スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノの森

アニマックスで放映してたのをたまたまタイミングよく見ただけなのですが、これがなかなかいい映画でした。

pianonomori.gif

森の中に打ち捨てられたグランドピアノを気ままに弾く海(カイ)。
ピアニストになるべくピアノの英才教育を受けて育った修平。
海は家庭環境が貧しく乱暴者なので、ピアノを「習った」ことはなくすべて自己流。
修平は父親が有名なピアニストであり、自分もそうなりたい(そうなるべき)と幼い頃から正統派のレッスンに明け暮れている。
海はいわゆる「天才」なわけです。そしてきちんとしたレッスンを受けてきた修平だからこそ、それがわかる。解かるからこそ強烈に惹かれ、そして嫉妬もし、煩悶する。
海は海で、自分には想像もしてなかった厳しいレッスンをきれいにこなせる修平の凄さに感嘆する。「努力」というものの凄さを目の当たりにするわけです。そしてそれが「自分もきちんと学んで弾いてみたい」と思うきっかけになる。
ピアニストというコインの裏表のような2人が、お互いを意識しながら交流を交わし技術を磨いていくお話です。一緒に見てたダンナが「モーツァルトとサリエリなわけやなぁ」と言ったのですが、まさにそれですね。ただこちらは2人とも小学生なのでもっと素直というか、ナチュラルな感じがします。芸術家~~ッ!って感じにする演出がいらないからかな。

天才の海は乱暴者ですが、正義漢でひねくれたところがまったくないのでとてもかわいらしいです。なんにでも素直に反応し、ストレートで、修平はそこにも惹かれるのでしょう。
真面目でいい意味で育ちのよい修平は、海の才能に嫉妬もするのですが、その嫉妬する自分の醜さにも気づく賢い子で、そこがなんとも切ない。そういうことに自分で冷静に気づけるってのは、周りの同級生よりちょっと大人なんですよね。それだけにつらい。
でも、海の才能に誰よりも早く気づいた修平もまた、大きな才能と感性の持ち主なんですよねぇ。
お互いがお互いの才能の凄さに気づいているのに、自分ではそれぞれ自分の凄さに無自覚なのが、成長期の少年らしくて美しいんですよ。
(いや、現実の子供たちは基本自信家ですけどね・笑。だからこそこの映画のこの2人が只者ではなく、美しいんだなあ。)

見始めて「ああそうだ、この天才少年の声の担当は確か上戸彩だったよなあ」ということに気づいたのですが、声質もイイし、浮いてないし、なかなか上手いんですよ。
上戸彩といえばドラマに出るたび「演技が下手だ、だから視聴率が伸びない」と世間から酷評されていますが(確かに数年前のあのキャビンアテンダントのドラマは酷かった)、この映画での演技や、そうそう、去年横浜博で見たオリジナルアニメでも声の出演をしてたときも思ったんだけど、そんなに世間が言うほど悪くないと思うんですよ。事務所がアイドル的な売り方をやめて、きちんとした演劇のレッスンを本気でやらせたらもっとのびるんじゃないのかなあと思うんですよねぇ。
修平役の神木くんは正直、坊のときのほうが上手かったなあ・・・
そうそう、海のピアノレッスンを受け持つ阿字野先生、ふっつーに美形演技で浮いたところもなかったので、見終わってから「宮迫ですッ(σ゚∀゚)σ」だったことを知ってビックリしました。

クライマックスで出てくる脇役、タカコお嬢様が飛び道具並みにイイキャラです(笑)
マンガが原作なのだそうで、そちらはまだ連載続行中だそうです。映画のその先が描かれてるようなので(原作はもっとキビシイ展開のようです)読んでみたいなあ~。

テーマ: 映画感想 - ジャンル: 映画

Comment

tallulah #FrUoCQUQ

ショコポチさんは原作をご存知なんですね!原作の中の阿字野はカッコイイだろうなあ~映画の中でもメッチャ影があって素敵です。
それだけに、声を当ててるのが宮迫だってのが(笑)
予告編でチラッと聞けます↓

http://www.youtube.com/watch?v=-9sw22jZt5A

やっぱ改めて聞きなおしても宮迫とは思えない・・・(゚A゚ )

原作を読んでる方からのこの映画の評価は賛否両論らしいのですが、わたしは原作を知らないのが幸いしてるのか?とても楽しく見れました。
少年時代のみを描いてるので、原作未完モノの映画化としては、そんな不自然じゃないんじゃないかと思います。

>モーニングの連載の方は、もうずーっとショパンコンクールです。1年ぐらい(笑)

あはははは!ガラスの仮面みたいですね!!((´∀`))
時々ブランクがあくマンガって、ひとつのエピソードが長いんですよね~(笑)

2010/06/10 (Thu) | URL | 編集

ショコポチ #ekR1GGBo

いや、別に、彼も役者としていい味出してると思うんだけど…ワタクシ、阿字野萌えなもので…ちょっと、色をなしてしまいましたことよw

映画は観てないし、原作の方もモーニングに掲載されてから読み出したので、子供時代のことは知識としてしか知らないのです。そのうちまとめ読みしたいなあと思ってるんですが…あの原作の「森の空気」を再現できているならアニメも観たいなあ。

本当に、海と修平の関係はピュアで胸が痛くなりますね。出てくる人がみんな、それぞれに一生懸命で好きです。モーニングの連載の方は、もうずーっとショパンコンクールです。1年ぐらい(笑)
「これからどうなるのか?!」と、夫(実はファン)も私もやきもきしながら隔週連載を待ちわびていますw

2010/06/09 (Wed) | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。