPVが何故か脳裏を過ぎる(^^;)
曲はメッチャ、レイさんらしくて大好きなんですが、何故横にこのオンナが???今更ジロウ?(古っ)
しばし呆気にとられましたがな。。。
この辺のとこは次回の定例会のメイン議題ですね!!

でもこのアルバムはいい感じです!ぜひ聴いてみたい!!
以前ウチのダ~リンvがオケをバックに歌いましたが・・・負けました・・・惨敗でした。。。

「君に届け」も見てみますね♪(ウチは「日和」だけ残して消去しちゃうので^^;)

2010/05/14 (Fri) | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。