スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトリーン

<左>{}わたしは政治的な思惑とかなにもない人間ですが、
結局ルイジアナの市内には入らず、空港で引き返したブッシュさんの姿にはさすがに愕然としましたね。街中混乱してて、危険だからということなのか?でもそういう時こそ、一国の最高責任者が行かないでどうするの?

ニュースを見ていて、娘が、なんでみんな外にいてるの?何で泣いてるの?と訊くので、
「世界一裕福なくせに、こんなに人が苦しんだままの国や」
と教えてやりましたよ。
テロ対策にお金がかかりすぎて、
救援対策のお金がないって。
勝手に他国に戦車を送り出して、
テロ対策でお金がかかるって。
戦車より救急車。
武器より食べ物でしょう。

救護所で寝ているひとのすぐそばで、強姦されて殺されてる女性がいるらしい。
その女性が何かしたというのかしら。
きっと何も出来なくて、疲れてただ助けを待ってただけだろうに。
何で人間性を蹂躙されたうえに、殺されなくてはいけないんだろう?
混乱したルイジアナを助けられない今の、アメリカという国の状況が悪いのはもちろんのこと、
こういう状態で、すぐ人が人を殺したり傷つけることになってしまう、
そういうとことん貧しい状況を、長いことほったらかしてきたわけですよね。
それは実は今のこの状況より、長い長い悲惨な生活なんじゃないかなあ。
「法治国家」じゃなくて、これじゃまるで「放置国家」ではないですか。

カトリーンが来襲した直後にテレビで見た街のオバサンは「また一からやり直すだけよ」と元気がよかった。「アメリカ人て明るいよなあ」「日本と違って、こういう対策はきっちりしてるからかな」と、思っていました。きっとこのオバサンも、「世界一強いアメリカ」はすぐに自分たちを救ってくれると信じてたのでしょう。「世界一裕福」で「世界一強い」アメリカだから。でも本当は、「世界一卑怯な国」なんだろうか。ニュースでルイジアナの様子を見るたび、なんとなくわたしの頭の中では、キンクスの「Catch me now I'm falling 」が流れてます。<リンク:http://kinks.it.rit.edu/cgi-bin/MusicSearch.cgi?song=regular/lowbudget/song-catchmenow>歌詞(原文)はこちらです。

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。